2005年05月18日

上司に恵まれない貴方へ捧げる一冊

009975200XJohn Patrick Norman McHennessy (RED FOX PICTURE BOOKS)
John Burningham
Red Fox 1990-08-16

by G-Tools

john.jpgいつもちこくのおとこのこ―ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー
谷川 俊太郎
あかね書房 1988-09

by G-Tools


尼崎のJR福知山線脱線事故から3週間が過ぎた。
今回の不幸な大事故の原因は色々と取り沙汰されているが、私のような門外漢から見ても、顧客と従業員の安全を無視したJR西日本の無神経な企業体質に大きな要因があったことは間違いないように思える。
特にミスをした運転士に課されるという「日勤教育」について、その内情がマスコミに暴露され、批判が高まっている。そこで強制される指導の具体的な内容は、起こしてしまったミスの
再発防止というより、運転士個人への罪悪感のすり込みとしか思えないような、後ろ向きな懲罰であったようだ。
このような本人に屈辱的な罰を与えることで反省を促すという封建的な社員教育が、平然と現在も日本の大企業で行われているということに驚く。
こんなやり方で、人が育つとは思えない。むしろ精神的苦痛で本人の向上意欲を奪い、正常な価値判断を見失わせるいじめの部類だと私は思う。

事故後の対応でさらに馬鹿さ加減を晒しているJR西日本の経営陣を見る限り、これほどの大きな代償を払ってもなお、抜本的な企業体質の変革へ向かう姿勢が感じられず、残された遺族の方々や負傷者の方々は怒りや悔しさはいかばかりかと案じられる。
犠牲者の方々のご冥福を心からお祈りする。


同じ反省文を何度も書かされるという罰で思い出したのがこの絵本。
向学心に燃える真面目な少年ジョンは、世も明け切らぬうちから学校へ向かうのだが、いつも途中で思いも寄らない災難にあい遅刻してしまう。
妙に巨大で怪物じみた風貌の彼の教師は、授業に遅れた理由をありのままに説明するジョンを全く信じようとせず、すぐさま(むしろ嬉しそうに)遅刻の罰としてジョンに自分を否定する反省文を300回書けと命じる。
言われたとおりに居残りで「もううそはつきません」と300回書いたジョンは再び急いで授業に向かうのだが、またしても信じがたい不慮の事故や天災に巻き込まれてしまう。
為すすべもなく遅刻を繰り返しては事情を説明するジョンに対し、教師は不運な生徒をいたわるどころか怒髪天をつく勢いで怒りちらし、その度に壁に向かって大声で反省文を400回唱えろだの、部屋にとじこめて反省文を500回書けだのと無意味な懲罰を宣告し、挙げ句は体罰を予告して従順な生徒を脅迫するのである。
ところが、ようやくジョンが遅刻をせずに教室に辿り着くと・・。
あとは読んでのお楽しみ!さすがにこの絵本はネタをバラしてはつまらない。

教師のイジメにもめげず淡々と懲罰をこなし、ひたすら目的に向かって道を急ぐジョン少年は、見かけに寄らず不屈の精神の持ち主のようだ。
それだけに、絵本の見返し一面に印刷された拙い反省文の羅列が泣かせる。

突飛な発想とどことなく殺伐とした画風がマッチしたJ・バーニンガムらしい絵本で、邦訳版も谷川俊太郎氏の訳による淡々とした文章が味わい深い一冊だ。



【溜飲が下がる絵本の過去ログ】
posted by えほんうるふ at 02:14 | Comment(8) | TrackBack(2) | 溜飲が下がる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「落ち葉のささやき」からこちらのHPにお邪魔させていただきました。LuaLuaと申します。私は絵本では、モーリス・センダックが大好きです。大人になり。最近、絵本熱が再燃、もっとはまろうと、ネット等を放浪などしております。(自分の母とふたりで「落ち葉の〜」をちょくちょくのぞいています。)こちらもたくさんの絵本が紹介されていて、読むのがたのしみであります。これから、ゆっくり読ませていただきます。よろしく御願い致します。
Posted by LuaLua at 2005年05月19日 11:17
LuaLuaさん、こんばんは。
オトナノトモへようこそ!

センダックは、私も大好きな絵本作家の一人で、こちらのブログで既に紹介している「かいじゅうたちのいるところ」の他にもお気に入りがたくさんあります。
特に、センダックの描く擬人化された動物が好きで、「こぐまのくまくん」シリーズや、「うさぎさんてつだってほしいの」のうさぎさんは私にはとても魅力的です。
それでは、どうぞまた遊びにいらしてくださいね。
Posted by えほんうるふ at 2005年05月19日 23:51
いつも「オトナノトモ」楽しみにしていますが、今回大好きなバーニンガムの一冊が取り上げられてとても嬉しくなってしまいました♪

子どもが見えているものが、凝り固まった大人には見えない、あるはずがない、と片付けられてしまうという物語の展開がラストで…というのがとても面白いです。あの反省文があるからこそのあの結末。えほんうるふさんの紹介「上司に恵まれない貴方へ」というタイトル、JRの事故との関連とで興味深い紹介記事でした。今後もどんな本が紹介されるのか、楽しみです。
Posted by kmy at 2005年05月20日 11:12
kmyさん、こんばんは。
いつも読んでくださってありがとうございます。

> 子どもが見えているものが、凝り固まった大人には見えない

確かにそういうことはあるでしょうね。あと、子供の感受性からすると
大事件なのに、大人にはたいしたことではないとか。
何の変哲もない平凡な毎日も、子供にとってはどんなにか感動と冒険の連続かと
思うと、うらやましいような気がします。
これぞまさにセンス・オブ・ワンダー。私達も、失いたくない感覚ですね。

ブログ始められたんですね。後ほどゆっくりお伺いします♪
Posted by えほんうるふ at 2005年05月21日 02:07
 わたしにトラックバックの知識がないことが原因で、すこし騒ぎを起こしたようで、すみませんでした。
 実に簡単な手続きでできたのですね。(本当にうまくいったかどうかはまだ私にはわかっていませんが)
 その1 の方に打ちましたが、これでも、よかったのでしょうか。
Posted by mitleben at 2005年05月28日 08:02
mitlebenさん、こんにちは。
再トラックバックありがとうございました!これでばっちりです。以前頂いたトラックバックは不要になりましたので削除させて頂きました。

>すこし騒ぎを起こしたようで、

とんでもないです。お陰様でトラックバックについてブログ読者の皆さんと有意義な討議ができ、感謝しています。
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by えほんうるふ at 2005年05月28日 08:52
こんにちは!えほんうるふさん。
空です。
私もこの絵本を出しましたのでトラックバックさせてもらいました。

この記事を読んで、どうしても読んでみたくて図書館で借りて読みました。とても面白かったです。この絵本を紹介してくれてありがとうございました。とお礼が言いたいくらい(笑)

他にも「あかいはな・・・」も「ぼうしをかぶった・・」も読みました。どちらも面白かったですよ。また見に来ますね。

Posted by at 2005年10月02日 16:15
>空さん

空さんに喜んでもらえて光栄です。なかなか痛快なラストだったでしょう?
作品から想像して、私はバーニンガム氏を「心優しきニヒリスト」と勝手に呼んでいます。きっと彼も、私の憧れる上質な変人なのでしょう。
Posted by えほんうるふ at 2005年10月03日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3715648

この記事へのトラックバック

いつもちこくのおとこのこ その1
Excerpt:  『いつもちこくのおとこのこージョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー』   
Weblog: 落葉のささやき
Tracked: 2005-05-28 07:50

子ども言うことは嘘?〜いつもちこくのおとこのこージョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー
Excerpt: ふ〜、今「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を読んでます。う〜ん、いらいらして、あまり先に進まないですね〜。今やっと上巻を読み終えたところです。何でこんなにいじめられるのかなぁ、ハリーは。ホグワーツは..
Weblog: 絵本でほっとタイム♪
Tracked: 2005-10-02 15:34