2013年07月25日

お盆の気配

かえるのうらめしやさん (カラフルえほん)かえるのうらめしやさん (カラフルえほん)
戸田 和代 よしおか ひろこ

岩崎書店 2005-05
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

正直なところ、私は宗教について義務教育以降にまともに勉強したことがない。
そして多くの日本人と同様に、私は幼い頃から何の疑問も感じずに、
お盆になれば家族と墓参りをし、
クリスマスにはプレゼントを交換し、
新年には初詣に出向いて初日の出に手を合わせるという節操のない信仰生活を送ってきた。
揺るぎない宗教観をもって敬虔なる日々を生きている人から見れば、
今日私がここで書くことはふざけた文章に見えるかも知れないが、
学も信仰もない人間の戯れ言として流してもらえたらと思う。

今日の絵本、「かえるのうらめしやさん」は、私が大人になってから出会った絵本である。
初めて読んだ時、私の脳裏に真っ先に思い浮かんだのは、
「これって、例えばキリスト教徒の人が読むとどういう絵本に読めるのだろう?」
という疑問だった。
神の元へ召されたはずの人が年に一度ひょっこり帰ってくるなんてあっていいのだろうか。
彼らにとって、お迎えするご先祖様とは墓場から蘇ったゾンビに等しいのだろうか。
こんなにもユルい心和むタッチの絵本を眺めながら、そんなことを考えてしまう私の心は
信じるものを持たないが故にとんでもなく荒んでいるのだろうか。
→続きを読む
posted by えほんうるふ at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宿題を思い出す絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする