2011年02月21日

ヤラセは人の為ならず

泣いた赤おに (日本の童話名作選)泣いた赤おに (日本の童話名作選)
浜田 広介 梶山 俊夫

偕成社 1992-12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おっと、タイトルで言いたいことを8割方言い尽くしてしまった。
ま、そういうことです。
おわり。


・・さすがにこれではあんまりに投げやりすぎるので、もうちょっとちゃんと書こう。
今回のテーマはオトナノトモ名物(?)の名作絵本にモノ申すシリーズである。
ああこれでまた、なけなしの読者が離れるのね。哀しいような清々しいような。

東ニ難病ノ子アレバ
即座ニワンクリック募金デ応援シ
西ニツカレタ母アレバ
苦難ノ人生ノ再現ドラマニ涙ヲナガシ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行カズニメールデ死ナナクテモイゝトイヒ
北ニケンクワヤソショウガアレバ
オモシロイカラドンドンヤレトアオリ・・

かように今の時代、ネットとマスコミの発達のおかげで、自宅にいながらにして美談も醜聞もよりどりみどりに手に入る。
しかしその情報の奔流に無防備に近づいたばかりに、うっかり足を滑らせて刻一刻と様相を変える情報の波に翻弄される者、釣り師に釣られる者が後を絶たない。
かく言う私もこれまでに何度もガセネタにひっかかって馬鹿を見てきた。それどころか、未だによく釣られては、己の学習能力の無さを嘆いている。

こうした情報化社会を生き抜くための日々の鍛錬のおかげで、今やすっかり汚れっちまった私の心には、「美談と聞けばヤラセと思え」だの「醜聞の裏に陰謀在り」などと、いちいち囁く悪魔が住み着いてしまった。続きを読む
posted by えほんうるふ at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世の不条理を思い知る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

サウイフモノニ ワタシハナリタイ

雨ニモマケズ (画本宮澤賢治)雨ニモマケズ (画本宮澤賢治)
小林 敏也
パロル舎 1991-06

おすすめ平均 star
star今の時代に
star雨ニモマケズの最高傑作
starやっぱり賢治はいいですね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「人気者になる実験」スタートから2週間が経った。
皆様のご協力の甲斐あって、それぞれのランキングでそれなりの成果があったように思う。
これまでの実績としては、人気ブログランキングの絵本カテゴリーで12位、にほんブログ村の絵本・児童書カテゴリーで20位、というのが最高記録となっている。
ランク外から2週間でここまできたのだから、私としては十分この実験が成立したと思っている。
この酔狂にお付き合いいただいた皆様、心より御礼申し上げますm(_ _)m

続きを読む
posted by えほんうるふ at 13:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | 世の不条理を思い知る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

共依存の甘い罠

お待たせしました。1周年記念で募集したリクエストにお答えしてのレビュー、第1弾です。
リクエストを下さったprotonさん、ありがとう!

おおきな木おおきな木
シェル・シルヴァスタイン ほんだ きんいちろう

篠崎書林 1976-01
売り上げランキング : 3484
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「大きくなったら、人の役に立てる人になりたい」そんなことを言うコドモがいる。
たいへん立派だが、私はついその耳に「その前に自分を幸せにしなさいよ!」と囁きたくなる。
一生懸命誰かのために働いても、それが報われるとは限らない。いや、報われなくったっていい、自分は奉仕に生きるのだと本人が言い切れるならそれもいい。ただ、誰かの幸せの上にしか成立しない自分の幸せなんて、そんな不安定な人生はできれば選択しないで欲しいのだ。なんだかんだ言っても、親は我が子が誰かの為に命を捧げるよりも、本人が生きててくれる方が嬉しいのだから。既にたっぷり親孝行をしてくれた子供たちに、親が思う「幸せな生き方」を押しつけるつもりはないが、希望ぐらいは言わせてほしい。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 01:41 | Comment(28) | TrackBack(1) | 世の不条理を思い知る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

器用貧乏の悲哀

4894322668ペーテルおじさん
エルサ・ベスコフ 石井 登志子
フェリシモ 2002-04

by G-Tools

すこし前に絵本おじさんの東京絵本化計画の記事を読んで、「ペーテルおじさん」のことを書きたくなった。が、前回の記事をアップした直後にギックリ腰再発の憂き目にあい、腰痛&座骨神経痛でパソコン前に長時間座っていられなくなってしまった。もはや無理のきかない身体であることを思い知らされる。そんなわけで初めて布団に寝転がりながら記事を書いてみたが、久々にワープロの手を借りずに込み入った文章を書いて、自分がいかに漢字が書けなくなっているか思い知らされる。恐怖の老化の自覚2連発。散りゆく枯れ葉にいつになく親近感を覚えつつ秋が暮れていく。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 10:05 | Comment(14) | TrackBack(2) | 世の不条理を思い知る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする