2015年08月19日

みえるひと、みえないひと、みたくないひと

怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)怪談えほん (3) いるの いないの (怪談えほん3)
京極夏彦作 町田尚子絵

岩崎書店 2012-01-28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夏の飲み会の定番ネタと言えば怖い話。
こんな時、順繰りに持ちネタを披露するとなるとやはり、
「聞いた話」ではなく「自分が体験した話」の方が俄然臨場感がある。
そこで一躍スポットライトが当たるのが、いわゆる霊感体質の人。
ところが、日頃から自己主張激しく口も達者なキャラクターの人物が
待ってました!!とばかりに語りだす「とっておきの怖い話」は
ほおほおふんふん、ワーッ、ギャーッ、こええー!!
と変に盛り上がって大騒ぎになり、聞いている方は意外と怖くない。
稲川氏を例に出すまでもなく、話術巧みに語られる怪談はそれだけで
エンターテイメントとして十分通用するので、
それだともう単なる「すべらない持ちネタ」になってしまうのだろう。
むしろ、
なるべく控えめで目立たず視線も俯きがちな印象ぐらいの人が
何かないかとせがまれて「別にいつものことですけど・・」と
大して面白くもなさそうに淡々と
「みえちゃう・きこえちゃう私の日常」を語りだす方がよほど怖い。

今日紹介する「いるの いないの」という絵本は
まさにその「みえるきこえる日常がすぐそこにある怖さ」の演出が
なかなか素晴らしく、作家陣を見るにつけ、思わず、
さすが、分かっていらっしゃる!と膝を打ちたくなってしまう。

ただし、その結末は・・・
素で叫んだという人もいる。
立ち読みしていた本を思わず投げてしまい、
買ったものの開けられず本棚の奥に封印しているという人もいる。
折角なのでネタバレはしないでおくが、私自身は爆笑してしまった。
賛否両論あるだろうが、
怪談エンターテイメントとして秀逸な一冊であることは間違いない。


ところで、私自身は全く霊感体質ではない。
と、自分では思っているが、
仲間内で怖い話で盛り上がるときに話すネタはそれなりにある。
多分、このブログではまだ書いたことがないので、
これを機会にここでも披露してしまおう。

幼い頃はよく自宅で寝ている時に金縛りにあった。
多分に妄想力豊かな子供だったせいだろうが、
その度に、何かどんよりと重い物がのしかかってくる気配や、
絶対目が合っちゃうから開けちゃダメだという確信があった。
あまりに度々そういうことがあるので、
だんだん対処法が身に付いた。
怖い怖いと息を詰めているとどんどん苦しくなるので、
とりあえず、全力で抵抗を試みることにしたのである。
なあに、どうせ相手にはこちらに実害を及ぼす力はないのだ。
そう思って、遠慮無く罵詈雑言を浴びせることにした。
目は開けられないし声も何故か出せないのだが、
バカ野郎、重いじゃねーか、どきやがれ、あっち行けー!!
などと必死で声なき声で叫んでいるうちに、
気が付くと金縛りは解け、目が覚めると朝になっていた。

ところがたった一度だけ、この作戦が効かなかったことがある。
いつものように、私は声なき声で見えない敵と戦っていた。
が、やはりどうにも苦しい。
あー、どうしよう。疲れてきた。
と思った瞬間、
ドン!と背中に衝撃が来て、私はベッドから転げ落ちていた。

一瞬、何が起こったのか分からなかった。
当時の私のベッドは、壁際に置いてあり、つまり片側は壁である。
背中には生々しく手のひらの感触が残っていた。

さすがにこの時はチビりそうに怖くなり、
親が寝る部屋へ駆け込んで無理やり布団に潜り込んだ・・
ような気がする。よく覚えていない。
後にも先にも一度だけのことだった。

思えば、我が実家は色々とポルターガイストまがいの現象が
起こる家だった。
テレビが勝手についたり消えたりなどは日常茶飯事なので
みんなそんなもんなんだろうと思っていた。
ただ、父親がガレージを増設するのに元々あった古い井戸を
埋めてしまった時は、さすがに色々とヤバかった。
当人は大怪我をし、その後入院するはめにもなり、
途方に暮れた母が知人を介してその筋の人に相談し
然るべき方角の神社へ家族全員でお参りしたりもした。
そこらへんの詳しい話を聴きたい人は、飲んだ時にでも。

それでも私には、霊感は全くない。あってたまるものか。
posted by えほんうるふ at 10:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 怖い絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまりこれは呑みに誘えってことですなw
いきましょう。いきましょう。
個室居酒屋か、カラオケか、もしくはどなたかの家で。
自身の話は君主危うきに近寄らずのせいか怖い話よりも不思議な話ばかりですが、まあ、聞いた話ならばいろいろと……フフフ、ニヤリ。
Posted by パンダ番長 at 2015年09月09日 23:08
いいですねー。もうそろそろ季節外れですけど
有志を募ってやりますか^^
オカルトじゃないリアルの怖い話もありってことで・・
Posted by えほんうるふ at 2015年09月10日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424415472

この記事へのトラックバック