2005年03月25日

あげどんべんとうはプリン付き

こんとあき
林 明子
福音館書店 1989-06


by G-Tools


きつねのぬいぐるみ「こん」と妹分の人間の子「あき」のロードムービー風ストーリー。
 
「リサとガスパール」もそうだが、あきらかに人間でないものがごく普通に人間の生活にとけ込んで行動しているという設定は幼児絵本ならではで、アタマの柔らかいコドモは別に不思議にも思わないようだが、オトナにはむしろこの微妙な違和感が面白かったりする。
しかもこの絵本では、あきが林明子氏お得意の表情豊かな人物描写で描かれた生き生きとした人間の子であるのに対し、こんは服こそ着ているものの擬人化されていないぬいぐるみそのもので、縫い目もくっきり、目もいかにもガラス玉で妙に無機質と、あえて対照的に描かれているような気がする。

ところでこのこん、ぬいぐるみのクセにやたら頼もしい。
「ぼくについてきて」なんて言ってどんどん列車に乗っちゃうし、余裕で弁当の買い出しにも行く。どんな時も冷静沈着で、たとえしっぽがドアに挟まれたって眉一つ動かさない。
さらに、突然の野犬の登場にもひるまず前に出てあきを守ろうとする。この男らしく毅然とした姿は友達と言うよりむしろ兄や父親を連想させる。(同じ話が五味太郎氏と小野明氏の対談「絵本をよみつづけてみる」で語られていた。こちらもたいへん面白いのでオススメ)
そう思って読み進んでいくと、海辺の夕暮れのシーンでは「負うた子に負われ」た状態のこんが、それでも力を振り絞ってあきを励まそうとする姿に涙を誘われる。

ホロっとさせたところで頼もしいお兄ちゃん(パパ?)のお茶目なところを見せ、場を和ませて流れよくエンディングへ、というのは良くできたホームドラマのようで、ストーリーテラーとしての林明子氏の才能が光る名作である。
 

posted by えほんうるふ at 15:38 | Comment(9) | TrackBack(3) | 切ない絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBどうも(*^_^*)
この本は海外でも翻訳されているそうですよね。
日本の絵本文化は素晴らしいといつも思います。
Posted by ルー at 2005年03月27日 20:00
先日はTB&コメントありがとうございましたv
早くえほんうるふさんのブログにお邪魔したかったのですが、ここ数日なぜか忙しくかないませんでした<( ̄□ ̄;)>。
コメントしたい絵本記事がいろいろで悩みました。が、やはり林明子作品にコメントを頂いたからには、まずは「林明子返しで」と思い、私もダイスキな『こんとあき』にさせてTB&コメントさせて頂きます(古い記事にスミマセン)。
私も『リサとガスパール』シリーズを読みながら「絶対コヤツラ人形だよなー」と怪しんでいたので、えほんうるふさんのこの記事で確信できて、ちょっとコーフンしました。
また、「あげどんべんとう」ってこんとあきが食べていたお弁当のことでしょうか。うーん、ぷりん付のそんな名前のものとは、見逃していました。。。早速確認してみようっと。
これからもお邪魔させて頂くので、どうぞよろしくお願いしますー( ̄▽ ̄ )ノ。
Posted by スズモモ at 2005年09月21日 01:02
>スズモモさん

こんにちは!お越し頂き、とても嬉しいです!
「こんとあき」は本当に名作ですね。あきにいいところを見せようとちょっと無理してるこんがイイ。そのこんを信頼しきっているあきもカワイイ。
あげどんべんとうはかなり不思議な弁当ですがうまそうです。最初に見たときは「プ、プリン?!」と思いましたが、スプーンで食べてるし、きっとプリンなのでしょう。ふと思いついて「あげどんべんとう」でググッてみたらこんなものを見つけました。ちょっと嬉しい。
http://cookpad.com/patapon/index.cfm?Page=recipe&RecipeID=79314&Mode=full

ではまたどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。過去記事へのコメント・トラックバック大歓迎です!
Posted by えほんうるふ at 2005年09月22日 10:19
えほんうるふさん、こんばんわー( ̄∇ ̄)。
>過去記事へのコメント・トラックバック大歓迎です!
のコメントにすっかり大船に乗った気分に。
これからもコメントさせいただきますね。グフフフ。
さて、昨日早速、職場のえほんで「あげどんべんとう」を確認しました。
確かにおべんと売りの隣に「あげどんべんとう」の幟。やはり「プリン付き」、かわいいーv
しかしおべんとうのメインが何かわからない。親子丼、カツ丼、何かの卵とじのような(?_?)。
果たして「あげどん」とはなんぞやー。調べにゃー。
と燃え上がった矢先に届いたのが、えほんうるふさんの返コメント。
まさに神のオボシメシとしか思えませんでした。。。
(スズモモのブログへ続く)
Posted by スズモモ at 2005年09月23日 19:54
>スズモモさん、再び

「あげどんべんとう」の正体、びっくりだったでしょう? 私はてっきり「かき揚げ丼」の略だろうと思いこんでいたので、「あげ」の「丼」と知って、やられたーと思いました(笑)。
しかし、話題になった絵本をすぐに職場でチェックできるって素晴らしいですね。羨ましい〜。
Posted by えほんうるふ at 2005年09月24日 01:45
ほんと正体びっくりですね。えほんのあの小さな絵からはさすがに「あげ」入りとはわかりませんもの。えほんうるふさんから情報がいただけなければ一生謎のままでした。ありがとうございます( ̄∇ ̄)。
しかしすぐさま職場で確認できたのは、とてもラッキーだったんですよ。人気のえほんなので貸し出し中のことが多いんです。
Posted by スズモモ at 2005年09月26日 01:50
>スズモモさん、みたび

「こんとあき」私の近所の図書館でも貸し出し中が多いです。なかなか借りれないから買う、ということを繰り返しているといつの間にか我が家の本棚は名作揃いになるという…。
Posted by えほんうるふ at 2005年09月26日 06:29
メリークリスマス!
お久しぶりです。

こちらのブログにコメントを書きたいなと思いながらも、なかなか果たせないでいました。

この絵本、以前近所の本屋に何故か平積みになってまして、立ち読みしました。
不覚にも立ち読みで泣きそうになってしまいました(笑)。

サラッと描き流したようでいて、デッサンがしっかりとした美しい色合いの絵も素晴らしいと思います。
Posted by 偏屈王 at 2005年12月25日 17:41
>偏屈王さん

こんにちは!クリスマスはいかがでしたか?
偏屈王さんが「こんとあき」にコメントを下さるとは嬉しい驚きでした。しかも私と同じく「泣き反応」が出たとは…。

大御所絵本作家に「絵が上手すぎて、ずるい」とまで言わしめた林さんの絵は私も大好きです。いたいけなものを描かせたら林明子さんの右に出る者はいないのでは?と思います。
Posted by えほんうるふ at 2005年12月27日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2593591

この記事へのトラックバック

リサとガスパール展、今日から東京で
Excerpt: 愛知万博にはミッフィーがいるらしいですよ↓ しかもデカイ。
Weblog: パリノルールblog
Tracked: 2005-03-26 17:52

こんにラブ〜(v_v)
Excerpt:   今日は林明子の5作品を読んだ。 中でも私は「こんとあき」がだーいすき(>_<)だ。 「こん」は「あき」の成長を見守ってきた、きつねのぬいぐるみ。 あきがこんより大きくなっても、..
Weblog: 図書館員な女
Tracked: 2005-09-21 01:04

★★★こんとあき(おはなし)
Excerpt: こんとあき さく:林明子 / 福音館書店 《こんとあき の内容紹介》 子どもが親と離れての一人旅。 簡単に他人に頼ることができない状況下に子どもが置かれた 時、子どもの胸は痛..
Weblog: Enjoy! 読み聞かせ@えほん
Tracked: 2006-09-10 23:12