2019年08月28日

その注意に要注意

注意読本.jpg注意読本
五味太郎 作

ブロンズ新社 2002年9月
出版社詳細ページ

外面がいいので初対面の他人様にはかなりキチンとした人間だと思われがちな私だが、一歩家に入れば、つまり素の私は、かなり不注意でいい加減な人間である。
特に自分でも日々困っているのは、所要時間のヨミが甘いことである。そのうえ無駄に好奇心が旺盛で色んなことを思いついては即実践しようとするので、つい本来やるべき作業の優先順位を忘れ、外出の出発予定時間ギリギリまで急な調べ物をしていたりする。気がつくと家を出る時間が迫っていて、あわてて荷物をまとめて飛び出す。と、案の定忘れ物をしてしまい、酷い時は家を出て数分もしないうちに別々の忘れ物に気づいてはあわてて取りに戻り、子どもに「また帰ってきた」と笑われる。結果として私は自宅から最寄り駅までの徒歩数分の道を、たいていは小走りで、時には全速力で走っている。
こうして不注意故に私は日々余計なエネルギーを使うことになるのだが、こうでもしなければ日常生活で体を動かす機会が減る一方の怠惰な自分には、きっとこれも何かの帳尻合わせになっているのだろうと思うことにしている。


さて、今日の絵本はその名も「注意読本」という。
そのタイトルから、まさに私のような不注意な人間に向けた、日常生活上のあらゆるリスクへの注意喚起を促す絵本かと思いきや、そこはやはり五味先生、そんな退屈そうな単純な啓蒙絵本であるわけがない。
この絵本が注意を呼びかける対象は、まさにその注意そのもの。つまり、普段私達が無意識に「注意」していることについて、斜め上から、あるいはちょっと離れた位置からの視点を新たに提案することで、その注意の発想そのものが固定観念にとらわれている可能性を「注意」してくれる。


この絵本について、小さな子にはちょっと難しいのでは?とか、大人向けの絵本でしょ?といった声を聞くことがある。
何をおっしゃいますやら。これは私の私見だが、いい絵本は出会う時期を問わないものだ。
赤ちゃん向けとされる絵本が大人にとっても味わい深いのと全く同様に、幼い子どもだって、中高生や大人向けと言われる絵本から何かを感じ取って味わうことができるはずだ。だから、その本来の味わいが分かろうと分かるまいと、子どもたちには是非アタマが柔らかいうちにたくさんの絵本にまずは出会って欲しいと思って、私は常に自分の趣味でいいと思った絵本は構わず子どもたちと一緒に楽しんできた。(もちろん、あくまでも我が家内に限っての話だが。)

なにしろ、子どもの世界は狭い。身近にいる大人といえば親や親戚、先生たち。友だちといえば、学校のクラスメートやご近所の幼馴染、塾や習い事で知り合う同年代の子どもがせいぜいだろう。今でこそ、ネットを介して世界中のありとあらゆる年代属性の人と友だちになることも可能だが、そこには無限の可能性と裏腹に予測のつかない危険が待ち構えている。
その点、こんな絵本なら安心だ。親でも先生でもない大人の友人、決して学校では教えてくれない自由な発想や、同年代ではとても思いつかないタテ・ヨコ・ナナメからの視点に気づかせてくれる、そんな頼もしく愉快な大人の友だちを実際に得られるのはよほど運が良い子どもだけだろうが、絵本は誰にでも平等にその大役を堂々と果たしてくれる。
しかも、それぞれの子がそこから得たものをどのように受け止めるか、まともな絵本ならそれを決して子どもに無理強いはしない。初めて読んだタイミングではピンとこなくても、それぞれの子がその子なりの心のペースで吸収し、必要な時に糧とすればいいのだから、害があるどころか百利の可能性しかない。例えるなら安全で効果絶妙な遅効性肥料みたいなもので、いずれその子が必要とした時に大きな支えや励ましとなって、あるいはその子自身が気が付かないうちに心の栄養となって、その成長を助けてくれるはずだと私は考える。

だからこそ、子どもの手の届く範囲にどんな絵本を用意するかは大人の責任とも強く思う。
ああそれなのに、こんな素敵な絵本が普通の書店ではもう手に入らない。古書を探すか、図書館に行くしかない。
どれほど良書であっても、日々新しく出版される凄まじい量の有象無象の新刊に押し流され、すぐに書店では手に入らなくなってしまうのが絵本出版業界の現状なのだ。なんということだ!


おっと、柄にもなく絵本論で熱くなってしまった。
なんでこんなふうに話が流れたかというと、最近、すっかり大人に近づいた我が家の子どもたちと、彼らが幼かったころ親子で一緒に読んで楽しんだ絵本の思い出話をよくするからだ。
面白いことに、性別も歳も違い性格も嗜好性も正反対といってもいいほど違う方向へ育ったわが子たちが、今になってあれが好きだったと懐かしむ絵本がほぼ一緒だったりする。へえー、あの頃の君たちは、あの絵本をそんなふうに受け止めていたのか〜と内心驚かされることも多い。親の思惑なんか無関係に彼らは彼らなりにそれを消化して、ちゃっかり糧にしてきたらしいのだが、それがその子なりの個性や特性にどのように作用して今に至っているのかを目の当たりにしつつある今、人の成長とはげに面白き・・と感心するばかりだ。


いいかげん話を戻そう。自分の話に。(笑)
ご存じの方も多いかと思うが、Eテレの朝の5分番組「0655」で流れる歌の中に、「忘れ物撲滅委員会」というものがある。主に会社勤めのサラリーマン向けに作られたと思うその歌は、携帯電話、財布、鍵、社員証・・・と、出勤時に忘れがちな必携アイテムを口に出して歌っていくことで忘れ物チェックができるというたいへん実用的な歌である。実際、この歌を出掛けにくちずさむことで忘れ物を撲滅できた人も少なからずいるだろう。なんと素晴らしい。
しからば私もこの歌を自分用に少しアレンジして(何故ならば私の仕事はちょっと特殊で七つ道具の内容が普通の会社員とは少々異なるのだ)、歌いながら出掛けの持ち物チェックをするようにすれば、一度玄関を出てから何度も家に戻るような失態を繰り返すことから卒業できるのではなかろうか?
・・・と思ってやってみたものの、どうにも字余りで座りが悪い。もはや曲から自作するしかなさそうだ。

posted by えほんうるふ at 15:03 | Comment(0) | 実用的な絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。