2005年03月25日

活字中毒のオトナたちへ。

毎晩子供が寝る前に絵本を読んでやりながら、ふと読み手の自分がデジャブに囚われて呆然としてしまったり、ストーリーの本筋とは離れたところがいたく気に入ってしまったり、内心あれこれと作者にツッコミを入れたくなったことはないだろうか。

絵本の世界を純粋に楽しんでいる子供の気持ちを邪魔したくはないが、この気持ち、なんとか誰かと共有したい!! 
そんな思いからつくってみたのがこのブログである。

世の中、絵本を紹介するメディアは星の数ほどあれど、その多くは子供向けの絵本を子供向けに清く正しくオススメしているものばかり。
かと思えば、初めから「オトナ向け」に作られた絵本も数多出版されているが、たいてい作り手の意図がミエミエで胡散臭く、興味がわかない。
むしろ一般にコドモ向け、特に幼児対象とされている絵本の中にこそ、コドモはコドモなりに、オトナはオトナなりに楽しめる、「一粒で2度おいしい」名作秀作がゴロゴロしているのだ。絵本好きなら誰もが知っている大ロングセラー絵本も、はたまた知る人ぞ知る絶版絵本も、改めてオトナの視点で読んでみると意外な味わいに目から鱗が落ちることがある。貴方のお子さんのお気に入りのあの絵本も、あなた自身が読む本として読んでみれば、新しい発見があるかも知れない。

絵本が好きだ!と、いいオトナが公言するのは少し恥ずかしいと思っていた私だが、今や絵本は生活の一部である。幼少時、毎日のように近所の図書館に通っていた自分が大好きだった絵本の中には、未だ超ロングセラーとして書店で平積みになっているものもあれば、既に絶版になっているものもある。でも、そのどれもが、今読むと新しい発見があり味わい深く感じられ、時をこえ世代を超えて「いいものはいい」ことを実感させられるのだ。
ちなみに、読むものが無ければ財布を漁ってコンビニのレシートまで読んでいた私の20年来の活字中毒は、再び絵本を読むようになってからほとんど解消してしまった。
あふれる情報に翻弄される生活から、人間らしいゆとりを取り戻したようでちょっと嬉しい。
 

posted by えほんうるふ at 13:23 | Comment(2) | TrackBack(1) | ご案内・タイトル索引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
空です。
今日の記事に「オトナノトモ」のリンクを貼ったので、トラックバックさせて頂いたんですが・・。
表示されないって事はまだうちのブログのトラックバック機能が正常ではないみたいですね・・。
またトラックバックできるようになったらさせて頂きます。

この前からこんなコメントばかりでごめんなさい。
Posted by at 2005年04月12日 18:51
空さん、コメント&TBサンキューです♪
(重複TBと単なるお知らせコメントは削除させていただきました。)
ブログの機能、戻ったみたいで良かったですね。
空さんの記事読ませて頂いたんですが、とても嬉しかったです。絵本の書評としては多分邪道なことばかり書いているので独り言みたいなつもりでいたんですが、こんな風に読んでくださる方もいるんだと思うととても励みになります!ありがとうございます。
一応、こっちからもTB張っておきますね。
Posted by えほんうるふ at 2005年04月12日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2592285

この記事へのトラックバック

絵本のおもしろさとこのブログのこと
Excerpt: 「絵本でほっとタイム♪」はここでブログを始めて3ヶ月たちました。紹介した絵本も何冊になったでしょう。結構たくさん紹介したように思いますが・・・。子育て中の方は、楽しい絵本に出会えたでしょうか?このブロ..
Weblog: 絵本でほっとタイム♪
Tracked: 2005-04-12 18:36