2011年03月31日

闇夜の電信柱

月夜のでんしんばしら (ミキハウスの宮沢賢治絵本)月夜のでんしんばしら (ミキハウスの宮沢賢治絵本)
宮沢 賢治 作/竹内 通雅 絵

三起商行 2009-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

震災の影響で電力が不足し、首都圏で持ち回りの停電が実施されるようになった。
「計画停電」というその言葉にどこか国家的な圧力を感じるのは私だけだろうか。
実際のところ、想定外の事情があるとはいえ、一企業から突然通告され、有無を言わさず実施された
このとんでもないサービス低下に対し、長年の顧客であるはずの私たちにそれを拒否する道はない。
理不尽を承知で従うしかなく、それどころか、さらなるサービス低下を防ぐために、
顧客同士が協力を呼びかけあってこの企業の窮地を支えるという妙な事態になっている。

宮沢賢治の「月夜のでんしんばしら」が収録された童話集「注文の多い料理店」が出版されたのは大正13年。
奇しくも、関東大震災の翌年である。
鉄道の電化・東京駅の開業から約10年を経た当時の鉄道事情を想像するに、
市井の人々はその夢のような技術とパワーとに感嘆し、誰もが憧れを抱いたことだろう。
ましてその夢を牛耳る電力会社のお偉いさんともなれば、
国民的英雄として人々に崇められていたとしても不思議はない。続きを読む
posted by えほんうるふ at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | ハラハラする絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

深夜の仁義なき戦い

まよなかのたたかいまよなかのたたかい
ティエリー・デデュー作 レミ・クールジョン絵
Thierry Dedieu R´emi Courgeon
おかべ りか訳

フレーベル館 1996-07

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この季節、深夜の我が家の窓辺に目を向けた人は、カーテンに浮かぶ怪しい人影を見ていぶかしく思うかも知れない。夜中に家の中でラケットを振りかざす人影。何を隠そうそれは私だ。
ちなみに私が手にしているのはテニスラケットではなく、三層ネット ナイス蚊っちなる電撃殺虫ツールである。なんとも脱力系のネーミングだが、これが実に良い仕事をしてくれるのだ。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハラハラする絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする