2012年12月19日

サンタに学ぶ「叱らない育児」

子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
文・佐々木 たづ 絵・三好 碩也

ポプラ社 1970-02

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私にとって絵本はあくまでも娯楽であり、
たとえ子供にそれを読み聞かせているときでさえ
育児という目的ではなくそのの合間の息抜きだと思っている。
だから絵本をしつけや教育の目的で読んだり読み聞かせたりしたことはないのだが、
何気なく読んだ絵本から親として何かを学ぶことは多々ある。

今日の絵本、「子うさぎましろのお話」の主人公ましろは、
幼く無邪気でちょっとやんちゃなうさぎの男の子だ。

ましろは、サンタさんから真っ先にプレゼントをもらったにも関わらず、
何とかもう一度プレゼントをもらおうと、別のうさぎの子になりすますことを思いつく。
そして、白い自分のからだに囲炉裏の炭をこすりつけて黒くすると、
大仕事を終えた帰り道のサンタのおじさんに声をかける。

「おじいさん、ぼくにも クリスマスのおくりもの ちょうだい。」

果たして、サンタクロースはすぐにそれがましろだと見破って、

「おまえは、白ウサギの子の”ましろ”だね。」

とあっさり断言する。
が、ここでめげずにしらばっくれるましろが可愛い。

「ううん、ちがう。べつの うさぎの子。ほうら、こんなに くろいところが あるよ。」

と言って、炭で黒くした自分の体を指さすのである。

さて、ここで私なら間違いなく「アホか!騙されるわけねーだろ!!」
・・とは言わないまでも、
あーはいはい、黒くしてみたのねー、でもバレバレですから。はい残念ねー。
てな感じでちゃんちゃん、と終わらせてしまうのだが、
そこはさすがサンタクロースのおやじさん、器が違う。
全く動じることなく、そうか、そうかと騙されてやるのだ。

もしかするとサンタの職業柄、こんなことは日常茶飯事でもう慣れっこなのかも知れない。
同じようなことを考える悪ガキは世界中にゴマンといるだろうし・・・。
それにしてもこの余裕っぷりは素晴らしい。

そうやって大人が騙されてやると、子どもは図に乗って本当に悪い子になるかというと、
そうではないらしい。
むしろ、嘘を信じてもらえたことで、幼いながらに良心の呵責に悩むのだ。
そうして、自分がしてしまったことへの恐れや後悔でその小さな心を痛めながら、
少しずつ少しずつ、失敗から学んで大人になっていく。
それは、大人に疑われ、叱りつけられてムリヤリ反省させられるより、
なんと自然で、確かな学びだろうか。

クリスマスの日に、無邪気な思いつきから怖い思いをしたましろは、
ささやかな購いを経て、少しだけ大人になった。
そして、どこまでも優しいサンタさんと神様から、素敵なプレゼントを受け取るのだ。

読んでいる方もホッとして、さらにワクワクと嬉しくなる、映画のような展開が見事だ。
木立の中で光り輝くもみの木や、清らかな鐘の音が今にも聞こえてきそうな豊かな文章表現が、
盲目の作者によるものと知ったときには、静かな感動を覚えたものだ。
聖なる夜に、全ての子どもとその親たちに、プレゼントしたい絵本だと思う。

↓お気に召しましたら、是非ご投票ください↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

posted by えほんうるふ at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大事なことを教わる絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック