2009年07月04日

ブクログはじめました

オトナノトモ充実化計画の一環として、かねてより中途半端に手を着けていたブクログを本格的に利用することにした。
まずは、今までオトナノトモでとりあげた絵本をカテゴリ別に並べてみた。
なるほど確かにこれはなかなか面白い。それぞれの絵本に該当エントリーへのリンクをつけたところ、書影を見る度に何だか懐かしくて自分の過去ログを読みふけってしまった(笑)

せっかくなので、これからとりあげる予定の絵本の備忘録としても利用することにした。
「未レビューのお気に入り」というカテゴリがそれ。
ここに並ぶのは私がずっと前から気に入ってたり、気になったりしているけれど、未だ記事にはしていない絵本たち。
単なる書評としての絵本レビューは星の数ほど出回っているので、私はできるだけ自分自身が日々思うところとその絵本の「キモ」がリンクした瞬間にその思いを残していこう、という妙なポリシーがある。そのため、どんなに気に入っている絵本でもそうそう記事にはならない。
ここに並んでいる絵本も、果たしていつオトナノトモに登場するのやら…。

それから、オトナノトモ一周年を機に読者の皆さんにいただいたコメントを元に、リクエスト絵本のカテゴリも作った。
もう3年以上前になるが、その節には思いがけずたくさんのオトナ読みリクエストを頂きとても嬉しかった。ただ、ご紹介いただいた絵本は全て実際に取り寄せて目を通しているものの、その後ご要望にお応えして記事に出来た絵本はとても少なく、この場を借りてお詫び申し上げたい。理由は上記に同じで、せっかくいただいたリクエストを単なる感想文でお応えしたくないので、客観的に見てどんなに素晴らしい作品であっても、何かしら私自身の内面に絡む要素が見つからない限り、ここでのエントリーには至らないのである。
ええ、なんだやっぱり偏屈ババアじゃねーかというツッコミは想定内です。(爆)
それでも、そんな私に是非読ませたい!読んでみろ!読め!!という絵本がありましたら、どうかお知らせ下さい。必ずや一読させていただいた上、この本棚に追加させていただきます。

それにしても、この楽しいブクログサービス、どーしても納得いかない点が一つある。
表紙ビューで本を並べると、どんな本も一律に同比率の縦長画像に変換表示されてしまうのだ。
これってどうよ?!
ぐりとぐらもエンソくんもしろくまちゃんもぐるんぱも、なんとも貧相な姿に…
これはもう、表紙にそれぞれの作品の魅力を最大限引き出すようにと苦心したであろう作家や装丁家や編集者ら絵本職人の仕事を冒涜していると言えまいか。
だったら背表紙ビューを使えと言われるかも知れない。確かに背表紙ビューならばそれぞれの書影が大きくなって表示されるので、現物に近い書影を確認できる。でも、遊び心の感じられるこの仕組み自体はなかなか面白いとは思うが、いかんせん美しくないのだ。背表紙だって立派にその作品の顔なのに、その実際の意匠は全く無視して、表紙を無理矢理背表紙サイズに圧縮した文字通りの寄せ集めが本棚に並んでいる様を見ると、なんだか本が可哀想になってしまうのだ。背表紙ビューでは、どんな本棚も似たり寄ったりに見えてしまうのも何とも味気ない。

私の場合、ブクログでの蔵書のほとんどが絵本なので、とりわけ見た目にもこだわりたくなるのかも知れない。
それにしても、ブクログが誕生してから既に5年近く経過しているというのに、今までこの仕様に関するユーザーからの要望がほとんど無かったのか、あるいは、一定の縮尺でそれぞれの本の判型に忠実な書影を表示させるのが、技術的にそんなに面倒なことなのだろうか。
そもそもWEB本棚を作るくらい本を愛する人が、中味さえ良ければよいと書影に敬意を払わないなんてことがあるだろうか。ひょっとして私の設定の仕方が間違っているのかもと思い、すぐに運用者に問い合わせのメールを送ったが、未だに返事は無い。うーむ。

ともあれ一日も早く、愛する絵本達が本来の美しい姿で私の本棚に並ぶことを願ってやまない。

お気に召しましたら・・
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

posted by えほんうるふ at 22:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | ご案内・タイトル索引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブクログ、見ました。
おもしろいですねー、これ。
でも、こどものともシリーズは元々横長が多いだけに、確かに残念かも。
それにしても、カテゴリ分け、すごいな、と思います。
カテゴリの名前を見るだけでも楽しいし。
私自身、もっとカテゴリを分けなくちゃ、と思いつつ、手付かずになってしまっていて、えほんうるふさん、すごいなー、って思っています。
書くだけで精一杯。。
Posted by きーちゃん at 2009年07月05日 07:02
>きーちゃん

ほんとにねー、せめて縦長と横長の2パターンにはめるぐらいのことはしてほしいです。

カテゴリは自分の気持ちの中での分類そのままにつけちゃったので、何だか分かりづらくて申し訳ないと思ってたんですが、褒めていただけると嬉しいです。

でも、意外とカテゴリ名そのもので検索してここに辿り着く人が多いみたいよ。
ためしに「怖い絵本」でググったら一番だったし。(笑)
Posted by えほんうるふ at 2009年07月05日 13:36
えほんうるふさん、ブログへのコメントをありがとうございました。
昨年から他のブロガーさんのブログへお邪魔することがあまりできなくなり(地域のお役目やら、義母の入院などにより自分トコの管理・更新で手一杯な日々・・)、えほんうるふさんの切れのいい文章を久しぶりに拝読して、気持ちイイ〜〜♪と
ウハウハです(笑)

「偏屈ババア」など、とんでもございませぬ!
どしどし楽しい書評で読者を気持ちよくさせてくださいませ。
ブクログ仲間としても、どうぞよろしくです〜♪
えほんうるふさんのカテゴリ分類、めっちゃ面白くてハマりそうです^^
Posted by わかな at 2009年07月07日 16:56
>わかなさん

ええ、私も自分のブログの更新すらさぼっていて、リンク仲間の皆さんのところへはご無沙汰続きでした。
このところ心を入れ替えまして(笑)、左のリンクリスト上で更新マークの出ているところにはマメに顔を出すようにしています。

ブクログ仲間、大歓迎です。どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

Posted by えほんうるふ at 2009年07月08日 23:35
ブクログのサービスがAmazonで賞を取ったときは大変驚いたものですが、本好きの目から見た正当なクレーム改善にはまだまだいたっていないようですね〜!
私もブクログはいってるのですが、あまり活用していません。
というか、全く活用していない〜〜。
というのも、たぶん、仕事以外で最近本をまともに読んでいないから‥というのもある気がします。
このエントリ記事を読んで、、、なにかしらグッと読みたくなる衝動と懐かさしと、心にくるものがあったのですが、エントリの内容とは関係ない気もします。(笑)
本を好きという理由で作ったというよりは、より面白いサービスをプログラミングしたという、プログラム好きの醍醐味を感じてしまうこのサービスです。
あ、これは擁護でも弁解でもなく(私に弁解されてもな〜。)えほんうるふさんの要素を取り入れたらきっとさらに良くなる!!と、単純に驚いただけです。(^_^)
Posted by mine at 2009年07月11日 14:49
>mineさん

そうか〜、確かに本好きだから作ったわけではないのかも知れません。
楽しく目新しいサービスを世に送り出し話題になるのが当初の目的だったとしたら、一次的な目標は達成できているわけで、本当に長くサービスを愛用するであろう本好きユーザーのコダワリに応える必要をあまり感じていないのかも知れませんね。
実際、mineさんの用にとりあえず利用登録はしたものの今となっては活用していないという人も多いのでしょう。私もいずれ飽きたら他のサービスに乗り換えちゃうかも(^^;)
Posted by えほんうるふ at 2009年07月11日 23:11
えほんうるふさん、こんにちは。
ご無沙汰してしまい、申し訳ありません。
本家のブログに戻られたとのこと、こちらでの大人読みレビューが楽しみです。
ブクログ、わたしも開設しているのですが、100冊以上登録していたはずが、いつの間にか35冊に減っていて……、かなりショックでした。
上手く書籍管理のできるサービスというのが少なくて、なかなか難しいです。


Posted by asukab at 2009年10月17日 15:46
>asukabさん

こちらこそ、大変ご無沙汰しています。
こちらにサイトを統合しても、相変わらず激しく波のある更新頻度なのですが、これからも気長にお付き合いいただければ幸いです。
ちなみに久々に書きたいネタが見つかったので、近々更新の予定です(笑)

ブクログで蔵書が減るとはいったいどういうことでしょう?!
それはかなりショックですね。もし放置していると蔵書が減るんだとしたら私も相当危ないです(汗)
Posted by えほんうるふ at 2009年10月18日 07:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック