2005年03月25日

かおつきぱんの不敵な笑い

buta.jpgぶたぶたくんのおかいもの
土方 久功
福音館書店 1985-02


by G-Tools



この絵本がなかったら「オトナノトモ」は誕生しなかったかも知れない。それぐらい思い入れが強く、これから先もずっと、間違いなく私の生涯の絵本ベスト3に入るであろう一冊をご紹介しよう。
 
イキナリだが、主人公のぶたぶたくんは、ところ構わず四六時中、大声小声で「ぶたぶた ぶたぶた」とつぶやいているという、端から見たらかなり危ない人(豚)である。もうこれだけで私を夢中にさせるインパクトとしては充分なぐらいだが、この本のスゴイところは他の全ての登場人物もまた主人公に負けず劣らずハジケた個性を持っていて、読者をぐいぐいとシュールなぶたぶたくんワールドに引き込んでいくところにある。

なかでも特に強烈なキャラクターの持ち主は、パン屋のおじさんとやおやのおねえさんだ。
パン屋のおじさんは自らが南国のトーテムポールのような風貌で、薄ら笑いを浮かべて客に流し目を送る、世にも怪しい「かおつきぱん」を売っている。しかもこのオヤジ、木訥そうな顔をしてさりげなく客が買う品物の等級を勝手に決めてしまうかなり強気な商売人なのだ。ちなみに無邪気なぶたぶたくんは「上等」をもらってホクホクだが、いったい何をもってしてこのパンが上等なのか、非常に気になるところだ。
やおやのおねえさんに至っては、現れるなり八百屋なのになぜかスーツ姿で、こちらが不安になるほどの思い切った脱力ポーズで客を出迎える。しかしこの接客の基本をくつがえすアヤシイ佇まいにひるんだ客は、この後いきなり彼女の口から炸裂する怒濤の営業トークに度肝を抜かれることになるのだ。
まったく油断も隙もないスリリングな商店揃いの町である。
ちなみに超早口のやおやのおねえさんの次には、超スローモーな話術で客を自分のペースに引き込むお菓子屋のおばあさんが出てくる。せっかくなのでそれぞれのキャラになりきって読めばめりはりのある読み聞かせができるだけでなく、楽しい発声練習にもなり一石二鳥だ。

てなわけで絵も文もツッコミどころ満載のアヤシイ絵本なのだが、それでいて描かれている世界には、言葉の全く分からない国で妙に懐かしい響きの音楽に出会うような、不思議な心地よさが漂っている。
作者の土方氏は1900年生まれ。当然もう他界していらっしゃるのだが、若い頃は南国で彫刻を彫りつつ現地住民と生活を共にしていたと言うから、独特のエキゾチックな作風は年季の入った本場仕込みということだろうか。彼の作品には、自然の恵みに身をゆだねる未開の南国生活から身につけた、ヒトの力が及ばないものへの畏怖と親しみが込められているような気がしてならない。

文も個性的なら絵もどちらかというとカワイイというよりかなり不気味で、人によって好き嫌いが激しく別れる作風だが、ハマる人はどっぷりハマる。できれば、自分のブログもそうありたい(万人向けにモデレートした内容ではなく、初めて訪れた瞬間に好き嫌いが直感できるような場でありたい)と願っている私は、この絵本が好きだと言う人に出会うと妙に嬉しいのである。
出会ったときから数十年間を経ても、私にとってこの作品世界の濃さを超える絵本は見あたらない。無人島に1冊持って行くなら迷わずこの絵本を選ぶつもりだ。
(2005.10.16一部改訂)
 


【えほんうるふお気に入りの関連記事】
児童文学書評より、敬愛する児童文学評論家・赤木かん子さんによる個人的にかなり感激したレビュー
・ガチャピン撲滅委員会/桜小路トムさんの同志!人生のベストオブ絵本を語る

posted by えほんうるふ at 14:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 怪しい絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、この絵本の怪しさにどっぷりとハマってしまった1人です。本当に面白いし、何度読んでもまた読みたくなる。絵も、誰にも出せない独特の雰囲気がありますよね。えほんうるふさんの記事を読んで、作者の方の事まで知れて、よかったです。
私も、この絵本がベスト3に確実に入ります!
Posted by リエ at 2005年10月31日 21:38
>リエさん

本当に、この絵本はスゴイです。もっと世の中に知らしめたいような、秘密にしておきたいような(^^;)この味の分かる方は誰でも私のココロの友です。と勝手に思ってしまうぐらい、個性的な絵本ですよね。
Posted by えほんうるふ at 2005年11月01日 09:36
 これは記憶の片隅になんとなく引っかかっていた絵本のひとつです。“ぶたぶたくん”なんてふざけた名前なので、実はそれは現実には存在しなかったんじゃないか・・・などと自分でも疑わしく思っていたところでした。やっぱりちゃんとあったんですね。
 お菓子やのおばあさんのお話がスローーーーでジリジリしたぶたぶたくんが「ぼく、キャラメル」というシーンだけは何故か鮮明に覚えてました。
Posted by ぴぐもん at 2005年11月03日 17:30
>ぴぐもんさん

ふざけた名前なら、絵本の世界にはごろごろいますから(笑)。記憶の断片からでも情報を探し出せるインターネットはとても便利ですね。
あのおばあさんの登場シーンはですね、読み聞かせてると自分もかなりジリジリします。でも、そこをあえてゆーっくり読んで聞いている方をさらにジリジリさせるのが楽しいのです(笑)
Posted by えほんうるふ at 2005年11月05日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2592890

この記事へのトラックバック