2014年06月27日

異文化に心躍らせるとき

ワニのお嫁さんとハチドリのお嫁さん (日本傑作絵本シリーズ)ワニのお嫁さんとハチドリのお嫁さん (日本傑作絵本シリーズ)
清水 たま子・文  竹田 鎭三郎・絵

福音館書店 2013-11-13
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

我が家のすぐ近くに、有名な結婚式場がある。
大安吉日ともなれば、そこの売りでもある美しい日本庭園は
写真撮影の為に大移動する新郎新婦と招待客の集団でごった返す。
まして、「6月の花嫁は幸せになれる」なんていう、
バレンタインデーと同じく日本の商業主義に乗っかって広まった
およそ根拠の怪しいキャッチフレーズは今も素晴らしい効力を持つらしく、
この天候不安定な時節に、結婚式場は今日も大盛況なのである。

週末など、定点観測を決め込んでベンチに陣取り眺めていると、
着飾った老若男女の一団が分単位で入れ替わり立ち代わりやってきて、
なかなか楽しい時間を過ごすことができる。
最近のウェディングドレスの流行だけでなく
お呼ばれされた側のフォーマルウェアのあれこれを眺めたり
新郎新婦の年代や年齢差や招待客の顔ぶれなどから
勝手にあれこれ想像してみたり。
いわば野次馬根性丸出しなわけであまり趣味がいいとは言えないが
あちらもわざわざ衆目を集める出入り自由のガーデンウェディングを
選択しているので、これぐらいは許されるだろう。

ちなみに、ここの式場はそこそこ格式が高い場所とされていて、
言われてみればそれなりの階層の人々が集まっているようにも見える。
ということは、今どき政略結婚とまでは言わずとも、
もしやお家同士の訳有り結婚なんかもあったりして?
などと思うと、ますます妄想の翼は広がるのであった・・。

今日の絵本は、そんな季節にたまたま出逢った、
村と村とを仲直りさせた、まさにワケ有り結婚のお話。

およそ神話や伝説や伝承民話というものは、
前時代的な価値観だとか根拠の怪しい慣習だとかに基づいた話故に
ストーリー展開が荒唐無稽で辻褄が合わないことが多いのに、
どうしてこんなに人の心を惹き付けるのだろう。
今回とりあげるこの「ワニのお嫁さんとハチドリのお嫁さん」は
現地の言い伝えなどから着想を得てはいるものの、
日本人の作家さんが創作された物語とのこと。
でもその内容は、ハッピーエンドにも関わらず、
そこに至るまでの展開に微妙に古い価値観が見え隠れしていたりして、
突っ込みどころ満載、という意味でも伝承民話的な面白みがあり、
物語絵本としての強い魅力に溢れている。
何より、メキシコの明るい陽光や美しい自然を彷彿とさせる
生命力溢れる鮮やかな色彩に彩られた挿絵が素晴らしく、
隅々まで眺めていたくなる素敵な絵本なのだ。

作者のあとがきによると、毎年6月最後の三日間、現地の村では
この物語のベースとなったウワベ族とチョンタル族の停戦協定にちなんで、
実際に生きたワニと人間の男性が村の教会で結婚式を挙げるという
お祭り?というか伝統行事が行われているという。
村人が代わる代わる、口をしっかりリボンで縛られたワニの花嫁を
抱いて踊るというその光景は、想像するだけで何ともスリリングで、
ドキドキするような不思議な異国情緒を沸き立たせる。

何とかその画像が見当たらないかと、舞台として名前の挙がっている
Oaxaca市やHuamelula村などのキーワードで画像検索してみたが、
残念ながら私にはそれと思しき画像を見つけることが出来なかった。
が、代わりに色彩の洪水のように目に飛び込んで来た
メキシコの華やかなお祭り画像の数々に圧倒され、
彼の地の熱気と花々の強い芳香を感じたように思った。
そして今夜私は再び、この絵本を開き、
遠い異国の風土を感じさせる魅力的な挿絵を眺めつつ、
今年も間もなく行われるであろう、
その不思議なお祭りに思いを馳せてみるのだった。

↓お気に召しましたら、クリックで更新励ましの一票を!!↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by えほんうるふ at 17:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | うっとりする絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ときどきおじゃましています。
メキシコ/ワニ/結婚で検索かけたら
いくつかニュースサイトで記事が引っかかりましたよ。
あまりきちんとした画像は無い感じですが
よろしかったらご参考までに。
Posted by HFV at 2014年09月17日 12:58
>HFVさん

こんにちは。オトナノトモへようこそ。
ブログにコメント頂くなんて久々です。嬉しいです。

なるほど、そのキーワードで早速検索してみたら
まさにこの絵本の通り、豊漁祈念のお祭りで
そこの自治体の長の花嫁となったドレス姿(?)
のワニが見られました。
可愛い!と言っていいのか?案の定のミスマッチ感ですが
そこがまたファンタジーらしくて楽しいですね。
情報感謝です.ありがとうございました!
Posted by えほんうるふ at 2014年09月18日 06:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400425337

この記事へのトラックバック