2015年03月25日

大人絵本会5周年に寄せて

わたし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)わたし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
谷川 俊太郎 ぶん 長 新太 え

福音館書店 1981-02-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ネットで知り合った人に会いに行く。
と、その時、それまでさんざん活字でやりとりを重ねていた相手が、
いざ実際に会ってみるとこちらの想像とはかけ離れた実像だった、
という顛末は、誰しも多少は身に覚えがあることだろう。

私はわりあい文字情報から相手を推し量ることが得意なのか、
これまでのところ、対面のその瞬間に相手を見て
極端にびっくりさせられることはなかった。
ところが逆に私自身は、初めて実際に会った相手に、
こちらが恐縮するほど驚愕されてしまったことが何度かある。

これは、いったいどういうことなのだろうか。
別に誰かを欺こうと敢えて別人格を演じているわけもなく、
プライバシーやセキュリティを考慮して
自分についての情報の開示範囲や表現を変えているだけなのに
人々の受け取り方、その読み取り方は、驚くほど多様だ。

そもそも、人はいったい何をもって相手の属性や人となりを、
或いは自分との関係性を判断しているのだろう。

ごく単純に実社会での人間関係を思い起こせば、
相手が誰であれ最初は出会った時の状況がそのまま、
自分と相手との関係を明示している。
何しろ目の前にいるのだから、分かりやすい。
なんなら、その場で相手に確かめることもできる。

ところが、ネット経由の関係ではそうはいかない。
一つの言葉の真意を前後の文脈から判断するように、
自分と相手だけでなく、出会った場所や時間や状況などの
バックグラウンドを含めた情報を受け取れるリアルの関係と違って
画像であれテキストであれ、所詮データ化された断片情報しか
受け取ることのできないネット経由の関係では、
お互いのID認識が著しく乖離するのも無理はないだろう。

ただ、実社会であろうとネット上であろうと、
出会った関係の全てに共通していることがひとつある。
自分で認識しているつもりの「あなたから見たわたし」と
相手が認識している「わたしから見たあなた」は、
常に変化し続ける
ということだ。

一期一会のスタートの瞬間から、付き合いが長くなり
付帯情報が増えるにつれ、お互いの認識は変わる。
故に、どれほど長い付き合いになったとしても、
常にそれは、どこかしら食い違い続けるものなのだろう。
そしてその「永遠の分かり合えなさ」こそが、
人と人との関わりに豊かなドラマを生み出し、
人生を喜劇あるいは悲劇たらしめているのかも知れない。


ところで、たいへん面白いことに、人間関係構築においては
限られた情報源でしかないはずのネットを介して、
リアルでどれほど顔を合わせても知り得なかった相手の本質が、
恐ろしいほど赤裸々に露呈されてしまうことがある。

その一例が、ツイッターである。
バカ発見機などと揶揄されて久しいこのSNSは
誰でも気軽に思ったままを即全世界に向けて発信してしまえる為、
何気ない一言の呟きでめでたく人生を棒に振ることもできる。

ちなみに、私が主宰をしている大人絵本会という月に一度の
ツイッター上の宴会でも、一冊の絵本について参加者それぞれが
好きなことを好きなように語っているだけなのに、
恐ろしいほど各人のキャラクターや人生観が露わになってしまう。
おそらく、参加者の誰一人とも面識のない人でも、
ログを眺めているうちに、おぼろげながらも主な登場人物、もとい、
常連参加者たちの人物像を掴んでしまうのではないだろうか。

いみじくも、前回の締めにこんなことを呟いてくれた人がいた。

「大人絵本会が進むうちに、絵本が好きな、やさしい人たちの奥底に潜んでいる、こだわりや好み、さらには生きかたまでもが投影されていく。『注文の多い料理店』のように、ふと気づくと、身ぐるみはがされ、食べられかけたりしてることも。だから、本当は怖い大人絵本会です。」
( tweeted by @bluebirdland )


「本当は怖い大人絵本会」
このフレーズを、私は非常に気に入っている。
気がつけばこの会はこの春5周年を迎えるのだが、
これからもずっと、そんなスリリングな
オトナのコミュニケーションの場でありたいと願っている。

さて、五周年記念回となる、今夜の大人絵本会のお題は
谷川俊太郎さんと長新太さんの名作、「わたし」である。
いつものみんなも、はじめましての方も、
あなたにとってのわたし、わたしにとってのあなたのことを、
いつものように好きなように好きなだけ、語ってください。

*ちなみに本日のお題「わたし」についての過去ログはこちら
posted by えほんうるふ at 17:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 大人絵本会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
改めてここの記事を読んでbluebirdland さんのつぶやきがいかに的を得ているかを感じました。

大人絵本会、おそるべし!そしてこれからも楽しみです♪

Posted by greenkako at 2015年09月24日 17:50
kakoさん、こんにちは。
こちらにコメント頂くのは久し振りですね。
思わず私も改めてこのエントリーを読みなおし、
同じ思いにしみじみしました。
飽きっぽい私がここまで続けられたこの会ならではの
居心地の良さとユニークさを、
これからも維持していきたいと思います^^

Posted by えほんうるふ at 2015年09月24日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416234672

この記事へのトラックバック