2015年04月22日

今の自分にできること

ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)ペレのあたらしいふく (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)
エルサ・ベスコフ

福音館書店 1976-02-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現代日本の都会に住む私は、
生活必需品はほぼ不自由なく手に入る環境にいる。
そうしてごく当たり前に便利で快適な生活をしているけれど
思えば私が日々享受しているモノやサービスの全ては、
計り知れないほど多くの人の手を介して私のもとに届いたものである。
恐らく、今私の身の回りにある大量のもののなかで、
私がゼロから自分一人の力で作り出せるものなど、
ひとつもないだろう。

今日の絵本「ペレのあたらしいふく」が制作されたのは、
なんと今から100年以上前の1910年代のスウェーデン。
衣食住の全てが人の手を介し、目に見えるところで回っていた時代。
もちろん、今とは比べ物にならないほど、
人々は日々の暮らしに骨を折っていただろうに、
そこに描かれる地に足の着いた生活の美しいことといったら!

そんな時代のスウェーデンの片田舎の農村(と思われる地)
に暮らすペレ少年は、子羊を一匹飼っていた。
彼はその羊を自分だけのものとして、
全ての世話を自分一人で(ここ大事)取り仕切っていた。

ある日ペレ少年は、自分の成長と共に服が小さくなったことに気づく。

ここで、現代日本の同じ年頃の子供たちならきっと、
親に新しい服がほしいと訴え、
親は瞬時に新しい服を購入して子に与えるだろう。
いや、そもそも子供自身がそれを要望する以前に、
親の方が気がついてさっさと新しい服を着せるのかもしれない。

ところがペレ少年は、全く違う、驚きの行動に出る。
幼い彼は、自分で不足に気付き、それを解消するために
自分にできることを考え、さっそく取り掛かったのだ。
つまり、自分が持っている羊の毛を新しい服の素材とすべく、
自らそれを刈り取り、しかるべき工程を辿っていったのである。

ここからの、ペレの羊の原毛が多くの人の手を介し加工され、
ついに新しい素敵なウールのスーツが完成するまでの
丁寧かつ無駄のない描写は、まったく見事としか言い様がない。
人々の手仕事が連なり、ゼロから何かが作り出される様子は、
何度見ても本当にワクワクするものだ。

もちろん、幼いペレにできることは限られていた。
だからこそ彼は、自分でできることは自分でやり、
出来ないことは、人にやってもらう代わりに、
その人に自分が出来る範囲の労働力を差し出したのである。
なんという賢さ。なんという生活力。
DASH村のお兄さん(おじさん?)たちも顔負けである。
ひょっとすると、今あなたの隣にいるお金持ちの男性よりも、
ペレは頼りになる男かも知れない。

お金さえあれば何でもできる時代に生きる便利さは、
お金がないと何もできない人間になりさがるリスクを伴う。
そのことに気がついて、思わずぢっと手を見る私であった。


その一方で、この絵本の持つ力強くあたたかいメッセージは、
読む度に、子どものみならず大人をも励ましてくれるのだ。

いや、むしろそれは、大人の心にこそ響くものかも知れない。

口には出さなくとも、大人は大人なりに、
きっと誰しもが無邪気で大胆な夢を持っている。
けれど、己の無力さを知るほどに、
やりたいことがあっても、欲しいものがあっても、
どうせ自分の力では到底及ばないものと、
最初からあきらめてしまうようになる。
それこそが大人の分別として、自分を納得させるようになる。

けれど、私はこのペレのお話を読む度に、
どれほど大それた、人に話せば笑われるような夢でも、
とにかく今自分にやれることをやる、という
シンプルで間違いのないスタート地点を照らされる思いがして、
まるで恐れを知らぬこどものように、
根拠の無い勇気と元気が湧いてくるのだ。

今の自分にできないことを思い悩むより、
今の自分にできることを見つけて、夢中でやってみる。
きっとその方が、人生は楽しい。

posted by えほんうるふ at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

ナンセンスに救われる

みみずのオッサン (絵本・こどものひろば)みみずのオッサン (絵本・こどものひろば)
長 新太

童心社 2003-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東北沖の大地震に伴って発生した福島第一原発の事故。
その復旧作業は困難を極め、ニュースで続報を見聞きする度に、事態の深刻さに言葉を失う。
間違いなく、これまでの私の人生において今が一番生命の危機に近い「有事」のはずなのだが、
よほど平和ボケしていたのか、テレビに映る現地の状況やニュース解説者の深刻な面持ちを見ても
今そこにある危機としての緊迫感が、今一つわが身に迫ってこない。

あるいは、この事態をシリアスに受け止めるとパニックを起こしかねないからと、
無意識に自分の思考力にブレーキをかける力が働いているのだろうか。
直接被害にあったわけでもない私が、いい年して思考停止で理性を保つとは情けないが、
こんな時こそ大人にもファンタジーの癒しが必要なのだと実感する日々でもある。続きを読む
posted by えほんうるふ at 10:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

特異体質転じて特技とす

へっこきあねさ (てのひらむかしばなし)
へっこきあねさ (てのひらむかしばなし)荒井 良二

岩波書店 2004-09
おすすめ平均 star
star大爆笑
star一家に一冊、ストレス発散!!
star「アハハ」と笑いたいときに。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小さい頃から割と作文は得意な方だった。
というか、自分の気持ちを表現するのに、口に出すより文章に表す方が性に合っていた。
小学校高学年になって日記を付けるようになるとその傾向はますます顕著になり、気がつくと自分の喜怒哀楽や日々の出来事など、一日の終わりに文章化せずには気が済まないまでになった。
とにかく毎日何かしら雑文を書いているせいか下手な鉄砲もなんとかで、読書感想文やら作文課題で佳作をもらう程度の小器用さも身につけたが、利点と言えばそれぐらいだった。

続きを読む
posted by えほんうるふ at 22:36 | Comment(10) | TrackBack(0) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

思い立ったが元日

omoituitara.jpgおもいついたらそのときに
西内 ミナミ にしまき かやこ

こぐま社 1983-11
売り上げランキング : 235574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


睦月である。
私も世間の例にならって、年の初めにはこの一年の目標を立て、手帳や日記に記す。
が、およそその目標が年内に達成されたためしがない。
達成どころか、その課題に着手すらしないまま年を越すのが常だったりする。
思うに、何事もお尻に火がつかないと動かないスーパーヘビー級の腰を持つ私にとっては、年初の1月に目標を立てるのは時間的に余裕がありすぎるのだろう。
いっそ「一年の計は師走にあり」として、12月1日にその年の達成目標を思い起こし、残る1ヶ月死ぬ気で取り組んで過ごす・・という方が、案外成果を残せるかも知れぬ(笑)。

さて、今日の絵本の主人公のおばあさんも、私とは違う意味で一年の計とは無縁の人である。
何故なら彼女は目標を立てるまでもなく、思いつきをその都度その場で実行してしまうからである。
恐るべき行動力。恐るべき無計画人生。その無謀さは清々しいほどで、実在していれば間違いなくプロジェクトXで特番をはれる大物になっていただろう。
あれよあれよと大胆な事業展開を進めるばあさん・エンタープライズ。
いったいこの独居老人のどこにそんな資金力があるのかと突っ込みたくなるが、そこはもちろん、読者のコドモには明かせない裏の顔が彼女にはあって、1億や2億のはした金なんぞ、電話1本でどうにでもなるに違いない。
私もこんなカッコイイ老人になりたいものだ。
いや、その前にこんな老人と是非懇意になりたいものである(笑)。

結局、世の中がどんなに不況になろうと金はあるところにはあるのである。
巨額の財も貯め込むばかりでは遺族の相続争い・経済の動脈硬化のもと。ロクなことはない。
てなわけで、これからの時代は、是非ともシニア富裕層の皆さんに「おもいついたら そのときに!」をスローガンに掲げていただき、明るい日本経済のために人生ラストステージならではの無謀で豪快な無駄遣いをジャンジャンしてもらおうではないか。
人生の目標に悩む若者に素で「うわ、すげー!(無謀!)」と思われてこそ、と失われつつある敬老の精神も復活するというものだ。
posted by えほんうるふ at 20:24 | Comment(10) | TrackBack(0) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

毎日が晴れ舞台

オーケストラの105人オーケストラの105人
カーラ カスキン Kara Kuskin Marc Simont

すえもりブックス 1995-11
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やれやれ。ようやく年内にケリをつけたかった大仕事の目処がたって、ほっと一息。
手つかずの年賀状から目をそらしつつ、絵本だ、絵本。

と言っても、絵本の前に今回は珍しくテレビドラマの話から。
先日、フジテレビの月9ドラマ「のだめカンタービレ」が惜しまれつつ終了した。
素晴らしい作品だった。普段あまりテレビを見ない私が、たまたまこの連ドラの初回を目にして自分でも驚くほどハマッてしまい、(多分)生まれて初めて1回も欠かさず最終回まで見切ったのだった。しかもただでさえ忙しい中、公開収録のエキストラに応募して平日の早朝に夫に子供を任せてロケに駆けつける入れこみよう…我ながら狂ってる。私ってこんなにミーハーな女だったのね(恥)。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 21:19 | Comment(18) | TrackBack(0) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

失望感をリセットするおまじない

ほらいしころがおっこちたよねわすれようよほらいしころがおっこちたよねわすれようよ
田島 征三

偕成社 2000
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何をやってもうまくいかない時がある。一日の始まりから立て続けに失敗や災難に見舞われると、「ひょっとして今日は厄日か?」とイヤな予感が頭をかすめる。でもその気持ちに囚われてしまうとますます厄災を呼び込んでしまうような気がして、何とか気持ちを切り替えようと無理に笑ってみたりする。それぐらいじゃどうにもスッキリしないという、一度凹んだ気分のリセットが苦手な貴方にオススメの絵本がある。

続きを読む
posted by えほんうるふ at 11:40 | Comment(8) | TrackBack(0) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

上質な変な老人になりたい

0688070353Could Be Worse!
James Stevenson
William Morrow & Co (P) 1987-05-01

by G-Tools

麻生 九美 / Stevenson James
評論社 (1979.11)
この本は現在お取り扱いできません。オンライン書店bk1で詳細を見る

 
この1週間、あちこちのブログで長新太さんの追悼記事を読んだ。その中で出会った言葉の中で、特に印象的だったものがある。雑誌の取材で長新太さんご自身が語ったという
「上質な変な人っていいよね。それがなかなか、いないんだ。」
絵本と子どもの本が好き!/hirobonさんの記事より)
この言葉は、私にとって新たな人生の目標を考えさせてくれた。
 
続きを読む
posted by えほんうるふ at 22:17 | Comment(7) | TrackBack(1) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

マイペース異端児で行こう

やっぱりおおかみ
ささき まき
福音館書店 1977-04


by G-Tools

かなり前のことだが、病院の待合室で暇つぶしに眺めていた雑誌に「動物占い」が載っていた。生年月日だけで占える簡単さに何気なく自分の誕生日を早見表で探して結果を見てみると、あまりにも自分に当てはまっていて愕然とした。ちなみに占いによると私は「オオカミ」であった。

続きを読む
posted by えほんうるふ at 16:49 | Comment(8) | TrackBack(2) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

愛される過食症

manmaru.jpgまんまるろびん
ジャック・ケント
ペンタン 1985-09


by G-Tools

自慢じゃないが、私はここ10年近く、ほぼ毎月
いや毎週ぐらいの頻度で「明日からダイエット」宣言を
している。明日からというところがミソだ。
ということは、それだけ長いこと毎月もしくは毎週
ダイエットに失敗しているということである。
続きを読む
posted by えほんうるふ at 12:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 元気が出る絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする