2011年04月19日

リスト片手にお買い物

ベーコンわすれちゃだめよ! (ハッチンスの絵本)ベーコンわすれちゃだめよ! (ハッチンスの絵本)
パット=ハッチンス作/わたなべ しげお訳

偕成社 1977-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今までの私にとって「買い物リスト」とは、買い忘れを防ぐためのチェックリストというより、
むしろ、余計なものを買わない為のお守りのようなものだった。
「リストに載っていない物は買わない」というシンプルなルールを自分に言い聞かせつつ、いざお買い物へ出発。
たちまち目に入る「お買い得」「本日限定」「特価」「セール」の文字、文字!
あの鉄則はどこへやら、ついつい手が伸び、気がつけば予定よりも何故か重いカゴを持ってレジ前に並んでいるのが常だった。

ところが今、買い物リストを手にスーパーに行ったところで、リストアップした品物が全て手に入るとは限らない。
震災直後の物流の混乱はだいぶ落ち着いてきたとはいえ、今なおスーパーや小売店の棚には空きが目立つ。購入数に制限のあるものや、入荷産地やメーカーが以前とは全然変わってしまったものも少なくない。
それでも何かしら手にはいるだけありがたいと思い、見慣れぬパッケージや産地の表示に目を白黒させつつ、それなりに楽しく買い物してしまう私なのだった。
そんな買い物大好き人間なら誰もがきっと面白く思うのが今日の絵本。

お母さんに買い物を頼まれた男の子が、財布と買い物かごを持って町へ出かけていく。
日々の買い物に慣れたお母さんには、たった4品目の買い物なんて造作もないと思えたのか、男の子にメモすら持たせず、買う物を口頭で伝えただけで送り出してしまう。

さてそれからが大変。
案の定、口頭で伝えられただけの買いものリストは、道すがら彼の目に入るもの次第で文字通りどんどん脳内変換されていってしまうのだ。
これがまた、うまい具合に連想ゲームが展開されていくのが何とも面白い。

そして、「ふつう買う前に気付くだろ!!」という読者のツッコミをよそに、男の子は豪快な勘違いのまま、サクッと任務完了。
さて帰ろう・・と、店を出てから何やら嫌な予感がモヤモヤと彼の頭に浮かび出す。
ハッと気付いた時にはもう遅い。が、そこはやはり絵本。
ちゃっかり思い出した正しいおつかい品を買い直し、要らんものはちゃっかり返品して荷物持ちのおっちゃんもろともお引き取り願って、事なきを得る。
はい、めでたしめでたし。・・と思ったら?!

注意力散漫を絵に描いたような主人公につい息子の姿を重ねて「オイオイどこ見てんだよ!」と激しくツッコミを入れたり、古道具屋のおっちゃんに同情したり、なんだかんだと紆余曲折を経ての任務遂行にやれやれ・・・と思ったところでこのオチ。
落語を思わせる見事なオチに、誰もが笑って平和になれること請け合いだ。


ああなんて楽しいお買い物。
お買い物絵本といえば、かつて大好きな作品をブログでとりあげたことがあった。
もちろんその何冊かの絵本は今も私の大のお気に入りで、読む度にとても嬉しくなってしまう。
過去ログ:愉しきバーコード・ワンダーランド

単なる勘違いで違う物を買っても、或いはつい余計な物を買う羽目になったとしても、結果的に目的の物が手に入りさえすればそのお買い物は大成功で、達成感のあるハッピーエンドとなる。
しかし現実には、私たちの国は今やそういう状況ではなくなっている。
それでもまだ選択や工夫の余地があるだけ恵まれているのに、つい売り場の棚の空きに目を留めてしまう私は、なんて贅沢なのだろうと思う。

恐らく私を含め多くの人は、今までの生活が恵まれて過ぎていて、買おうと思ったものがすんなり手に入ることの有り難みが分かっていなかったのではないだろうか。
ならばそれを実感できる今こそ、「あれが買えない」「これが買えない」と文句をいうより、手に入るものに感謝して、予定の食い違いを頭でカバーする知恵を働かせる時だろう。

もっと言えば、これも日々の生活に直結したゲームの一つだと思って、限られた中で工夫することを楽しんでしまえばいいと思う。
子どものような遊び心で不自由な生活を楽しむ心の余裕を取り戻したかったら、ハッピーなお買い物絵本でも読んで、誰かと一緒に思いっきり笑うのが一番だ。


お気に召しましたら・・
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


posted by えほんうるふ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 笑える絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック