2019年05月28日

定点観測の楽しみ方

こんなこえ.jpg
こんな こえが きこえてきました
佐藤雅彦+ユーフラテス 作

福音館書店 2015年06月
出版社詳細ページ

待機時間の長い仕事をしている。
待ち時間の間に何をしているかと言えば、大抵はコーヒーショップでパソコンを広げている。色々な街に行くが、それぞれターミナル駅付近の繁華街なので、どこも平日週末を問わず人通りが多い。それだけに店の選択肢は豊富だが、本当に落ち着いて過ごせる店は案外限られるものだ。
それでも、それぞれのエリアにお気に入りの店があり、お気に入りの席がある。
私のお気に入りポジションは、とにかく背後に人の来ない端っこ。さらに贅沢をいえば、外が眺められる窓際。店内最奥の窓際カウンター席なんかがベスト。これに電源とWi-Fiがあれば文句なし、120点の待機場所である。

まずはコーヒーを一口。ほっと一息ついて、ごそごそとMacbookを取り出し、そっと開いてLINEやメールの未読をチェックする。
そしてやおら顔を上げて、窓の外を行き交う人々を眺める。
この時間が何より楽しい。
同じ時間帯でも、街によって明らかに行き交う人々の層が異なる。あちらの街では大半を占めるお勤め人らしきスーツ姿が、こちらの街では少数派。ある街では珍しくない奇抜な格好や露出度の高い服装は、別の街では影を潜め、代わりに見るからに高級そうなハイブランドを当たり前に着こなす人々が闊歩している。外国人観光客もそれぞれの街でたくさん見かけるが、よく見ると出身国と思われるエリアが街によって偏りがあるのも面白い。

ガラスを隔てて行き交う人々が、何を話しているのかは分からない。まして、一人で歩いている人が何を考えているのかなんて分かるわけがない。それでも、出で立ちや佇まい、表情や身振り手振りから勝手に憶測するのが楽しい。

今日ご紹介するのは、まさにそんな私の街なかマンウォッチングのお楽しみをそのまま作品化したような絵本、「こんな こえが きこえてきました」である。
作者の佐藤雅彦さんは、NHK Eテレのピタゴラスイッチでお馴染みの、日本を代表するメディアディレクターのお一人。電通出身で数々の人気CMの生みの親でもある異能の人だ。

さてこの絵本、表紙には多分日本一有名な交差点、渋谷駅前のスクランブル交差点の写真が使われている。NHKの朝夕のニュースでも必ず映るし、何かと若者が騒ぎを起こしてはワイドショーネタにもなるので全国的に馴染みのある景色ではないかと思う。
で、ほぉほぉ写真絵本ね。見慣れた景色だわね・・・と思いつつ頁をめくり、さくさくと読み進める。あっという間に読み終わるのだが、これがまさにアイデア勝負というか他に類を見ない内容で、さすがというしか無い。
なにしろこの絵本、たった2頁の見開きと背表紙を除き、全て同一の画像だけで綴られているのだ。正確に言えば、同一画像をベースに、言葉や吹き出しを載せて視点を移動させることで話を展開させていくという画期的な手法で作られている。

私はこの作品を最初に読んだ時、子供のように夢中になって一気読みしてしまい、全頁が同じ画像であることに考えが及ばなかった。それほど視点の移動が巧妙な作品とも言えるが、いや、単に私がボーっと生きているだけかもしれない。
でもいいのだ、楽しいから。
このしてやられた感といい、下ばっか見てないでほら、と一気に視点を上げさせるリズムとバランスの絶妙さといい、なんだこれスゲー面白い!と無邪気に楽しめる大人で良かった。

ちなみに、これをお題にした今回の大人絵本会の告知をした際にちらっと触れたが、某サイトでのレビューでこの絵本を「同じ写真の使い回しでつまらない、がっかりした」と酷評しているものがあり、ひえぇ〜と、別の意味で驚いたものだった。
そもそも、(日常的に街の定点観察をしている者として断言させてもらうが、)これは決してたまたま撮れた写真の使い回しなどではないはずだ。街を1時間ぼーっと眺めていても、こんな風にパッと眼を引くような分かりやすいイベントはそうそう起こらないものだ。
恐らく、企画段階からとても周到にストーリーが練られ、必要な要素を個別に撮影し、配置を考えてCGで綿密に合成し・・・と、たいへん手間暇をかけて作らえた一枚に違いない。
ひょっとすると、そもそもベースとなっている交差点の画像は早朝に撮影された無人のもので、写っている人々は全て個別に撮影され配置されたモデルさんだったりして・・・・なんて制作工程の裏まで興味深く思えてきて、見れば見るほど絵本の深読みマニアのツボど真ん中を突く楽しい絵本である。

街なかを行く見知らぬ人々の人となりを、見たまんまから勝手にあれこれ想像して面白がるのと同様に、どうせなら自分の五感で受けとるあらゆる情報をそのままデータとして頭に記録するのではなく、想像力を駆使して色んな受け止め方で柔軟に面白がれる方が、人生をより豊かに楽しめそうな気がする。
少なくとも、私は自己流だろうがこじつけだろうが、楽しめるもんは楽しむ方向でいきたい。

posted by えほんうるふ at 16:44 | Comment(0) | ニヤニヤしちゃう絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

異性育児の醍醐味

おいていかないで (幼児絵本シリーズ)おいていかないで (幼児絵本シリーズ)
筒井 頼子 林 明子

福音館書店 1988-01-30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


我が家には3歳違いの姉弟がいる。
幼い頃から周囲に感心されるほどやたらと仲が良く、
兄弟仲がかなり険悪な家庭で育った親としては
ことさら仲良くすべしと躾けた覚えもないのに
私の子の兄弟仲がこんなにいいはずがない!
と思え、純粋にとても不思議だった。
まあ、我が子同士の仲の良さを訝しむあまり、
このままいくと将来ヤバイ関係になるのでは・・・
などと余計な心配する母親は私ぐらいかもしれないが、
とにかく本当にいつも、仔犬や子猫が
じゃれあうように仲良く育ってきたのだった。

そして、どうせ思春期にもなれば口もきかなくなるよ、
という周囲の予想をよそに、まさに青春真っ只中の今も
毎日楽しそうにゲラゲラ笑い合っている。

最近面白いのは、たった3歳とはいえ、
確実に姉のほうが歳は上なのに
傍目には完全にキャラが逆転しているというか、
息子のほうがお兄ちゃんぶっていることが多いことだ。

例えば、何か家事の手伝いを頼んでも
娘はなんだかんだと調子よく役目を免れ、
結局「しょうがねぇなぁ・・・」と腰を上げるのは
息子のほうだったりする。

その様子はまさに今日の絵本「おいていかないで」
に出てくるあやことおにいちゃんのようで、
私はこの絵本を読む度に思わずくすりと笑ってしまう。

あざとい!と言ってしまえばそれまでだが、
作中でおにいちゃんを思いのままに操るあやこは、
まさに天性の小悪魔である(笑)
いや、こうして小悪魔は育まれるというべきか。

一人で外に遊びに行きたいおにいちゃん。
でも、あやこのお陰でちっとも思い通りに動けない。
くっそー!
・・・・でも可愛いから許す。
なのである。はーっはっは!

でもそんなおにいちゃんがまた、
母の目から見ると可愛くて仕方ない。

実際のところ、我が家の娘も実は
かなりクールなところがある子なので
上手に甘えたほうが自分も楽だし
弟の自尊心も満足させられるということを
無意識に分かってやっていそうなところが
ちょっと怖かったりもする(^_^;)
でも、息子も息子でそんな姉のしたたかさを
分かっていながらワガママを許しているらしく、
女、怖え〜!とかオモテウラ半端ねぇ〜!
とよく笑っている。
ようは、お互いに身近な異性として
その性差の理想と現実を
日々目の当たりに学んでいるらしい(笑)

でも、そんな姉弟でもお互いの彼氏彼女の話は
照れくさくてなかなかしないようで、
それぞれが私にだけこっそり打ち明けてきたりする。
そんな時の彼らは姉や弟に見せる姿とは
また違って、まんま歳相応の
自信も経験値も足りない子どもでしかない。
かわいいなぁ、と思う。
それぞれ、一番身近な異性から学んだことを
将来の良い恋に活かせるといいねぇ・・・
などど、呑気に母は思うのであった。
(これ、あの子達の目に入ったら激怒されそう(^_^;))

posted by えほんうるふ at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニヤニヤしちゃう絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする