2010年12月31日

百聞は一見にしかず、百見は一歩にしかず

大晦日にブログを更新するのは初めてだ。
もちろん、年内にやるべき雑用のあれこれが綺麗サッパリ片付いたわけではなく、
むしろ色々な年内TODOをまとめてテーブルの向こうに追いやり、こうしてPCに向かっている。
何故なら、あと1件記事を更新すれば、「月1回以上ブログを更新する」という今年の目標の一つをなんとか達成できるからである(笑)
それでも実際には「平均」月1回の達成なのだが、年初に立てた目標が一つも達成できずに終わるより、ずっと気分良く新年を迎えられそうな気がするではないか!

そんなわけで、年末らしく今年の自分の10大ニュースなぞ考えてみた。
妻として母として、それなりに初めての経験やら印象に残った出来事もあるが、
この先の私個人の人生に大きく影響する可能性を基準に考えれば、
やはり今年ツイッターを始めたことは外せない一件だと思う。

とかく流行り物には関心の薄い自分が、突然何を思ったか「Twitterにもの申す」などと言い出し
思いっきり懐疑心を持ちつつアカウントを取得したのが3月。
たった1週間でその思いを改め、まんまとはまってツイッター漬けの日々。
そしてアカウント取得から1ヶ月も経たない超ビギナーのくせに、思いつきでツイッターベースの絵本読書会を始めてしまうという無茶ぶり。
その後たくさんの出会いに支えられ、気がつけば大人絵本会は17回を数え、その主宰を名乗るオモチャのような名刺まで持ち歩くようになってしまった。

・・・一年前の自分を思うと恐ろしいほどの状況変化である。
自他共に認めるマイナー指向で、波に乗るということを拒否し続けて生きてきた私が、いつからそんな冒険野郎になってしまったのだろうか(汗)
でも、ここに至るまでにはいくつもの偶然といくつもの出会い、そして私の背中を押してくれた人々の存在があったことを思うと、人の世の面白さに空を仰ぎ見たくなるような思いがする。
私はスピリチュアル系の話にはまず乗らない人間なのだが、これほどまでに人との出会いや関わりが自分の人生を思わぬ方向へ導く様を目の当たりにすると、やはりそこには何か人智の及ばない力があるのではないか、とまで思えてしまうのである。ひょえー。
誰だか知らんがとりあえず礼を尽くしておこう。心より御礼申し上げますm(_ _)m

そんな激動の一年を経て、学んだことが一つ。
百聞は一見にしかず、百見は一歩にしかず、だ。
どんなに詳細な情報を見ても聞いても、実際にやってみなくっちゃ始まらないのだ。
もし私がツイッターにもの申すだけで実際に手を出さずにいたら、私の一年はきっと全然違うものになっていただろう。
ネットで何でも調べられる、行った気にも食べた気にもなれるほど情報が溢れている今だからこそ、自分の手足を実際に動かし、行って触って交わってみなければ分からない、出会えないものが世の中には山程あるのだ!と、私は声を大にして言いたい。

さて、今年もあと数時間で終わり。
将来の自分史において、2010年を一つの転機として残せるかどうかは、明日からの自分次第。
今年の出会いと幸運に感謝して、来年も恐れずに楽しんで前に進もう。
ここまで読んで下さった皆様にも、どうぞ良い年が訪れますように!


お気に召しましたら・・
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by えほんうるふ at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック