2018年06月25日

愛しの「ばっかなクマのやつ!」

プーのはちみつとり (クマのプーさんえほん (1))プーのはちみつとり (クマのプーさんえほん (1))
A.A.ミルン E.H.シェパード 石井桃子

岩波書店 1982-06-18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は一応自他ともに認める絵本好きだが、個人的に所有している絵本の数は決して多くはない。
数えたことはないが、せいぜい200冊ぐらいじゃなかろうか。
普段SNSで交流している友人たちの中には自宅で子ども向けの文庫を開いている人もいるし、出版や書籍流通業界の人や読み聞かせ活動をする人なども多く、皆さん私よりも相当多くの蔵書をお持ちのようだ。
私も、もし自分が大金持ちで、自宅に自分専用の広い書斎を持つ余裕があったならば、こっそり「オトナノトモ文庫」とでも名付けてこのブログで採り上げてきたタイトルを筆頭に私ならではの偏った趣味全開の絵本で本棚を埋め尽くして悦に入りたい・・・という気持ちがないこともない。
が、住宅事情的に全く現実的ではないし、近所に図書館も複数あるので野望は野望のまま息を潜めている。   

ところでその数少ない我が家の所蔵絵本のうち、刊行年が一番古いのがこの「絵本クマのプーさん」なのである。
fullsizeoutput_6283.jpeg
残念ながら初版本ではないが、1970年発行の第二版で、辛うじて私自身より年代物だ。
これが初めて親に買ってもらった大切な一冊・・・であれば自慢の一冊にもなろうが、残念ながら親に買い与えられたものではなく、10年ほど前にとあるご縁で自力で入手したものだ。

もちろん、これはこれでとても思い入れがある大切な絵本であるが、今日とりあげるのはこの元祖「クマのプーさん」ではなく、その後岩波でより親しみやすいエピソードを抜き取って分冊化された「クマのプーさんえほん」シリーズの第一巻、「プーのはちみつとり」である。

そもそも私が「クマのプーさん」に出会ったのは中学生の頃だった。
ちょうど東京ディズニーランドが開業した頃で、おそらく私も多くの人たちと同様に、ミルンの原作をちゃんと読むより先にディズニーによってキャラクター化されたプーさんを目にしていたんだと思う。
学校の図書室の本棚で見つけたその原作絵本は、拍子抜けするほどそっけない背表紙だった。
でも、訳者の石井桃子さんによる美しい日本語とE.H.シェパードの繊細な画風で表される原作の世界観は、ディズニーが提供するきらびやかな夢と魔法の国よりも、私にはずっと魅力的に映った。
あの目にも鮮やかな赤いTシャツで愛嬌を振りまくる売れっ子のクマと比べて、原作のプーはなんとも地味でさりげなくて、それでいて佇まいに気品があったのだ。

何より私は、作中で小さな登場人物たちが交わす会話の、もどかしいようなくすぐったいような、妙に遠慮がちでやたらと礼儀正しい独特の言い回しにじわじわと心を奪われた。
それは、私の現実の日常で交わされる会話文とはあまりにかけ離れた世界だったからかも知れない。
自分の生まれ育った世界とは確実に異なるおハイソな文化の気配を興味深く覗き込むことが出来るようになるには、ある程度の精神年齢が必要だったはずだから、私の場合はこの「絵本」に出会うにはこれぐらいの年代が適齢期だったのだろう。
それでなくとも、「絵本クマのプーさん」は、絵本と言っても多めの挿絵を伴った児童書レベルの文章量があり、内容も大人に絵本を読み聞かせてもらう年代の子どもがすんなり理解できるとは思えない複雑な表現や文章構成が含まれている。
何しろしょっぱなからイーヨーのエピソードである。イーヨーは自虐的なほど慎み深い人物(ロバ)で、かなり屈折した物言いをする。一言でいうと大人にも誤解されやすい偏屈者だ。そのイーヨーとクリストファーロビンの禅問答のようなやりとりは今読んでも何ともいえない味わいがあるが、とても幼い子供にこの面白さが理解できるとは思えない。岩波書店がこの作品を子ども向けの絵本として日本に紹介するにあたり、何故いきなり彼を引っ張り出すことにしたのか、今もって謎である。

では改めて小さい人たちにも分かりやすく・・ということだったのか、その後、同じ岩波書店からより絵本らしいコンパクトな版型で一話読み切りの体裁で分冊化された「クマのプーさんえほん」シリーズが出版された。
というわけで(ようやく)今日の絵本、同シリーズ一作目の「プーのはちみつとり」である。

この絵本の素晴らしいところは、コンパクトながらも、前述の「絵本クマのプーさん」ではさっくりと省かれていた一連の作品世界への導入となる前書きと締めくくりの後書きがちゃんと含まれた構成になっているところだ。
この導入部により、読者は語り手の「わたし」が作中の少年「クリストファー・ロビン」の父親であり、おはなしの主人公のプーとはクリストファー・ロビンが大事にしている(割に扱いは雑な)クマのぬいぐるみの名前で、大好きなプーにお話を聞かせてやってと幼い息子にせがまれた父親によるぬいぐるみを主人公にしたストーリーテリングが始まり、お話が終わって安心したように部屋へ引き上げる息子の様子を描写しておわり、という全体の構成が分かるようになっているのだ。

そして何より、本題の「はちみつとり」の話がもう、なんともかとも反則レベルに愛らしいのだ。
だいたい、プーとクリストファーロビンが、まるきり緊迫感のない「ちいさい黒雲コスプレdeはちみつゲットだぜ大作戦」を大真面目に語り合うところから、読んでるこっちは嬉しくてにやにやしてしまう。
何しろ幼児とぬいぐるみが考えることだから、ひたすらシュールで要領を得ないのだ。
これは実際、幼い子供の相手をしているときの極上のお楽しみなのである。
唖然とするほど無邪気で無茶な思いつきを、ものすごく真剣な目で語ってくるのがたまらない。
そして言ってる本人たちも全然自信はないまま、子どもならではの思慮浅さで突っ走る。
案の定の大ピンチに陥っても、なんだか全然緊迫感のないままほのぼのと物語は進んでいく。
何があっても大丈夫。だってこれはおとうさんがプーのために作った「おはなし」だもの、という二重の安心感に守られ、クリストファーロビンは今夜も大満足で眠りにつくのだ。

最後に少し話が前後するが、私がこの絵本の中で一番好きなシーンを紹介しておこう。
プーが木登りに失敗して落っこちたハリエニシダの茂みから這い出して来た時のシーン。

そのとき、プーの頭に、まず浮んだのは、だれだったかというと、それは、クリストファー・ロビンでありました。
(「それ、ぼく?」クリストファー・ロビンは、とてもほんととおもえないように、おそるおそるききました。
「きみさ。」
クリストファー・ロビンは、なんにもいいませんでした。でも、クリストファー・ロビンの目は、だんだん、だんだん、大きくなり、顔もだんだん、だんだん、赤くなっていきました。)


痛い目にあったプーが、真っ先に頭に思い浮かべたのは大好きなともだちのことだった。
まさかそれが自分だなんて。突然の告白にびっくりする少年。
でも、ただそれだけのことが、うれしくてたまらないのだ。
だって自分もそれほどプーのことが大好きなんだもんね。

唐突に溢れる愛に、読んでるこっちもたまらない。
オバハン、うっかり久々に読み返してキュン死である。
実際、幼い子どもは時にこんなふうに手放しの愛情を惜しみなくぶつけてくるのだ。
つい、在りし日のわが子を思い出して遠い目になってしまった。ふう。

posted by えほんうるふ at 18:09 | Comment(0) | キャラクターに惚れる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

プロフェッショナル仕事の流儀・本音ダダ漏れ編

さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ)さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ)
レイモンド・ブリッグズ 作/絵

福音館書店 1974-10-25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

生まれてこのかた、ずっと冷え性のような気がする。
この季節ともなれば、家の中でも靴下2枚重ねにレッグウォーマーにモコモコの極暖スリッパで完全防備。上半身もヒートテックに始まりたくさん着込み、最後はモコモコのロングガウンで全身を覆うという念の入れよう。正直、とても人に見せられる格好ではない。それでも以前は宅配便のお届けなんぞ来る度に何とかもう少しまともな格好で応対せねばとあわてて取り繕ったりしたものだったが、もう怖いもののないオバサンなので平然とそのまま玄関口で受け取ったりしている。女として終わっている。
いやいや、女として終わらないための冷え性対策なのである。
たまたま昨日会食した女友達は、私より1コ上世代のお姉さんなのについ先週まで年下だと思いこんでいたぐらいとても可愛らしい女性なのだが、やはり冷えにはかなり警戒しているという。最近何かやってますかと聞けば、腹巻き+カイロを全力でお勧めされた。彼女はもともと腹巻きを愛用していたそうだが、最近はそれにカイロをプラスして一年中お腹を温めているという。オフシーズンに使うために春先にはカイロを箱買いし、夏場に汗疹を作ってまで腹巻きカイロを励行してしまう彼女はさすがに特殊例かもしれないが、やはり冷えを制す女は加齢を制す説は正しいのかもと改めて感心した次第。

さて、そんなこんなで今日の絵本は私と同じく寒がり屋が主人公だ。
「さむがりやのサンタ」は小さい頃から大好きな絵本だった。初版は1974年。今私の手元にあるのは、娘の5歳の誕生日にプレゼントした第50刷だが、現在も当たり前に書店で購入できる。ということは、今はいったい何刷になっていることやら。紛れもない堂々のロングセラーである。
思うに、この絵本がここまで読み継がれている最大の理由は、クリスマス絵本として、プレゼントを受け取る側ではなく届ける側、つまり絵本のメイン読者である子どもたちに対しては大人の事情でアンタッチャブル案件であったはずのサンタクロースの実像に焦点をあてて描かれた絵本の元祖である、ということではないだろうか。

今でこそ、クリスマス絵本のネタも出尽くして、ありとあらゆる個性的なサンタクロースが絵本に描かれるようになっているが、当時はここまでサンタ氏個人の人となりに迫った絵本はなかったように思う。
サンタさんといえば、何しろたった一人で一夜にして全世界の子どもたちにもれなくプレゼントを配るという重責を担っている人物である。そもそもそんなことが出来るのは神の領域の人間でしかなく、その夢を後押しするがごとく、子どもたちの絵本においてはほとんど画一的に神格化された好々爺が描かれものだった。そのルックスはおしなべて某揚げ鶏屋の看板おじさん同様の恰幅がよく白いあごひげを蓄えた老人男性のイメージが踏襲され、ましてその人格を疑うものなど誰もなく、一様に包容力と慈愛に溢れた人物として登場し、多くの場合は無口でその私生活は謎に包まれたままだった。

ところがこの絵本で描かれるサンタ氏は、世界中の子どもたちに愛される男のカリスマ性なんぞ皆無の単なる「働くおじさん」なのだ。
そしてこのおじさん、従来の威厳と慈愛と仕事への誇りに満ちた人格者のイメージには程遠く、とにかくやたらと愚痴っぽい。コマ割りでセリフの多い絵本だが、実にその9割が年に一度の大仕事に対する愚痴や文句なのだから笑ってしまう。確かに骨の折れる仕事だろうが、何もそこまで義務感丸出しに嫌々やらなくても、と思うぐらい、仕事中の不機嫌な独白が延々と続き、挙句その労をねぎらう子どもたちからのささやかなプレゼントにさえケチをつける始末・・。

この絵本の低評価レビューで「子どもたちの夢を壊す」というものを見たことがあるが、確かに自分の手元のプレゼントがこんな風に不機嫌なオッサンがやっつけ仕事で届けてくれたものだと知ったら、無邪気な小さい人たちの中には、がっかりする子もいるかも知れない。
ちなみに私がこの絵本に出会ったのは小学校高学年の頃だっただろうか。早くも大人に対する不信感をムクムクと募らせていた私はこの絵本のサンタを見て「ほらやっぱり!そうでしょうそうでしょう・・・」と膝を打ちたいような気持ちになり、むしろとても楽しくうれしくなったものだった。
その後も繰り返し折りに触れ読み返していたものだが、自分が大人になるにつれ、見どころ味わいどころが違ってくるのも面白い絵本だと思う。今の私にとっては、仕事中の彼よりもその前後に描かれる私生活描写に興味が惹かれる。長年のやもめ生活ならではの一人暮らしを愉しむ細々としたこだわりが随所に表れているのは人として愛おしく思うし、イギリス人らしい生活習慣がきっちり描かれていることから作者ブリッグズの日常生活やその生真面目な人となりを想像するのも楽しい。

絵本の終盤、一年分の仕事を終えて嬉しいベッドタイムを迎えた彼が満ち足りた表情で寝室に運ぶトレーの上には、禁断のお夜食と共に湯たんぽが。こんな細かい描写がなんとも微笑ましい。
私も今夜あたりは湯たんぽを引っ張り出して、冷えを撃退しつつ南の島でのバカンスを夢みよう。

posted by えほんうるふ at 10:06 | Comment(0) | キャラクターに惚れる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

キザが似合う男

4572002010うさぎさんてつだってほしいの
シャーロット・ゾロトウ こだま ともこ モーリス・センダック
冨山房 1974-01

by G-Tools

若手お笑い芸人がもてはやされる昨今、今時の日本の若い女の子にとって、いい男の条件としてルックス以上に重要なのは、人を笑わせる才気や要領の良さであり、冗談が分かり真面目すぎないことだとか。どんなにルックスの良い男でも、時には自分をおとしめて笑いを取るようなキャラクターを演出しないと、あっという間に嘲笑の対象になり、下手すると女子高生に「スカしてんじゃねぇよ」と一蹴されて終わる。つまり、クールで粋な昔ながらのイイ男は、もはや絶滅の危機にあるのだ。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 06:21 | Comment(13) | TrackBack(1) | キャラクターに惚れる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

愛さずにはいられない跳ねっ返り娘

0395479428Choo Choo: The Story of a Little Engine Who Ran Away
Virginia Lee Burton
Houghton Mifflin (Jp) 1988-04-25

by G-Tools

4834000044いたずらきかんしゃちゅうちゅう
バージニア・リー・バートン
福音館書店 1961-08

by G-Tools


「男のロマンとは大いなる無駄である」の章でも述べたが、男性は自己満足の為にわざわざ面倒なことをしたがる傾向があると思う。
いわゆる「無理めの女をおとそうとやっきになる」のもその一つだろう。往々にして彼らの目的はその女性ではなく、「そんな女をおとした俺ってスゴイ」と自己満足に浸ることだったりする。

続きを読む
posted by えほんうるふ at 23:56 | Comment(6) | TrackBack(1) | キャラクターに惚れる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

不器用な彼の涙目

どこどこどーもどこへいく
合田 経郎
日本放送出版協会 2001-07


by G-Tools
言わずと知れた日本放送協会の公式キャラ
どーもくんである。背負っている看板が
デカイだけに「ユルキャラ」と切り捨て
られることは無いようだが、その佇まいは
間違いなくユルキャラ感を漂わせている。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 20:13 | Comment(2) | TrackBack(1) | キャラクターに惚れる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする