2017年10月26日

持てる貧しさと持たざる豊かさ

おさらをあらわなかったおじさん (岩波の子どもの本)おさらをあらわなかったおじさん (岩波の子どもの本)
文フィリス・クラジラフスキー 絵バーバラ・クーニー

岩波書店 1978-04-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

社会人になってしばらく経った頃のこと。
私はふと、もう自分は大人なんだからこれからは量より質の生活を目指そう、と思い立った。
それは、正社員として働きはじめ、今までより格段に自分の自由になるお金が増えた私の、人生初のお買い物フィーバーの熱がようやく落ち着いて、正気を取り戻した朝だったのかもしれない。
落ち着いて部屋を見回して見れば、短期間に激増したモノのおかげで私の居場所は明らかに狭くなっていた。
ベッドの上には、毎朝の出勤前のファッションショーの残骸が積み上がっている。
ベッドの下には、読みかけの本と買ったまま積読するばかりの本、そして雑誌がこれまた山を成している。
うんざりした気分でそれを一枚一枚畳み直し、ハンガーにかけ、タンスにしまい・・・なんてやっているうちに、私もようやく気がついた。
モノが豊富にあることが、生活を心を豊かにするわけではないことを。
むしろ大量のモノを管理もできぬまま所有だけはしているという状態は、ひとつひとつのモノへの愛着を薄れさせ、日々の生活そのものを投げやりにやり過ごす、ろくでもない習慣につながりかねないことを。

よし、とにかく、まずは少しずつでも物を減らそう。
次に何か買う時は、一つ増やす前に二つ処分しよう。
断捨離という言葉がブームになるずっと前に私はそれを決意したのだった。

と、ここまで思い出したところで、私が断捨離というと真っ先に思い出す一冊の絵本をご紹介しよう。
別に断捨離がテーマの絵本ではないのだが。

主人公は一人暮らしのおじさんである。
おじさんは仕事から帰るときちんと自炊して夕食を取る。家事も出来る自立した男なのだ。
だがある日、いつもよりお腹を空かして帰宅したおじさんは、勢いいつもより料理も頑張ってしまい、ようやくそれを食べ終えた時はヘトヘトで、つい出来心で夕食後の食器洗いをサボってしまうのだ。

ああ、分かる!!非常によく分かる・・・
私もよく、外出や仕事から帰ってきて大急ぎで家族全員分の夕食を作り、何とかそれぞれに食べさせたまでは良かったが、そこで電池が切れたようにダイニングテーブルから立ち上がれなくなってしまう。
下手すればそのままそこで寝落ちし、ハッと気がつくと家族は誰もいない・・・
ああまたやってしまったと自分で自分にうんざりしつつ、やれやれと立ち上がり、夜中に一人で皿を洗う。
もっと酷い時はとにかく汚れた皿を流しにまとめるだけまとめて、そのまま朝に持ち越すことすらある。
が、「それをやっちゃぁ、おしめえよ!」とばかりに、私の良心に潜むハウスキーピングの神様が現れて叩き起こしてくれるので、結局家族の誰よりも早起きして明け方に一人で皿を洗っていたりする。

残念なことに、決して本来ズボラでもないはずのこのおじさんの心にその神様はいなかったらしい。
幸い、皿ならまだまだいっぱいあるので、ちょっとぐらい家事をサボっても支障はない。
翌日も、その翌日も、日が経つほどに汚れた皿は積み上がり、ますます皿洗いは億劫になる。
やがて手持ちの食器を使い果たし、石鹸皿や灰皿や、果ては植木鉢まで総動員して食器にする。
バーバラ・クーニーの小粋な挿絵のおかげで、家中に汚れた皿が積み重なり足の踏み場も無い様を描いた頁から悪臭が漂う気配はないが、これがリアルなら間違いなく小バエがブンブン飛び回る地獄絵図である。

そしてついに家中を探し回っても、皿にできるものがなくなった時、おじさんは・・・?
ここで、あっと驚く実に絵本らしいナイスな展開が待っているので未読の方は是非読まれたし。

さて、私がこの絵本を最初に読んだ時に思ったこと。
諸悪の根源はこのオッサンが一人暮らしの癖に手持ちの皿数が多すぎることではなかろうか。
そもそも使ったら即洗わずには皿がない、という状態にしておけば、こんなことにはならなかったものを。
ましてダークサイドに堕ちる前に引き戻してくれる心の神様もいないとなれば、やはりこのおじさんが今すぐ着手すべきはズバリ、断捨離である!


さて、私がひとり密かに断捨離を決意したあの日から、早くも20年以上の月日が流れた。
巷ではミニマリストなどと呼ばれる断捨離を極めた仙人のような人々まで現れ話題になっているというのに、私自身の状況にはほとんど進歩が見られず、忙しい朝にファッションショーの跡がベッドの上に残されるのも相変わらずだし、ベッドサイドには読みかけの本が今日も山積みである・・・嗚呼。
それでも、少なくとも生活用品に関しては無闇に新たな買い物はしなくなった。何かが欲しいとか足りないとか思った時は、まずは手持ちのものをチェックして、あればそれを使う。あるいは何かで代用する。ついでに見つけた不用品を処分する。
食品も、何かを切らしたら買う前にストックをチェックする。ついでに使いそびれてる食材を見つけて使う。
衣類や服飾雑貨なんかは、1枚買ったら2枚捨てる。
・・・なんてことを日々心がけるようにはなった。
おお、ちゃんと進歩しているではないか!
この調子なら、あと数年もすれば私の所持品は半減して今よりずっと身軽で快適な生活を楽しめるはずだ。
さあて、今日は何を捨てようかな?
posted by えほんうるふ at 06:45 | Comment(0) | 身につまされる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。