2014年01月21日

思いつくだけなら猿でも出来る

おもいついたらそのときに!おもいついたら そのときに!
西内 ミナミ作  にしまき かやこ 画

こぐま社 1983-11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私は何事も長続きしない性格で、幼い頃から続けて来た習い事なんてものが何一つない。
それなのに、ほんの思いつきで始めたこのブログが今年の3月に開設から9年目を迎えることに気がついて、我ながら驚愕している。
あえて自分にノルマを課さず「書くことを探さず、書きたくなったら書く」をモットーに、
ダラダラ月1回ペースでやってきたのが良かったのだろうか。
気がつけばなんと来年は十周年である。まさかの事態だ。
一年前倒しして盛大に祝いたいぐらいだが、そこはやはりここまで来たらあと一年、
こんな私でも何かを十年継続できた証とすべく地道にダラダラと行こうではないか。

開設時から今まで読み続けてくれている読者なんて、いるのかしら。
もしいらっしゃいましたら、どうぞあと一年耐えてみて下さい。
来年の3月、ご愛読十周年記念に私のサイン入り生写真でも差し上げましょう。

さて、思えば私にはもう一つ、このブログ以上に長く続けていることがあった。
それが、日記である。
ネット上のものではなく、いわゆる昔ながらの、ノートに手書きの日記。
それを私は、子どもの頃から現在に至るまで書き続けているのである。
一番古いのは小学校高学年時代のもので、近所のファンシーショップ
(という営業形態は、絶滅したのだろうか)で買ったファンシーなノートに、
マセガキのファンシーな戯れ言がファンシーな字体で書き連ねてあるという、
存在を思い出す度に身の毛がよだつ代物である。
が、折角思い出したので敢えてここでその冒頭を公開するという
羞恥プレイに挑んでみよう。

「昭和57年12月2日
やっと今日から日記が書ける。
たった一人で、嫌なこともよかったことも、この中におしこむんだ。
そうだ、このノート大大親友にしか見せないことにしよっと。
エヘ、おなか、ぐぅ〜なんていってる。」


ぐぬぬ・・・我ながら想像以上のポエマーぶりに、公開はこれが限界である(汗)。
自分がいつか不慮の事故で死んだりして、まかり間違ってこの続きが
ネットで公開なんぞされようものなら、私はとてもじゃないが成仏出来ないであろう。
さて、いつどうやって安全に処分したものか・・。

話が逸れた。
そもそも日記の話を持ち出したのは、今日のお題絵本に関係があるからである。
今日の絵本「おもいついたら そのときに!」は、ぶっ飛んだ内容に元気が出る
新年にぴったりの絵本で、過去にも拙ブログで取り上げているので、
内容に即したレビューはこちらをご参照いただけたらと思う。
今回は、その過去ログを自分で読み返していて、感じたことを書いておこう。

ぶっちゃけ、それはまるで昨日書いた文章のようだった。つまり、
当時から全く進歩していない自分の成長の無さを思い知らされたのだった。
というのもこの正月、愛用の石原出版社謹製10年日記(通算3冊目)の年頭頁に
今年の抱負を記そうとした私は、ふと前頁を読み返し、そこに箇条書きにされた
去年の抱負がほとんど全滅に近い達成率であることに気づいて愕然とした。
そしてあれこれ考えあぐねた末に、結局2年連続で同じ抱負を書いたのである。

そして目標とは別にこれまた毎年この頁に記すことにしている「今年の心がけ」
もまた、ほぼ内容を更新すること無くそのまま今年も引き継がれることになった。
そのうちの一つが、ここ数年毎年書いている、
「雑用はその場ですぐ処理して、後回しにしない」なのだ。
まさに思いついたらその時に!どころか、まず思い立て!というレベルの低さである。

果たして私は来年の年頭頁に、恒例のなし崩しの継続案件ではなく、
新たな目標を打ち立てることができるのだろうか。
そうだ、それこそ来年の目標とすべく、今年の頁に一筆書き加えておくことにしよう。
「せっかく思いついたことを、一つでもやり遂げること」と。


ちなみに去年私が日記に記した新年の抱負の中で、
唯一達成出来た目標とは、「月1回の大人絵本会継続開催」であった。
これは本人の努力の結果というより、ひとえに参加者の皆さんの支えの賜物である。
今年も感謝の気持ちと共に、この希有な大人の時間を重ねて行きたいと思っている。
大人絵本会ご愛顧の皆様、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

↓お気に召しましたら、クリックで更新励ましの一票を!!↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
【身につまされる絵本の過去ログ】
posted by えほんうるふ at 19:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | 身につまされる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい!
黒歴史を曝すなんて!w

「今年の目標」なんて心の中にしか書かない私は、検証できないが故に「なんとなく達成?」で毎年レベルアップ(したと思い込んでいる)ですよ。

そうそう。大人絵本会ではつぶやき損ねたことを思い出したのでここに書いておきます。
Twitterは書き込みし易いツールなので、思いついたプロットやシーン、セリフなどついつい呟いてしまうんですよね。すると、それで満足してしまって、作品を書くモチベーションやネタにつながっていかなくなりやすいって実感を持ったんです。
ジョジョの奇妙な冒険で有名な荒木飛呂彦先生が、メインで描いているジョジョが薄くならないよう、短編などはあまり描かず、思いついたことはメイン用にとっておくんだ、ということを以前おっしゃってまして。まさにそれだなぁ、と。
思いついたらすぐにツイートしていたことによる暗黒面というか弊害というか。だけど、イベントなんかは思いついたら即のスタンスのままでいいかなとも感じてはいます。
だから、「そういう人」と「そうじゃない人」って分け方をしたけれど、本当は「そういうとき」と「そうじゃないとき」なのかもなぁって。
みんな心に、このおばあさんと三年寝太郎とを住まわせておくべきなのかもしれません。
Posted by パンダ番長 at 2014年01月28日 08:18
>パンダ番長さん

黒歴史w まあ私の本当の黒歴史はこんな可愛いもんじゃないですからww

それより、わざわざこちらにコメントありがとうございました。
確かに、ツイッターで呟かれるよりこちらに書き込まれるのに相応しい内容で、
読ませて頂いてとても嬉しかったです。

私はツイッターの気軽さ自由さがとても気に入っていますが、
確かに文章をあの形態で書くことに慣れ過ぎてしまうと
それ以上の長文を書くモチベーションが失せる気がします。

それもあって、私はいつも大人絵本会のお題のレビューを
必ず開催前にこのブログに書き記すようにしているのです。
大人絵本会ではいつも、色んな方の意見に触れることが出来、
たくさんの気づきと共に視野が広がるのですが、
逆にもともと自分が感じていた作品に対する思い入れや
コダワリのようなものが、灰汁を抜かれるというか、
薄まってしまうような気がするのです。
ましてそれを下手に呟いてしまうと、
もう書く気がなくなってしまいそうで(笑)。

はっきり言って自分の中だけのコダワリであり
単なる自己満足なのですが、
まあ、分かってくれる人も一人二人はいるかしらと。
パンダさんがその貴重な読者のお一人だったら、嬉しいな。
今後もどうぞ、よろしくおつき合いくださいませ。


Posted by えほんうるふ at 2014年01月28日 21:58
こんなブロクを書いていらしたとは驚きました。
リズム良くツルツルと読めてしまう文章で、
エッセイストのようですね。

多彩な人とは感じていましたが、予想を遥かに超えていました。
自分の文章を読まれるのが恥ずかしいな。
(^_^;)
Posted by ハヤシ at 2014年02月01日 20:14
>ハヤシさん

うわー、ハヤシさんにこんなところまで足を伸ばされるとは(^^;)
しかもよりによっていきなりこのエントリーを読まれるとは(大汗)
思い立ったらその時に!とばかりにカミングアウトしてしまった自分が
少々悔やまれます・・。

でも好き勝手に素の自分を出せるこういう場があることで、
私の精神衛生はなんとか保たれているわけです。
たまたま昨夜はSNSの匿名性の危うさが話題にも上りましたが、
それでも自分から明かさない限り身近な人にもバレないこともある、
という一つの例にもなったかと思います。
お互い上手に利用して貴重な毎日をより心豊かに過ごしたいものです、ねっ♪


Posted by えほんうるふ at 2014年02月01日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385761373

この記事へのトラックバック