2014年08月27日

天性のジゴロ

How Tom Beat Captain Najork and His Hired Sportsmen (Captain Najork 1)How Tom Beat Captain Najork and His Hired Sportsmen
Russell Hoban Quentin Blake

Walker Books Ltd 2014-04-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

残念ながらこの絵本の日本語版は現在のところ絶版のようです。
「さすがのナジョーク船長もトムには手も足もでなかったこと」
(ラッセル・ホーバン文 クェンティン・ブレイク絵)
よろしければこちらから是非、復刊リクエストにご投票を!




「ただしイケメンに限る」というフレーズが如実に表すように、
外見さえ良ければあらゆるハンデは免除されると思われ勝ちな昨今だが、
実際には、判定者がよほどのお馬鹿さんでない限り、
ルックスだけで中身がまるでイケていない人間を「イケメン」と称するほど、
女性の目は甘くないのが普通である。

その一方で、女性は惚れた男に甘い。アホみたいに甘い。
ダメンズに尽くして身を持ち崩す女はもとより、そこまでいかずとも、
男の身勝手さに振り回されつつ、惚れた弱みでそれを許し
母親のように世話を焼いて甘やかす女は多い。
そしてその愛情度合いに於いて、いわゆる世間一般の相対評価における
ルックスはまるで関係ない。

それどころか、取り立てて外見的にアドバンテージも無い上に、
ひたすら好き勝手に生きているフリーダム野郎にしか見えないのに、
どういうわけか女が寄って来て切れない、という男がいる。
いわゆるジゴロタイプのその男はなぜ愛されるのか?
それはひとえにその男のルックスも生き様もひっくるめた存在そのものが
その女の心を溶かす「愛しのイケメン」だからに他ならない。

では、そんな女を惑わすフリーダムなイケメンとはいったいどのような男なのか?
なんと、その一例を分かり易く図解してくれている絵本があるのだ。

今回とりあげる、このやたらとタイトルの長い絵本、
「さすがのナジョーク船長もトムには手も足もでなかったこと」
の主人公トムは、清々しいほど好き勝手に生きている少年である。
彼の面倒を見ているトンカチーン・トテモジャナイおばさんは
その名の通り草木も枯れるほどの超堅物人間。にも関わらず、
トムは平然とおばさんの大嫌いな「ばかばかしいこと」に精を出し、
自由気ままに毎日を過ごしている。
そんな彼を見かねたトンカチーンおばさんは、トムの性根を叩き直すべく、
ナジョーク船長とその部下のナンデモ水夫の一行を呼び寄せる。
ところが、話はトンカチーンおばさんの思惑を大きく外れ、
思いがけない展開に・・・・

という楽しいお話である。
そしてこのトムこそがまさに、私の思うところの
女性の心を鷲掴みにするフリーダム・イケメン野郎なのだ。
ちなみに私独自の分析による、トムのイケメンっぷりはこんなところだ。

1. 好き勝手やってるだけなのに、何故か大人に負けない超人ぶり。  
  
  これはもう、この絵本の一番の見所である、トムとナジョーク船長との
  謎競技での攻防戦を見てもらえば一目瞭然である。
  なんだかんだ言って女子の多くは恐らく本能的に身体能力の高い男子、
  なおかつ権威に屈しない自由人に惹かれるものだ。

2.好き勝手やってるようで、決して無駄に女に逆らわないスマートさ。

  こう見えてトムは、トンカチーンおばさんに決して逆らわないのである。
  身の毛のよだつような食事を食べるように言われても、
  退屈な勉強を言いつけられても、
  しまいには恐ろしげな外部講師による調教を宣告されても、
  決まってあっさりと「いいよ。」と答えるのだ。
  食事や勉強については、トムが実はそれらを心底嫌っていたことが
  後に判明するが、その場ではそんな感情をおくびにもださず、
  諍いによる無駄なストレスを避けるかのようにスマートに処理してみせる。
  つまりトムは、そこらの成長しきれていない「少年のような」成人男性より
  実はずっと女の扱いに長けた「大人顔負けの」賢い少年なのである。

3.何も考えてなさそうで、実は女心の機微に敏い繊細さ&狡猾さ

  最後の勝負に先立ち、形勢不利なナジョーク船長にさりげなく合図して、
  トンカチーンおばさんに聞こえないように、とある取引を持ちかけるトム。
  もうね、すごいですトム。ある意味怖いです(笑)
  このシーンの面白さは是非、絵も見て味わって頂きたい!

4.サラリと自分の我を通す、スマートすぎる開き直り。

  めでたくトンカチーンおばさんをお払い箱にしたトムは、なんと自分で
  新聞広告を出し新パトロン、もとい、新おばさんを募るのだ。
  しかも、今まで黙って我慢していた案件は最初からしっかり条件提示し、
  さらりとクリアしてみせる。それでも、
  「てごろなおばさんが、すぐ、みつかった。」そうだ。どういうこと・・?


・・・と、ここまで書いて来て、
推定年齢10才と思しきトムのヤバいほどのジゴロっぷりに震撼する私である。
ちなみにここで、「ジゴロ」の意味を改めてwikiで見てみると・・・

「年上の女性(と付き合い、その女性)から援助を受けている、
あるいはどのように生活を成り立たせているのかはっきりしない、若い男」

とある。
ひょえー。これはまさにトムの生き様そのものではないか。
実はこの絵本、まだ毛も生えぬ(かどうか実は確認していないが)
アホ男子(現在12才)の息子のお気に入りの一冊であるのだが、
もしかしてこれを幼少時から男子に愛読させてしまうのは、
教育的にアレだっただろうか?!

・・・ま、いっか。
折角男に生まれたなら、モテないよりはモテる方が人生面白かろう。
そのヒントをまさか絵本から学べるとは素晴らしいじゃないか。
息子よ、大志を抱け!目指すは自由なイケメンだ!!
ただし女を泣かすなよ!

↓お気に召しましたら、クリックで更新励ましの一票を!!↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by えほんうるふ at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

おおかみが泣いた日

やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)
佐々木 マキ

福音館書店 1977-04-01

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私は泣いたことがない。
いや、私も人並みに映画や本に涙を流したことはいくらでもあるのだが、
卒業式だとかお葬式だとか、周りの人がガンガン嗚咽しまくっているような場に限って
何故か妙に落ち着いてしまい、涙が出てこなくなるのである。
泣くに泣けないクールな自分を持てあましては、しおらしく嘘泣きを目論見、
目頭をハンカチで押さえてごまかしたことは数知れず・・。

そんな私が昨日、その場の誰もが泣くどころかむしろニコニコと笑っている状況で、
ただ一人、号泣しながら積年の想いを語るということを経験してしまった。
自分でも想定外の事態で正直焦ったが、流れ落ちる涙はどうにも止まらなかった。


いったい何があったのかというと、
私が3年前に始めたtwitterの大人絵本会つながりのご縁で、
元福音館書店の編集者である関口展さんにお会いできたのである。
正確には、関口さんの講演会を企画された茅野市の今井書店の高村店長が、
「関口さんに、是非えほんうるふを紹介したい」と直々にお声掛け下さったのである。

なんということだろうか。
関口展さんは、「えほんうるふ」と「オトナノトモ」が生まれるきっかけとなった
私にとって人生で一番大切な絵本、「やっぱりおおかみ」を担当した名編集者さんなのだ。
しかも、講演のタイトルが「僕が好きな評判の悪かった絵本」とは心憎い。
もうそれだけでドキドキワクワクで、すっかり舞いあがり指折り数えて楽しみにしてきた。


そして待ちに待った当日。
関口展さんは、軽快な語り口で、かつて福音館書店において「母の友」「おおきなポケット」
「こどものとも」等、数々の月刊誌の編集長としてご自身が携わった作品をご紹介くださり、
その楽しくもシビアなプロの世界のエピソードにぐいぐい引き込まれた。
「わにわに」シリーズや、「ごろごろにゃーん」「あな」など、関口さん仰るところの
「大好きなのに何故か評判の悪かった絵本」は、やはり私も大好きな名作ばかり。
これをみんな関口さんが手がけていらしたとは、何かのご縁を感じずにはいられない。

そしていよいよ、「やっぱり おおかみ」である。
それまで穏やかな笑顔を浮かべ、いたって冷静に関口さんの話を聞いていた私は、
やおら姿勢を正し、不用意に取り乱さないようにと警戒態勢に入った。
それなのに、ああそれなのに。
関口さんが絵本を手に取り、ほんの数頁読み聞かせてくれただけでもう涙が溢れてきた。


「け」

「おれに にたこは いないかな」

「おれに にたこは いないんだ」



「おれににたこ」を探し続けた日々。
部屋の片隅で絵本を抱きしめて、何度も何度も「け」と声に出して自分に言い聞かせた日々。
自意識過剰で孤独でワガママでいきがっていた私を、ずっとずっと支えてくれた本だった。

今現在の、マイペースで厚かましくて物事に動じない顔をした私しか知らない人には
想像つかない姿かもしれないが、私にも確かにそんな頃があったのだ。
そしてあの頃があったから、今の私がある。

この絵本があったからこそ、絵本について語りたい思いがあふれ、このブログが出来た。
この絵本への想いも、ブログで改めて文章にしてみたら、何だかすごく勇気がわいてきた。
そして心に溜まった気持ちを吐き出すように、どんどん記事を書いていたら、
あんなに必死に探しても見つからなかった「おれににたこ」たちが、
ひとりふたりと現れ、びっくりしながらも、とてもとても嬉しくなった。

その後も細々とブログを更新し続けたことが、ツイッターを始めることにもつながった。
そしてツイッターで呟いてみたら・・・

そこには広い空があった。
ちょうど、あのおおかみのこが気球を放ったあの空のように、広い広い空が。


だからもう私には、おれににたこ探しは必要なくなった。
私は私のままでいいし、こんな私もこんな世界も、けっこう好きだと気がついたから。



・・・そんな想いがぐるぐるといっぺんに溢れてきて、瞳の端からぽたりぽたりと膝に落ちた。
慌ててタオルを取り出して、客席でそっと涙をぬぐっていたら、
いつの間にか質疑応答の時間になってしまった。
ふと視線を感じて顔を上げると、司会の高村店長が真っ直ぐに私に見て
ニコニコと笑いつつ意味深な視線を送ってくるではないか!
ヤバイ、これはヤバイ、ダメ、ゼッタイ!!と焦る私の必死の視線を笑顔でスルーして、
ここぞとばかりに私を指名する店長・・
グチャグチャの顔と気持ちのまま、立ち上がって皆さんに挨拶をすることになってしまった。

・・・正直、もう胸がいっぱいいっぱいで、何を話したのか良く覚えていない。
ただただ、この絵本を、恐らく万人ウケしないことを重々承知の上でこの世に送り出し、
私に出逢わせて下さったことに、とにかくお礼を言いたかった。
絶対に私だけでは無い、この絵本に支えられてどうにか大人になれた子ども達を代表して、
この想いを伝えたかった。

佐々木マキさん。関口展さん。

今井書店の高村志保さん。

この絵本に関わった全ての方々。

本当に、本当に感謝しています。愛してます。

ありがとうございます!!




こんなふうに、自分が号泣した話をことさら感傷的にブログに書き残すなんて、
タダでさえ思いこみの激しい人間が、思い切り自分に酔ってる残念な様を晒しているようで
よく考えれば人前で泣くことよりもっと赤っ恥もいいところだ。
でも、おばさんになって良かったことの一つは、恥をかくのが怖くなくなるのだ。
誰に笑われてもいい。私は私のためにこの話をここに残したい。

ちなみに、この文章を書く間も、やっぱり涙が止まらなくて、
もう私の顔は涙と鼻水ですごいことになっている。
かくして私は、涙は飾りじゃないということを改めて思い知るのであった・・。


↓お気に召しましたら、クリックで更新励ましの一票を・・↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by えほんうるふ at 11:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

私が愛した飴細工

IMG_5921.jpg
あめぴょんは千駄木にある飴細工屋「飴細工吉原」の公式マスコットキャラクターだった。
本家HPでのプロフィールは既に削除されてしまったので、「ご当地キャラカタログ」より
あめぴょんのプロフィール(これもいつまで表示されるか分からないが…)

私はたまたまツイッターのタイムラインを眺めていてこの存在を知ったのだけれど、
愛らしい見た目に似合わぬツイッターでの毒舌とオタ臭丸出しの変態キャラが面白くて
一目見てファンになり毎日のようにその呟きを眺めていた。
実際にお店に行き、作ってもらったあめぴょんは今でも冷蔵庫で大事に保管している。

あめぴょんの専属事務所(?)であった飴細工吉原は日本で(つまり世界で)唯一の
飴細工店という存在の希少性もあって、2008年の開業以来じわじわと人気を集め、
谷根千コミュニティ誌や雑誌等をはじめ、民放の情報番組やNHKにも度々登場している。
もちろんお店は有名になり、飴屋らしくホワイトデーなどにはかなりの混雑ぶりだったと聞く。
ツイッターでのカルト人気がどう影響したのかは分からないが、
知る人ぞ知るご当地ゆるキャラとしてあめぴょんの認知度も高まっていたはずだ。

そんな矢先、あめぴょんが突然ツイッターでこんな告知をした。

【重要告知でス】『あめぴょんは中の人の変更によって設定・話し方(でス)などが変わり外見以外が一新されTwitter,blogなども終了致します。続きを読む
posted by えほんうるふ at 17:21 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

百聞は一見にしかず、百見は一歩にしかず

大晦日にブログを更新するのは初めてだ。
もちろん、年内にやるべき雑用のあれこれが綺麗サッパリ片付いたわけではなく、
むしろ色々な年内TODOをまとめてテーブルの向こうに追いやり、こうしてPCに向かっている。
何故なら、あと1件記事を更新すれば、「月1回以上ブログを更新する」という今年の目標の一つをなんとか達成できるからである(笑)
それでも実際には「平均」月1回の達成なのだが、年初に立てた目標が一つも達成できずに終わるより、ずっと気分良く新年を迎えられそうな気がするではないか!

そんなわけで、年末らしく今年の自分の10大ニュースなぞ考えてみた。続きを読む
posted by えほんうるふ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

Twitterはツンデレ男だった

前回のエントリー:Twitter にもの申すで、私はTwitterや携帯メールに代表される短文即発信型コミュニケーションの発達が、日本人の国語力・文章力の低下を招いているのではないかという仮説を述べた。さらに、このまま即時性・効率性重視の情報システムに依存して大衆が頭や手足を使わなくなると、生身の人間自体はどんどんつまらない存在になってしまうのではないかという懸念すら訴えた。
とはいえ、いずれも自分の思いこみだけで説得力がないので実際に使ってみることにした。
あれから1週間。さて、私はこの新しいサービスから何を学んだのか。

結論から先に言うと、私の仮説はあまりにも短絡的だった。
ぶっちゃけ、Twitterは予想以上に面白かったのだ。面白いだけでなく、私の想像をはるかに超える汎用性をもつサービスで、自分がどれだけ井の中の蛙だったかを思い知らせてくれた。
食わず嫌いで投げ出さずに良かったと心から思い、応援してくれた夫や友人達に感謝している。

続きを読む
posted by えほんうるふ at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

Twitterにもの申す

きーちゃんの部屋携帯メールとTwitterというエントリーを読んで以来、ちょうど自分もここしばらく世の中を眺めて感じていたことをまとめておきたくなった。
久々に絵本と関係のない記事なので興味の無い方はスルーされたし。

続きを読む
posted by えほんうるふ at 15:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

一周年

早いもので我がオトナノトモも気がつけば開設から1年が経った。
不定休どころか気が向いたときしか開店しないうえ、口当たりの良さなど全く考慮せず独自の味を頑固に貫く、偏屈店主のラーメン屋のようなブログでも、1年もすればそれなりに馴染み客が出来るのだから世の中捨てたモノではない。今後もなんとかこの調子で細く長く、儲け度外視の趣味の店路線を突き進もうと思っているので、どうか読者の皆さんも気長におつきあい願いたい。

ところで1周年を記念してアンケート企画なんぞやってみよう。
今後のオトナノトモで、えほんうるふ流の強引な解釈を読んでみたいという絵本がありましたら、ぜひご一報を。
必ず記事にするというお約束はできませんし、ご存じの通り更新ペースが気まぐれなブログゆえ下手すると数年先になるかもしれませんが(^^;)、挙げていただいた作品は必ず一読し、機会があればこちらでレビューを書かせていただきます。
「ちょいとアンタ、これなんかどうよ?」
…てな感じでお気軽にひとつよろしく♪

※ちなみに今までレビューを掲載した絵本のタイトル50音順リストはこちら

posted by えほんうるふ at 23:15 | Comment(48) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

謹賀新年

去年スタートしたばかりのこのブログに、縁あって訪れてくれた全ての人に心からの感謝と、新年のご多幸をお祈りします。
皆様、今年も私の独り言にどうぞお気軽にツッコミを入れてください。よろしくお願いしますm(_ _)m

腰痛療養中ということで大雪の降った夫の実家への帰省を免れ、生まれて初めて新年をたった一人で迎えている。淋しいかと思いきや、一年の初めにこんなふうに一人で落ち着いて考え事ができるのは本当に久しぶりで、清々しく新鮮な気分だ。
今年もまた、絵本を通じて素敵な出会いがありますように。

posted by えほんうるふ at 08:24 | Comment(36) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

実はこうなんです

開設から約半年を経てようやく一日のユニーク訪問者数が150人に達したことをささやかに記念して(?)、いままで放置していたこのブログについての解説を書いてみた。
縁あってこのブログに辿り着いた一見さん向けのRead Meであるが、ちょっとだけ私のプロフィールにも触れているので、なんとなく常連になっていただいている読者の皆様にも、私からのあらためてのご挨拶として読んで頂けたらと思う。

通常、こういったプロフィール情報はサイドバーに載せる単独コンテンツとして作るようだが、トップページのレイアウトをできるだけシンプルに保ちたい私はこれを「ご案内」カテゴリーの記事の一つとして作成してみた。というわけで開設から半年後の今になってこのブログと管理人の自己紹介文が新着エントリーとしてトップページに並ぶというかなりマヌケな状態になってしまった。こんなとき読者が少なくて良かったと思うが、「だったらこうすりゃあいいのに」という粋なやり方をご存じの方がいたら、後学のために是非教えて頂きたい。m(_ _)m

posted by えほんうるふ at 16:57 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

絵本おじさんとオトナの遠足

私がこのブログを初めてまだ数ヶ月しかたっていないのだが、我ながらあまりフレンドリーとは思えないここの文章を何故か気に入ってくれ、マメに立ち寄ってくださる奇特な人が何人かいる。その中でもまさに類が友を呼んだというか、個性の際だつ素敵なオトナ友達として私が密かに慕っていた人が、「絵本おじさんの東京絵本化 計画」の絵本おじさんその人だ。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 09:46 | Comment(18) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

「てぃんかあ・べる」さんのこと

私のお気に入りだった絵本と玩具のお店が来月閉店することになった。
愛知県豊橋市にあるそのお店「てぃんかあ・べる」
は、25年前、絵本の魅力にとりつかれたご主人が脱サラしてご夫婦で始めたお店だ。開店当時に地元の新聞に掲載された記事を読ませていただいたが、絵本専門書店自体が珍しい時代に、絵本と子どもたちへの愛にあふれたこだわりの店作りに奮闘していた様子が伺えて、胸が熱くなった。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 00:37 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

トラックバック考・追記

前回の「トラックバック考」でのコメント応酬の中で、どうも私はTBの扱いについてもマイノリティであるらしいと分かり、おいおいまた気がつけば異端派かよ、と苦笑した。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 02:37 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

トラックバック考

先日、私が自分のサイトでとりあげた絵本について、とある方がたいへん詳しい面白い解説をご自分のサイトで記述なさっていたので、コメントとトラックバックをつけた。後日、先方のその記事を自分の記事を読んだ方にもぜひ紹介したいと思い、改めて先方の記事に「よかったらトラックバックお願いします」とコメントを付けた。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 08:41 | Comment(8) | TrackBack(1) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

オトナ向け絵本について。

私は「大人向けの絵本」が苦手な人間の一人である。
あるいは、大人向けとして売られている絵本の
作られ方・売られ方が嫌いなのかも知れない。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 01:32 | Comment(11) | TrackBack(2) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

トラックバック・ピープルを作ってみた。

暇さえあれば絵本書評の載っているブログを訪ねて回っているが
やはり子どもへの読み聞かせを前提に書かれているものが多い。

いや、私だって毎晩子どもの月齢や興味を鑑みて(自分の趣味は
ともかく)彼らの為に選んだ本や、自分は大嫌いなのに子どもが
気にいっちゃってる絵本
なんかも読み聞かせしてはいるし、
それはそれで予想通りの反応があったり無かったりでなかなか
面白く、やりがいのある作業なのだが・・。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 11:05 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

こどものともは今も友

日本全国の絵本好きがリスペクトして止まない存在、それが福音館書店の月刊物語絵本「こどものとも」である。
1956年の創刊以来、オリジナリティあふれる創作絵本を世に送り続け、数え切れないほどの改訂・増刷を経てなお、世代を越えて愛され続ける名作が数多あるという読者層の厚さと人気を誇る月刊誌なのである。

続きを読む
posted by えほんうるふ at 10:34 | Comment(5) | TrackBack(1) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

ブログ開設しては見たけれど。

我ながら、何でこんな時期に始めちゃったんだか。
やったらハマルって分かってた。だからこそ、今まで
人に誘われてもオヨビ腰で聞き流してきたのに。

続きを読む
posted by えほんうるふ at 20:33 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする