2017年05月25日

もしも願いが叶うなら

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)ロバのシルベスターとまほうの小石
(児童図書館・絵本の部屋)

ウィリアム スタイグ William Steig

評論社 2006-03

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小さい頃から、絵本や童話を読んでいて、突然心優しい魔法使いが現れて、
主人公がなんでも好きな願いを叶えてもらえるというシチュエーションを見かける度に、
「早まるな!まずはその特権を死ぬまで回数無制限に使えるようにお願いするんだ!」
と、幼心に意地汚く思っていたのは私だけだろうか。
今ならばさらに浅知恵が働いて、
「いや待てよ。そんな強欲なことを口に出したら、バチが当たってなけなしの1回すら権利抹消になるかもしれん!しからばここはひとつ、なるったけ謙虚に見せかけつつ、出来るだけ汎用性の高い願いをば・・・」
などど、グダグダ考えているうちに時間切れになるような気がする。

今日のお題絵本「ロバのシルベスターとまほうの小石」も、そんな願いごと叶ったりの絵本。
主人公のロバの男の子シルベスターは、小石を拾い集めるのが趣味。
ある日、たまたま見つけた奇妙な赤い小石に、触れただけで思いついた願いを何でも叶えてくれる不思議な力があるらしいと気が付いたシルベスター。ところが、ヒャッハー!と舞い上がったのも束の間、直後に絶体絶命のピンチに遭い、本能的に身を守ろうとした彼はこともあろうか「岩になりたい」などと思ってしまい、願いどおり物言わぬ岩に変身してしまうのだ。
もはや小石に触ることすらできない哀れなシルベスター。果たして彼は無事、元のロバの子に戻れるのか・・・?


それにしても私はこの絵本を読む度に、ああやはり神様はよい子をちゃんと見ているのだな、と思ったものだった。なにしろ幼く無邪気なシルベスターは、小石が希望を叶える力に気づくと、健気にまずこう考えるのだ。

「なんてうんがいいんだろう。これからは、のぞみがなんでもかなうぞ。
父さんや母さんはもとより、しんるいや、友だちにも、すきなことをさせてやろう!」


もう、言ってることが美しすぎて心の汚れた大人の自分が恥ずかしくなってくる。
自分の願いよりも先に他人の幸せを考えられる心やさしく無欲なシルベスター。
そんな彼だからこそ、魔法の小石が見つけられるのだろう。半世紀近くも生きてきたのに、一向に私がそんな稀有な小石と巡り会えそうにないのは至極当然というものだ。

それなのに、折角の僥倖をとっさの判断でみすみす無にしてしまう、あんまりな展開。
このシーンも読む度に私はもどかしさのあまりキーッ!!とハンカチを噛み締め引き裂いてしまいたいような気分になる。(ちなみにこれまでの人生で、悔しい時に本当にそんなリアクションをしている人を見たことはない。一度見てみたいものだ。)

でもこの残念展開、実は自分たちが気がついていないだけで、現実世界で誰にでも普遍的に起きていることなのかもしれない、とふと思う。
絵本で読めばこそ、この「やっちまった」展開のトホホっぷりは誰にも一目瞭然で、読者は一様に「キーッ!」となるわけだが、実際のところ、私やあなたが毎日無意識にやりすごしている、その場その場の状況に応じた意思決定も行動選択も、見る人が見れば、あるいは賢者や神から見れば、折角の千載一遇のチャンスをみすみす無駄にしているのかもしれない。
そのほとんどは本人が気付かないまま流れていってしまうのだろうが、たとえ十分チャンスを認識していてもなお、最善の選択ができないことだって多かろう。
つまり、誰もシルベスターを笑えない。
人は愚かで、残念な選択を繰り返す生き物なのだと思う。
そしてまた、自分の気が付かないところで天の采配に助けられたりしているのかも・・・。

なんて考えると、平凡な自分の毎日も案外面白くスリリングに思えてくるのでオススメである。

posted by えほんうるふ at 06:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | 身につまされる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高校生の頃に作った物語を思い出しました。
クローバーは本来すべて四つ葉で、どのクローバーもきちんと不思議な力を持っている。でも、それを野放しにしておくと、人間がろくなことに使わないからと、小さな妖精がせっせと魔力の源である「四枚目の葉」を集めて回るのだと。でも、中には、妖精がこの子になら力を手にあげてもいいと思えるような「いい子」がいるから、その子のためにこっそりと葉を残し「その子にしか見えない」魔法をかけておくのだという……。
ちなみにテキストには残っていません。
いま、物語にするなら、こんなフワフワのみで終わるような話にはならないでしょうw それはよく使われる「汚れた」という表現が、私自身は「汚れ」には思えないから。一生懸命生きようとするたくましさ、つまりは生命力の輝きそのものだとも解釈できるなーとか考えたりしちゃうんです。
神様がもしも本気で汚れたヤツは要らない、みたいに考えてたら、それこそ何でも叶えられる石をそのへん(場外馬券場あたりw)に転がすと思うんですよね。それを拾ったヤツは、自分に害を成しそうなモノや、自分の思い通りにならないものを片っ端から排除なり支配しようとする。その石による除外対象にならなかったモノこそ、石の所有者と一緒に棄てられるゴミって考えるんじゃないかな、とも。
……書き始めるとキリないですな。今回も事情あって参加できないので、こちらに好き勝手書いてみました。ではでは。楽しい会になりますように♪
Posted by だんぞう at 2017年05月25日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック