2005年04月07日

さすらいのらいおんの男気に泣く

ラチとらいおん
マレーク・ベロニカ
福音館書店 1965-07


by G-Tools

世界中で一番弱虫の引きこもり少年ラチ。そんな彼のもとへ、ある日突然憧れのライオンがやってくる。しかしそれは、ラチが思い描いていた強くてカッコイイ獅子とはえらくギャップのある、ちっこくてやたらカワイイ「らいおん」であった。
このライオンの登場の仕方が素敵だ。カメラをパンするといきなりそこにいる、というお約束のパターンなのだが、カワイイ顔して花なんかくわえちゃって、どうせならアコギも抱えていて欲しいぐらいだ。
そしてらいおんトレーナーのラチ少年強化訓練が始まる。いったい何をするのかとページをめくれば、謎の体操である。
こんなことして強くなれるわけがない。おちょくってんのか。
でもあまりにもカワイイので許す。
トレーニングの甲斐あって、やがてラチは強くて勇気のある男の子になる。だが、ラチが礼を言おうと思ったその時にはもう、らいおんの姿はない。
この引き際の鮮やかさはすごい。コドモ読者にはちょっと酷な展開か?とすら思う。
でもこの時ラチがみせる涙は甘えや感傷の涙ではなく、男の涙である。これに思わずもらい泣きしてしまう。
どこからともなく現れては、情けない腰抜け男子を立派な男に育て上げ、さりげなく去っていくさすらいのメンター、らいおん。
惚れます。全国の気弱な男子に捧げたい絵本である。

ところでこの絵本は色使いのセンスがまたいい。真っ白な背景が引き立つシンプルな絵がオシャレだ。
ただ、ラチが着ている全身ニット?みたいな服はなんなのか。
作者のマレーク・ベロニカ氏はハンガリー出身だが、かの地ではポピュラーなこども服なのだろうか。ベビー服のようにも見えるし、いったいどうやって着るんだろうとか見るたびに気になって仕方がない。
しかし何度も読み返すうちに、むしろこの服こそが弱虫ラチの特徴を端的にあらわしているような気がしてきた。ここでまた、作者のセンスに脱帽なのである。
  

【この絵本に関するお気に入りあれこれ】
・つやつやビジョンBLOG/つやつやリーダーさんのアナタも惚れる!謎の体操GIFアニメ
・ポチッとな!/りょうじさんのこれぞ最強!ママの手作りらいおん
・瞬刊★差楽部/dekayocchiさんのポケットの中のらいおん
・絵本と子どもの本が好き!/hirobonさんの少年の日の通り道・・
posted by えほんうるふ at 00:48 | Comment(15) | TrackBack(7) | 泣ける絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。
この「らいおん」はホントにさすらいという感じですよね。
アコギ似合います!さいこー!

思うにラチが着ている全身タイツのようなのは、
子供用のパジャマかなんかではないかと。。。
Posted by じゅん at 2005年04月08日 09:57
じゅんさん、オトナノトモへようこそ!
アコギと共に「ちゃら〜ん♪」と現れる、
そんな感じですよね。
そしてラチの謎の服。見るたびにどうやって
トイレに行くんだろうと思ってしまいます・・
Posted by えほんうるふ at 2005年04月08日 18:39
はじめまして!Seiと申します。
こちらの記事にTBさせていただきました♪

さすらいのらいおん!カッコいい!
男たちの友情(?)美しい!

ラチの服、私の中では赤ちゃんのカバーオールみたいなイメージでした。
股下に、ボタンが付いているような。。
でもよく考えると、それじゃダサすぎですねー^^;
やっぱり、謎だ。。
Posted by Sei at 2005年04月10日 21:38
Seiさん、オトナノトモへようこそ♪
コメント&TBサンキューです。
ラチの服、やっぱりベビー服っぽいですよね。
甘えんぼキャラを体現してるのかなーなんて
勝手に深読みしてたんですが。
でも、あんな格好のパイロットはイヤだ(^^;)
Posted by えほんうるふ at 2005年04月11日 11:57
ネットをふらふら散歩していてたどり着きました。
『ラチとらいおん」いいですよねえ。
あのカバーオールみたいな服ですけど、私もパジャマ説に一票。
外国の子供服カタログを見てたら、けっこう大きな子向けでもこの形のパジャマが載ってましたよ。
Posted by akane at 2005年04月18日 23:59
akaneさん、オトナノトモへようこそ♪
おお、やはりパジャマですか。そういえば昔うちにもハナアンダーソンのあんな感じの謎の服がありました。けっこうオムツが替えづらいのよね・・。
しかしパジャマで外へ出るのは感心せんな。らいおんよ、体操教えるよりそっちが先だろう(^^;)

あ、akaneさんの日記にTBさせてもらいました!
Posted by えほんうるふ at 2005年04月19日 00:44
えほんうるふさん、TBありがとうございました。

それと、前言撤回。
書き込んだあとで(でも、パジャマは普通の着てたよなあ)と思い出しました。
よく見るとニットっぽいです、この服。
なんかじかじかしそう。
ママの手編みですかねえ。
作者に聞きたかったなあ。
つい最近、来日していたみたいだし。
Posted by at 2005年04月19日 08:26
やっぱり後半のラチの涙は印象的ですよね。
先日久しぶりにこの絵本を読み聞かせてみました。
小6の長男はラチではなく、らいおんに感情移入して聞いている様子でした。
数年前はラチそのものだった長男です。
Posted by りょうじ at 2005年04月19日 23:40
らいおんに感情移入できるなんてカッコイイ!
将来いい男になりそうですねー♪
Posted by えほんうるふ at 2005年04月21日 00:58
えほんうるふさん、こんにちわ!
久々にTBさせていただきました。
可愛いいでたちのくせに、我が輩ことばのらいおん。
おしゃれな絵本とは侮るなかれの、
男たるはを知る、粋な一冊ですよね!
Posted by hirobon at 2005年08月09日 01:16
>hirobonさん

こんばんは。そうそう、可愛いくせにカッコイイなんて、「やられたー!」って感じですよ。ほんとにね、このらいおんを必要としている小さな子はたくさんいると思います。実際に作ってあげちゃったお母さんもいます。ここにコメントをつけてくれているりょうじさんもその一人。すごく可愛い画像もあるのでぜひご覧になってみて下さいね。
Posted by えほんうるふ at 2005年08月10日 00:08
はじめまして。
いきなりですが、トラックバックさせていただきました。
えほんうるふさんの文章、とてもおもしろいです。また、ちょくちょくお邪魔します。
Posted by matsurika at 2005年08月18日 12:50
>matsurikaさん

はじめまして。ようこそオトナノトモへ!

この絵本は現役のコドモたちにはもちろん、元・コドモにも根強い人気がありますね。
こちらからもまた、そちらのブログへお邪魔させて頂きます。

Posted by えほんうるふ at 2005年08月19日 22:49
コメント&TBどうもでした。

らいおんくんのカワイイ外見で、
うっかりしていましたが、
男気がジ〜ンと胸にくるんですね。
さすらいのらいおんくん、かっこよすぎ!

ぜひらいおんくんに、謎の体操を教えていただきたいっ。
Posted by つやつやリーダー at 2006年03月27日 10:54
>つやつやリーダーさん

そうそう、彼はかわいいだけじゃない骨のある奴なのです!

でもあのルックスで「よし!おまえを鍛えてやる!いくぞ!」とか言ってあのクネクネをされたら、私はもうダメですね、おちます(笑)
Posted by えほんうるふ at 2006年03月27日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ポケットの中のライオン
Excerpt: ラチとライオンっていうハンガリーの絵本がある。 ラチという弱虫の子供のもとに小さな赤いライオンが現れて、勇気を与えるというストーリーだ。 ライオンはラチに色々と精神的、肉体的に強くなる術を教える..
Weblog: 瞬刊★差楽部
Tracked: 2005-04-07 10:46

ラチとらいおん
Excerpt: ラチとらいおん福音館書店1965-07by G-Toolsとっても泣き虫で弱虫なラチのところに、ちいさな赤いらいおんが現れる。らいおんはラチが強くなる為にたいそうを教えたり、いつでもポケットに入って心..
Weblog: メロンソーダの泡 ehon館.。〇 
Tracked: 2005-04-10 21:39

「ラチとらいおん」(マレーク・ベロニカ)
Excerpt: ラチは、世界中で一番弱虫の男の子。犬を見ると逃げ出すし、暗い部屋にも入れません。友だちに仲間はずれにされて泣いたりします。そんな彼のもとに、ある日小さくて赤いライオンが現れます。「ぼくにはらいおんがつ..
Weblog: *akane*の毎日
Tracked: 2005-04-19 08:28

「ラチとらいおん」
Excerpt: マレーク=ベロニカ 作 徳永 康元 訳 福音館書店 1965年 ぼくは子どものころ夜が怖くて、習い事の帰り道も、真夜中のトイレも、 口笛を吹きながら、怖くないさと早足で駆けていました。 雑..
Weblog: 絵本と子どもの本が好き!
Tracked: 2005-08-09 01:05

ラチとらいおん
Excerpt: ラチとらいおんマレーク・ベロニカ(著) とくながやすもと(翻訳)まず最初にご紹介したいのは、これ。マレーク・ベロニカというハンガリーの作家の作品です。まず絵についてですが、懐かしい雰囲気の絵柄と、微妙..
Weblog: ラ チ と ら 絵 本 館 *
Tracked: 2005-08-18 12:44

『ラチとらいおん』 かわいいグッズが登場!
Excerpt: 長男が通っている絵の教室で使っているえのぐを補充しに、ホームセンターの2階にあるとても大きな文房具売場に行ったところ、とってもかわいいノートをみつけました! なんとあの『ラチとらいおん』のもの..
Weblog: 月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ
Tracked: 2005-11-25 15:48

★★★ラチとらいおん(おはなし)
Excerpt: ラチとらいおん ぶん・え:マレーク・ベロニカ やく:とくながやすもと / 福音館書店 《ラチとらいおん の内容紹介》 勇気を出したいのに出ない時、これを読むと勇気と 元気がで..
Weblog: Enjoy! 読み聞かせ@えほん
Tracked: 2006-09-10 23:17