2014年11月17日

母のおにぎり

おにぎり (幼児絵本シリーズ)おにぎり (幼児絵本シリーズ)
平山英三:文 平山和子:絵

福音館書店 1992-09-15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

平山夫妻の絵本「おにぎり」をテーマに記事を書こうとして、
このブログを始めて間もない頃に既に採り上げていたことを思い出した。

*過去ログ → 究極のおにぎりとは

絵本のレビューとして書きたい内容は既にこちらに書いたので、
今回は私自身の母のおにぎりの記憶と、
それに関連して最近気がついたことを改めて記しておこうと思った。


私の母の作るおにぎりは、丸かった。
丸いのに綺麗に海苔が巻かれていたような記憶がある。
いつも忙しい母は、腹を空かせた4人の子供達を待たせまいと、
コロコロとリズミカルに掌の上で転がしながら
ホレボレするような勢いで次々と全く同じ形大きさの
丸いおにぎりを握っては皿に並べていたものだ。

高校生の頃だったろうか、自分で弁当を作るようになった時、
料理上手な母への反抗心だったのだろうか、
何となくやってみたくて、わざと三角のおにぎりを作ってみた。
意外と簡単に出来て、私はほくそ笑んだ。
海苔も巻き易いので、それ以来私の作るおにぎりは三角形に定着した。

つい先日、ふと思いついて、
母が作っていたような丸いおにぎりを作ろうとしてみたが、
思うように握れなかった。
どうしても歪な丸になってしまい、母が次々と作っていた
あの綺麗で手にしっくりと馴染むやさしい丸形にならないのである。
全体に均等なアールを付けようとやっきになっているうちに、
握っているうちに具の配置が偏ってしまったり、
米粒が潰れて妙に歯ごたえのある固いおにぎりになっていたりする。

そして私は気がついた。
実は角を付けて握るより、まんべんなくまあるい形を
綺麗に作るほうが難しいのだった。
三角のおにぎりなら、何となくでも角さえ付いていれば
おにぎりとしての最低限の体裁は保たれるような気がするのに、
丸いおにぎりの場合、丸みのバランスにちょっとでも崩れがあると
妙に目について、やたらと無様な握り飯に見えてしまう。
人間の目の認知能力はとても素晴らしくて、
実は角より丸の方が、ごまかしが効かないのである。

いや、もしかするとそれは、視覚的な問題ではなく、
気持ちの問題なのかもしれない。
角はそもそも須く崩れるものだから、多少の歪さは仕方ない。
(というか、寸分違わず同じ大きさ同じ角度の三角のおにぎりが
手作りで量産されていると、逆にちょっと人間味を感じないというか、
まるでロボットの仕事のように思えてしまうのは私だけだろうか。)

でも、丸は丸いことに意義があるのだから、
少しでも崩れていると、どうにも心が落ち着かない。
どうにかして、美しい完璧なまんまるを追求したくなってしまう。
機械ではないのだから、どこにも歪みの無い究極の丸なんて
出来るわけないと、頭では分かっているのに・・・。

実家は商売をやっていて、母は常に時間に追われていたが
子供に食べさせる食事だけは、いつも精一杯手をかけてくれていた。
でも、私が食事の支度を手伝うとかえって邪魔をするばかりで、
自分でやった方が早いと苛々と私の手元を見つめる母の視線に耐えられず、
私はすごすごと引き下がって見学者に戻るのが常だった。
かと言って「ただ見てるだけ」の娘も母には面白くなさそうだったので、
触らぬ神になんとやらと、やがて台所に寄り付かなくなった私だった。

そんな、穏やかさとは無縁の日常を必死で取り回していた母がいつも
作っていたのは、角ばった三角ではなく丸いおにぎりだったのだ。
それは、見事に揃った、美しい丸いおにぎりだった。
あっちもこっちも歪みだらけで、今にも崩壊しそうな家族を支えながら、
母は何を思いながら日々それを拵えていたのだろう。
気丈な母の切なる願いを、今さらながら思い知ったような気がする。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by えほんうるふ at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | よだれが出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

最後の晩餐に食べたいもの

きょうのごはんきょうのごはん
加藤 休ミ

偕成社 2012-09-13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

誰でも一度は考えたことがあるのではないだろうか。
もし明日、自分が死んでしまうとして、最後の夕食に好きなものを食べられるとしたら、
自分は一体何を食べるのだろうか。

もちろん、最後の願いだから、どんなものでも制限無く美味しく食べられると仮定して。
それでもこういう時、世界の三大珍味なんて選ぶ人はあまりいないだろう。
よほど好物ならともかく、わざわざ最後のチャンスに食べつけないものを食べて、
期待外れだったりしたら、こんな悲惨なことはない。
第一、長旅には履きなれた靴を履いていくのが鉄則と言うではないか。
これから長い長い異境への旅に出るというのに、途中でお腹の具合が悪くなっては困る。
ついこれが最後と舞い上がって食べ過ぎそうなゴージャスなご馳走など以ての外だ。

そこで私も改めて、自分が「最後の晩餐に食べたいもの」を考えてみた。
うん、やはりここは、せめて心の空腹を満たして安心して逝けるよう、
最後の晩餐には100%不安のない、食べ慣れたいつもの味を口にしたい。
従って第一条件は、和食。
それも、寿司や天ぷらやすき焼きといった「ハレ」メニューでなくていい。
何でもない普通の日に当たり前に我が家の夕餉の食卓にのぼる、「ケ」の料理がいい。
つまり、焼き魚だとかひじきの煮物だとか金平牛蒡だとか胡瓜の糠漬けだとか、
炊きたての白いご飯とみそ汁に合う、いつもの我が家のごはんが一番安心だ。

えーっ!最後なのに、そんなんでいいの?
と思ったそこのアナタに、是非読んでいただきたい絵本がある。
加藤休ミさんのきょうのごはんである。
見よ、この表紙の秋刀魚の塩焼きの圧倒的な存在感を!
それだけじゃない、この絵本にはまだまだ凄まじく美味しそうな料理が待ち構えている。
日本人なら誰もが、ページをめくった瞬間に思わずよだれを飲み込む見開きがあるはずだ。

私も最初は、ただただそのシズル感溢れる食べ物の絵の画力に圧倒されるばかりで、
果たしてこの表紙だけでご飯三杯いけるかどうか実験してみたいとさえ思ったものだ。
今でも、空腹時にこの絵本を手に取るのは非常に危険というか、理性が本能に負けて
とにかく目が絵の一点に釘付けになってしまうのでまともに鑑賞ができないのである。

でも、できれば、お腹が空いていない時にでも改めてこの絵本を読んでみてほしい。
誰もが目が吸い寄せられる食べ物の絵からほんの少し視点を広げてみれば、
そこに料理以上においしい空気が描かれているのが分かるだろう。
オシャレでもゴージャスでもなく、いつものように生活感あふれる我が家。
そこで供される、なんでもない日の、なんでもない食事。
でもその食卓には、なんでもない日ならではの、寛いだ家族の笑顔が並んでいる。
唯一、おじいちゃんの長寿祝いだろうか、非日常の「ハレ」の日の食卓も描かれてはいるが、
後で思い返せば、一番失いがたい時間はやはり、なんでもない日常の風景ではないだろうか。

そう思って、この絵本を改めて最初から見返してみる。
こんなふうに家族が揃って食事をともに出来る時間なんて、案外短いのかもしれない。
そんな時間をいつの間にか失って、何年も経ったある日、私は思い出すのだろうか?
最後にもう一度、あの日の空気を味わいたいと・・。

もし、人生最後に好きなものを食べる自由があるならば、
やはり私は、自分が毎日作って家族と共に食べて来たいつもの食卓を再現したい。
それも特別高級食材なんか使わず、いつも通りのそこそこの食材を使って、
いつものように家族それぞれの好物を一品ずつ取り入れて、
「やったー!いただきまーす!!」の声が聞こえる、あの食卓を。

↓お気に召しましたら、クリックで更新励ましの一票を!!↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by えほんうるふ at 09:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | よだれが出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

熱中症予防にも?夏の必携絵本

ありとすいか (名作絵本復刊シリーズ)ありとすいか (名作絵本復刊シリーズ)
たむら しげる

ポプラ社 2002-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

子どもの頃、好物を聞かれると間髪を入れずに「すいか!」と答えていた。
夏の食事はすいかだけでいいと思っていた。大きくなったら自分で丸ごと買って、半分に切って皿に載せ、顔を突っ込む勢いでスプーンですくって一人で全部食べるのが夢だった。
そして忘れもしない高1の夏、バイト代を握りしめて近所のスーパーへ。
長年の夢はあっけなく実現したが、大玉のすいかは1/3個を食べるのがやっとだった。
しかもその日の午後からトイレから離れられなくなり、結局夜には正露丸のお世話になった。
あの日以来、憑き物が落ちたように私のすいか偏愛は鳴りを潜めるようになった・・。

すいかなら何でも良かった昔とは違い、今の私は「すいかと言えども、量より質!」だと思う。
そんな私が考える目にも舌にも美味しいすいかとは、「果肉は一様に真っ赤で種は真っ黒で、外皮と果肉の境目がスッキリと清々しく分かれていて、ジューシーだけれど決して水っぽくはなく、歯応えはあくまでもシャキッとしていて、畑の匂いが感じられるほど風味はあるがベタベタと甘すぎないもの」である。
実際にはなかなかここまで我が儘な希望を叶える理想のすいかには出会えないのだが、まさに120点をあげたくなるような完璧なすいかが、絵本の中にならある。続きを読む
posted by えほんうるふ at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | よだれが出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

サンドイッチに愛を込めて

ジャムつきパンとフランシスジャムつきパンとフランシス
リリアン・ホーバン 松岡 享子

好学社 1972-01
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



我が家の朝食は、いつもパンだ。パンでなくちゃいやだ、というわけではないが、夫がコーヒーがないと夜が明けない人なので、ついパンやシリアルという洋食メニューになる。数年前にホームベーカリーを購入して以来、普段の朝食用に市販のパンを買うことはほとんど無くなったが、子どもがいない共働き時代には早起きして夫と出勤前にあちこちの朝食メニューを食べ歩いたものだ。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 10:23 | Comment(15) | TrackBack(0) | よだれが出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

アウトドア料理は豪快に作るに限る

4834000826ぐりとぐら
なかがわ りえこ
福音館書店 1967-01

by G-Tools


前々から欲しいと思っている物の一つに、ダッチオーブンがある。
およそどんな調理にも使え、何でも作れるうえに何でもおいしくできると聞けば、食いしん坊の私の食指が動かぬはずはない。ダッチオーブン愛好家達のたかが鍋への激しい愛着ぶりも、何かと思い込みの激しい私の嗜好にマッチして、日に日に思いは募るばかりである。まして、私の大好きな絵本の世界では、これぞダッチオーブンと思えるような大鍋料理が頻繁に登場し、その威力を見せつけるのである。こうなるともう、鍋が呼んでいるような気がしてならない。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 01:54 | Comment(18) | TrackBack(6) | よだれが出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

究極のおにぎりとは

4834011860おにぎり
平山 英三 平山 和子
福音館書店 1992-09

by G-Tools

おにぎりは誰にでも作れるようで、実は難しい料理だ。握りが甘いと食べているうちに崩れてしまい、下手すると具が丸ごと転がり落ちそこらじゅうに飯粒がくっつき・・と、かなり悲惨なことになる。かといってむやみに力を入れて握ると米の粒がつぶれてしまい、妙に歯ごたえのある「固握り飯」になってしまうのだ。
 

続きを読む
posted by えほんうるふ at 01:01 | Comment(2) | TrackBack(1) | よだれが出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

巨大な食材をノコギリで切る快感

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践による
赤羽 末吉
福音館書店 1972-10


by G-Tools



巨大なものに憧れる気持ちというのは本能だろうか。
もう理屈抜きでワクワクする。
そのせいか大きな食べ物を大勢で寄ってたかってどーした
こーしたというのは絵本界でも普遍的なモチーフらしく、
古今東西に名作がたくさんある。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | よだれが出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする