2005年03月26日

もっともっとこわ〜い夢とは

リサのこわいゆめ
アン グットマン Ann Gutman Georg Hallensleben 石津 ちひろ
ブロンズ新社 2001-09


by G-Tools

いつも減らず口を叩いてばかりで小生意気な
印象の強いリサだが、この本では珍しく弱気に
なって子供らしく空想の産物を恐がっている。
案の定、こわいこわいと思うほどより恐ろしげな
妄想が膨らんでいくのだが、この妄想の中身が
リサらしく、ニヤリとさせられる。
親友のガスパールに怖い夢のことを打ち明け
「泊まりに行ってあげようか」なんて優しい
言葉をかけられる。が、その夜リサは、
「まえよりも もっともっと こわ〜い」
夢を見てしまうのだ。
さて、その夢の内容を表す一枚の挿絵は
無表情なキャラクターならではの味があり、
不覚にも読み聞かせ中に爆笑してしまった。

何食わぬ顔でボケをかまして読者のツッコミを
待ち受けているような、作者夫妻の粋な仕掛け
に満ちているリサとガスパールシリーズは
「おとなのとも」にふさわしいと思える。


posted by えほんうるふ at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(2) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リサとガスパール展、今日から東京で
Excerpt: 昨年関西でやっていた原画展が東京で。
Weblog: パリノルールblog
Tracked: 2005-04-13 14:54

★★★リサのこわいゆめ(おはなし)
Excerpt: リサのこわいゆめ ぶん:アン・グッドマン え:ゲオルグ・ハレンスレーベン やく:石津ちひろ / ブロンズ新社 《リサのこわいゆめ の内容紹介》 怖い夢を見たことのない人・・は、..
Weblog: Enjoy! 読み聞かせ@えほん
Tracked: 2006-09-10 23:19