2017年04月25日

笑える絵本と笑えない現実

もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)もっとおおきな たいほうを (こどものとも絵本)
二見正直

福音館書店 2009-11-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自分では季節感ぐらいしか気にしていないつもりなのだが、月に一度の大人絵本会のお題作を発表する度に、「タイムリーですね」と言われることが多い。
今回の絵本も、最初に読んだ時から面白いなぁと気に入って、いつかは皆で語りたいと候補に入れておいたものなのだが、今回のお題に採り上げたことで、妙にタイムリーな選書になってしまった。
今回に限っては、嬉しくもない偶然なのだが・・・

主人公の王様は、代々持っている立派な大砲を打ちたくて仕方がない。
ついには隣国にいちゃもんをつけ、いきなり大砲をぶっ放すという大胆な威嚇行動に出てご満悦。
ところが敵にあらずと高をくくっていた相手国から思わぬ反撃を受け、あっという間に二国はより仰々しい兵器を作ってはこれ見よがしに国境に配置するという威嚇合戦に突入する。
もっと、もっともっと、もっともっともっと大きな大砲を・・・!
やがて大きさ勝負では埒が明かないと悟った王様は、作戦を変更。
もっと派手にとかもっと面白い形にとか、兵器としての性能からどんどんズレていく大砲。
もはやハリボテと化した双方の大砲がついに打たれたその時、何が起こったか?

とぼけた味の絵柄から緊張感はまるで伝わってこないが、一国の君主が躍起になって国威発揚にいれあげること、ましてそれを隣国と競って暴走していく様がテンポよく描かれている。
それがいかに滑稽でバカバカしいことか子どもでもよく分かる、面白くて興味深い絵本である。

ところで、私がこの絵本と出会ったのはこどものともとして配本された時ではなく、後にその傑作集として改めてハードカバー版が発行された2009年であった。
そしてそれは、奇しくもかの大国でオバマ政権が誕生した年である。
福音館書店のことだから、恐らくは周到にタイミングを見計らってのハードカバー化だったのだろうが、とにかく大国の新リーダーが全面に打ち出した対話路線の外交政策に世界中が注目し、平和への期待が高まっていた時だったと言えよう。
いくらこの絵本の主人公の言動が我が隣国の厄介な君主のそれに重なろうとも、対する相手国のリーダーは少なくともキツネよりは冷静で賢明で、その挑発にやすやすと乗るとは思えなかった。
だからこそ、私もこの絵本はファンタジーとして微笑ましく受け入れ、無邪気に笑っていられたのかも知れない。

ところが、あれから月日は流れ、今や現実の国際情勢がこの絵本をタイムリーだと悠長に笑っていられるほど安穏なものではなくなってしまった。
身勝手極まりない我が隣人の傍若無人な振る舞いはエスカレートする一方で、彼らの敵国たるかの大国のリーダーもまた、個人的には史上最悪とも思えるまさかの人物が担っている有様だ。
その二国に挟まれ、いつ何時有事に至るかと戦々恐々としている我々は、さしずめ小川に棲んでキツネに喰われるばかりだったピンクの魚であろうか。

軍事力を誇示し、兵器の強力さをやたらに吹聴したところで、地球という狭い土俵上で戦っている以上、土俵を壊せば自分の足元だって揺らぐことになる。
お互いそんなことは先刻承知の上での無意味な茶番を演じているのだと思いたいが、何しろ「王様」は常識の通じない相手である。日頃どれほど平穏な日常生活を享受できていても、刃物を所持したキ○ガイが隣に住んでいて引っ越しも出来ないという状況に変わりはなく、この平和がいつまで保たれるのかは誰にも分からない。

絵本の終盤、まぬけな二国が双方に打ち合った大砲はどちらも使い物にならなかった。
王様の大砲はポチャンと目の前の川に落ち、相手国には届かなかった。
果たして、ピンクの魚たちは無事だったろうか。
できそこないの大砲が怪しい生物兵器などでは無かったことを祈ろう。

posted by えほんうるふ at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

突発的ノマドワーキング

やまのかいしゃやまのかいしゃ
スズキ コージ 片山 健

架空社 1991-04
売り上げランキング : 68869

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東京を東西につなぐJR中央線とほぼ並行して走る私鉄京王線。
そのほぼ中間地点からやや西よりの多摩地区に生まれ育った私にとって、
電車の行き先とは「街行き」か「山行き」のどちらかであった。
街とはつまり新宿で、それは幼い私にとって憧れの都会であった。
山とはつまり高尾山で、小中学校時代、登山と言えばこの山に登ることだった。

やがて成長して社会人となった私は、その京王線に乗って街の会社に通勤するようになった。
最寄り駅のホームは線路を挟んで行き先別に向かい合っていた。
春先や秋の行楽シーズンになると、向かいのホームに到着する列車の車内に、
リュックを背負った小学生や中高年の団体のご機嫌な様子が見えることがあった。
慢性的に睡眠不足だった当時の私には、登山は少々ヘビーなレジャーに思えたが、
それでも車窓越しに見える彼らの浮き足だった様子を羨ましく思ったものだ。

今日の絵本は、あの時の私の気持ちをそのままお話に描いたような内容だ。
会社に向かう通勤電車に乗ったはずが、何故か反対方向の電車に乗ってしまったほげたさん。
そもそも遅刻常習犯らしい彼はやたらと諦めがよく、焦る様子もなく成り行き任せに終点へ。
山奥の駅に辿り着き、偶然出会った同僚のほいさくんも道連れに、当たり前のような顔をして
「やまのかいしゃ」に出勤してしまうのだ。
もちろん仕事にならないが、お構いなしに社長まで呼びつける。
さすがそんな彼を雇っているだけあって変わり者なのか、無断欠勤ならぬ無断異動をしたヒラ社員に呼ばれるまま、社長もほいほいと部下を引き連れて街から山へやってくるのだった。
そして社員もろとも郊外社屋生活を満喫する様子が描かれるものの、当然ながら全然儲からない!
ということに賢い社長が気がつく(笑)。
そこであっさり撤退するかと思いきや、何故か「やまのかいしゃ」事業部は営業続行。
おまけにどう見ても仕事の出来そうもない例のおとぼけコンビに全運営を任せてしまうという、
まさかの展開。
大物過ぎる社長の仰天経営に、この先の社運やいかに・・??


ああ、なんて楽しい絵本だろう。これぞ大人のためのファンタジーだ。
何といっても、アホアホ社員のほげたくんが大失敗で失業するどころか、ちゃっかりサテライトオフィスの長に収まるというハッピーエンドにつながっているのが何とも嬉しい。

あの頃、もし私がこの絵本に出会っていたら、きっと一度は向かいのホームに立って、
スーツのまま登山客に混じって下り電車に乗り、子供じみた冒険をしていたかもしれない。
どうせ会社を辞める覚悟があるなら、一度ぐらいやってみれば良かったと今でも思う。
近いうちに子ども達と一緒に高尾山に登ってみようと思っているのだが、
向かいのホームから車内の楽しげな私たちを見て、スーツ姿の通勤客の誰かが思い切った
(血迷った?)冒険に出るかもしれない・・・そんな想像をするのも楽しいものだ。

全体のストーリー展開もさることながら、所々に散りばめられた小ネタの一つ一つがまた面白く、
まさに突っ込みどころ満載のこの絵本。
残念ながら現在は絶版中だが来年復刊されるという情報もあるので、
図書館でも入手できなかった未読の方はどうぞお楽しみに。


お気に召しましたら・・
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by えほんうるふ at 19:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

リスト片手にお買い物

ベーコンわすれちゃだめよ! (ハッチンスの絵本)ベーコンわすれちゃだめよ! (ハッチンスの絵本)
パット=ハッチンス作/わたなべ しげお訳

偕成社 1977-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今までの私にとって「買い物リスト」とは、買い忘れを防ぐためのチェックリストというより、
むしろ、余計なものを買わない為のお守りのようなものだった。
「リストに載っていない物は買わない」というシンプルなルールを自分に言い聞かせつつ、いざお買い物へ出発。
たちまち目に入る「お買い得」「本日限定」「特価」「セール」の文字、文字!
あの鉄則はどこへやら、ついつい手が伸び、気がつけば予定よりも何故か重いカゴを持ってレジ前に並んでいるのが常だった。

ところが今、買い物リストを手にスーパーに行ったところで、リストアップした品物が全て手に入るとは限らない。
震災直後の物流の混乱はだいぶ落ち着いてきたとはいえ、今なおスーパーや小売店の棚には空きが目立つ。購入数に制限のあるものや、入荷産地やメーカーが以前とは全然変わってしまったものも少なくない。
それでも何かしら手にはいるだけありがたいと思い、見慣れぬパッケージや産地の表示に目を白黒させつつ、それなりに楽しく買い物してしまう私なのだった。
そんな買い物大好き人間なら誰もがきっと面白く思うのが今日の絵本。続きを読む
posted by えほんうるふ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

育児ストレスを笑い飛ばす

4097274384センシュちゃんとウオットちゃん
工藤 ノリコ
小学館 2001-11

by G-Tools

今年もまたクリスマスがやってくる。小さいお子さんのいらっしゃるご家庭ではそれぞれにサンタ稼業の準備に余念がないところだろう。我が家でも散々考えてようやくプレゼントの準備ができたと思ったら、その翌日、子供部屋で「サンタさんへ サンタさんはいないとおもっているひともいますが わたしはしんじています。プレゼントは○○をください。」という娘の直筆メモ(手紙?)を発見してしまった…。これで○○に書いてあるのがとてつもない高級オモチャや「現金」だったなら笑って無視するところだが、逆に拍子抜けするほどささやかな願いだったので、急遽計画変更をして彼女の願いを叶えてやることにした。来年の手帳に「事前リサーチは慎重に。」と赤字で書き込んだことは言うまでもない。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 23:38 | Comment(12) | TrackBack(0) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

芸人魂ここにあり

039480001XCat in the Hat (Beg 1)
Seuss Dr. Seuss Theodore Seuss Geisel
Random House Childrens Books 1957-06-01

by G-Tools

catin.jpgキャット・イン・ザ・ハット
―ぼうしをかぶったへんなねこ―
ドクター・スース 著・伊藤比呂美 訳
河出書房新社 2001

世間では新世代お笑いブームだそうで、日頃テレビは報道番組や
映画しか見ない私でも、ちょくちょくその手の若手芸人達が
入れ替わり立ち替わりネタを披露する番組を目にする。
彼らのうちの何割が将来も芸人として生き残れるのだろうか。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 00:17 | Comment(9) | TrackBack(0) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

いしや、まめや、けしごむなどをいれてはいけません。

はなのあなのはなし
やぎゅう げんいちろう
福音館書店 1981-01


by G-Tools

小さい頃、子ども達の間で「耳を動かせる」というネタが流行った。
本当に動かせる人がいるのかどうか知らないが、当時を思い出すと「オレ、出来るよ!ほら見て!」と豪語するヤツに限って、どう見ても動いていたのは耳ではなく鼻の穴だった。その必死さに笑ったものだ。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 00:34 | Comment(6) | TrackBack(2) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

もっともっとこわ〜い夢とは

リサのこわいゆめ
アン グットマン Ann Gutman Georg Hallensleben 石津 ちひろ
ブロンズ新社 2001-09


by G-Tools

いつも減らず口を叩いてばかりで小生意気な
印象の強いリサだが、この本では珍しく弱気に
なって子供らしく空想の産物を恐がっている。
案の定、こわいこわいと思うほどより恐ろしげな
妄想が膨らんでいくのだが、この妄想の中身が
リサらしく、ニヤリとさせられる。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(2) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする