2019年11月28日

映画好きにおすすめの絵本

からっぽ2.jpgからっぽのくつした

リチャード・カーティス作 レベッカ・コップ絵

世界文化社 2012年11月
出版社詳細ページ

映画が好きでよく観ている。年間200本ぐらいは観ているだろうか。
あまりジャンルにこだわりはなく、邦画も洋画もじゃんじゃん観る。
むしろ偏らずにどんな作品でも機会や縁があれば観るようにしていて、その雑食ぶりたるや、もしかすると絵本の選書以上かもしれない。
たまたま地元の小さな映画館にとても太っ腹なサブスク会員制度があるので、そこで上映されるものは先入観がどうであれ基本的に全部観ることにしている。これがとてもありがたく、知らず識らず自分が食わず嫌いになるのを防いでくれていると思う。

観た映画は記録も兼ねてなるべくレビューを書き残すことにしている。
とある映画専門のレビューサイトを利用していて、マイアカウントで投稿されたレビュー数は現在350あまり。実際の鑑賞本数に対してかなり少ないが、こうした短文投稿ですら、異様に時間をかけて文章を考えてしまう自分にはこのペースが精一杯だ。

ちなみに、私は絵本のレビューをする場合は、基本的に好きな絵本のことしか採り上げないので特定作品をこき下ろすような文章を公に残すことはほとんどないのだが、映画の場合はむしろ遠慮なく好き嫌い全開で忌憚のない私見を書いてしまう。なので、場合によっては私の映画評を読んだ人に不快に思われることもあるかもしれない。いやー申し訳ない、とは思うが、だからといってその傾向を改める気はまるでない。その必要を感じないからだ。
始めから子ども向けに作られた作品を除けば、基本的には大人のための娯楽ソフトである映画は、「良い悪い」ではなく「好き嫌い」だけで語ることが許される、という点で絵本よりもずっと自由に語れるメディアとも言える。実際、真の映画好きを自称する人々には、個々人の推しや好みの違いを尊重する心の余裕があるようにも思う。
私はよく、色々な映画賞を受賞した作品や世間で話題になっている作品を観て「え?そんなにいいか?」と思ってしまい、その思ったままを率直にレビューに書いてしまう。やたらと周囲に絶賛されまくっている作品の場合、若干気が引ける感がないこともないが、そういうときこそ無駄に勇気を出してしまう。同調圧力に屈せず好き嫌いを伸び伸びと自由に言える社会であってほしいと思うから、なんて言うと偉そうだが、素直な気持ちだ。くだらない作品も高尚な作品も、どれも制作陣にとっては心血を注いだ芸術として生かされ、それぞれの受け手に届く世の中であってほしいと願う。

話がだいぶズレたが、絵本を読んでいると「これこのまんま映画にできそうだな」と思うことがよくある。一冊の絵本を超短編の文学作品として捉えると、そこには映画の原案として秀逸ではと思える作品がたくさんあるのだ。(かと言って、絵本原作からアニメ化・実写化された映画作品がみな素晴らしいかというとそんなことはなく、むしろ世界観を崩さず別メディアに展開することの難しさを思い知らされることも多い)

今日ご紹介する絵本もそんな作品だ。
最初にこの「からっぽのくつした」という絵本に出会った時、私は前情報を何も知らないまま読んで「ああ、このお話すごく映画っぽい!年末向けファミリー映画だわー。まあ出来は子役次第かしらねー」などと勝手に夢想していたが、読後に作者を確かめてびっくり、映画みたいどころか既に脚本家としてイギリス映画界で定評・実績のある方が書いた作品だった。そりゃ、ストーリー展開の見事な起承転結ぶりも、ページを捲るごとに映画のワンシーンが思い浮かぶのも、なるほど納得。

作者であるリチャード・カーティス氏はニュージーランド出身、イギリスで活躍中の脚本家・映画監督で、特にコメディやラブコメ作品の名手で数々のヒット作がある(ちなみに彼が脚本を手掛けた映画で私が個人的に一番好きな作品はレネー・ゼルウィガー主演の「ブリジット・ジョーンズの日記」である)。
絵本の内容は、幼い双子の女の子が主人公のいわゆるクリスマスもの。
まあ最初はありがちというか、双子の片方は優等生で片方は困ったちゃんという、それこそ映画にもよくあるパターンの姉妹キャラ設定が描かれる。しかし、その後の展開がブリティッシュコメディらしいブラックさというか、子どもにとっては悪夢のような容赦ない事態になっていく。そしてその運命を子ども自身がどんな行動で切り抜けるか・・・? もう、ここらへんの展開がたまらなく映画っぽく、それも正統派イギリス児童文学にも通じるような、読者たる子どもたちにあえて媚びない大人の厳しさも見せていくところがなんとも小気味よい。ラスト、さりげない小道具を効果的に使った粋なエンディングもやはり映画らしさを感じる演出だ。

また、レベッカ・コップ氏の絵がなんとも可愛くて私はいっぺんで気に入ってしまったのだ。細いのに温かみのある線画、色使いもとても綺麗だ。主人公のふたりの家を覗き込むドールハウスのような見開きの構図も大好物だし、見返しを埋め尽くすプレゼントの包装紙もただカラフルなだけでなく、おばあちゃんの手編みのパッチワークの布団カバーのような(で、伝わるといいのだが)あったかいごちゃごちゃ感があり、眺めているだけでなんだか嬉しくなる。


ところで、今作はまだ映画にはなっていないと思っていたが、念のため原題で改めて検索をかけてみたところ、ちょうどつい先日アニメ映画化が決まったらしい。
https://www.screendaily.com/news/locksmith-animation-to-produce-the-empty-stocking-written-by-richard-curtis/5144467.article

なんとナイスタイミングなニュースだろう。
どういうわけか大人絵本会のお題絵本にはこういった関連ニュースや原画展等のイベントが派生することが多く、それがまた後日のオフ会に繋がったりしてなかなか楽しい。
そもそも入手しにくい絶版絵本をお題にすることが多く、絵本好きとはいえ新刊や絵本出版界隈の新しい動向にはまったく疎い私は、予め告知されているイベントにタイミングを合わせてお題にするような粋な計らいができず、大人絵本会当日に参加者から教えられてびっくりすることも多い。
ともあれ、いずれこの絵本を動画で観られる日が来ると思うと今から楽しみだ。個人的にはこの作品なら実写版も是非観てみたいので、アニメフィルムが話題になってさらにそんな話に発展することを密かに祈っている。
【ニヤニヤしちゃう絵本の過去ログ】
posted by えほんうるふ at 08:37 | Comment(0) | ニヤニヤしちゃう絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。