2019年10月24日

遺作のある人生

angelo2.jpgアンジェロ
デビッド・マコーレイ 作

ほるぷ出版 2006年5月
出版社詳細ページ

孤独な主人公がたまたま出会った野生動物と心通わせる話に弱い。
「ごんぎつね」も「マルラゲットとおおかみ」もそういったジャンルの中で特に私のお気に入りの素晴らしい名作だが、つい最近、久しぶりに読んだブラック・ジャック第90話の「シャチの詩」には、性懲りもなくまた泣かされてしまった。何しろ初めて読んだ時から40年以上も経つ(歳がバレる)のに、未だに読めば必ずやウルウルしてしまう驚異の涙腺破壊力。ふと思い出したからといっておちおち電車の中で検索もできない。

思うに、この手のストーリーで肝なのはやはり、相手がヒトに飼い慣らされたペットではなく、あくまでも偶然出会った野生動物である、というところではないだろうか。
その気持ちの底にあるのは、現実にはヒトと野生動物がお互いのテリトリーを超えてコミュニケーションをとることはお互いにとって不幸な結末につながるだろうという本能的な予感か、あるいは、だからこそそのタブーを超えるファンタジーをフィクションの世界に求めてしまう、無いものねだりの人間のエゴか。どちらにしろ、そこには理屈ではない感情の動きがあるように感じる。

今日の絵本「アンジェロ」もまさにその意味では王道とも言える、無いものねだりの得意な人間の心にシミジミと沁みる美しいファンタジーだ。
そもそもこの絵本にはその道一筋の職人とか、偏屈な老人とか、古い建物とか、ただでさえ私の大好きなモチーフがたくさん詰め込まれていて、それだけでも十分私得な作品なのだが、そのうえ前述の通り、しばしば私の涙腺をダイレクトに攻撃する「野生動物と孤独な人間との心の交流」がメインテーマときたらこれはもう、鷲掴みされてしまう。

似たような野生動物とのふれあいがテーマの作品の中には、絵本という媒体の本来の対象である子どもたちにも容易にその「良さ」が理解できるよう、陳腐なお涙頂戴ストーリーになってしまっている作品もあったりする。
そういった子どもの感性を侮った作品は大人の鑑賞にはとても耐えられないが、今作はその点、自信を持って大人にもお勧めできる。彩度を抑えた色調と文章、何より淡々と描かれる主人公アンジェロのキャラクターのおかげで、大人がじっくりと愉しめる古いイタリア映画のような味わいになっていると思う。(ここであの郵便配達人の映画を思い浮かべたそこのあなた、そうそう私のイメージもまさにあれでした!)

私にとって良い絵本とは、ジャンルに関わらず読後にまるでいい映画を一本観たかのようなじんわりと長く残る充実感を与えてくれるものだが、この絵本はまさにそういう作品だと思う。
残念ながら、逆に良い絵本が良い映画になるとは限らないが、この作品ならば案外(ロケ地やキャストをしっかり吟味すれば)実写化もイケるんではないか?と思わせるものがある。さらに私の勝手な理想を言わせて頂くなら、ロケはもちろんイタリア国内、できればヴェネチア・ミラノ・フィレンツェのいずれかでお願いしたい。


そして、この作品の何より素晴らしいところだと私が思うのは、物語の最後で、一人の人間がその生涯で何を遺せるかという、一つの素敵な例を見せてくれるところだ。
たとえ世の中のほとんどの人に認められずとも、自分が生きた証として、その想いを伝えたいたった一人(あるいは一羽でも一匹でも)にだけは、しかと伝えられる、そんな何かを遺して逝くことができたなら・・・。

自分のことを全く知らない人にも等しく価値が伝わるような名声や功績や莫大な資産などを築くのは到底無理だとしても、人知れずささやかな「誰かにとってのかけがえのない宝物」を遺すことだったら、もしかしたら自分にもできるかもしれない。
そんな風に考えると、平凡で無名な我が人生もそれなりに尊く思えてきて、なんだかうれしくなる。
そしてまた、たった一冊の絵本に励まされて「よし、明日も精一杯がんばって生きよう」などと思えてしまう自分はなんと単純な人間なのだろう。ああよかった。


【終活を考える絵本の過去ログ】
posted by えほんうるふ at 19:42 | Comment(0) | 終活を考える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。