2009年06月23日

パンドラの箱

あけるなあけるな
谷川 俊太郎  安野 光雅

ブッキング 2006-12

おすすめ平均 star
starドアの向こうは現実離れの世界
star30年以上の時を経て復刊された魔書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


わりと最近になって、キューブリックの名作「2001年宇宙の旅」を改めて観る機会があった。
若い頃に観たときは、淡々と進む話に眠気を誘われ、半分も観ないうちにうとうとと眠りこけた。
今改めて観てみると、60年代の撮影技術でいったいどうやって撮ったんだ?と思うような映像がてんこ盛りで、公開当時に映画館で観た人の衝撃いかばかりか想像に難くない。まるでだまし絵を見ているような楽しい140分間で、寝るどころかあっという間に終わってしまった。
一般に、映像はすごいが話は抽象的で難解とも言われているようだが、若い頃クラークやディックに傾倒していた自分にはこの重さがむしろ懐かしく、心地よかった。
そしてこの映画を見終わって、真っ先に心に浮かんだ絵本が谷川俊太郎と安野光雅という最強コンビによる名作「あけるな」だった。
もしかすると、鑑賞中に私が感じた懐かしさはこの絵本のことを思い出したせいかも知れない。
なんのことはない、「2001年宇宙の旅」は、私にとっては幼い頃繰り返し読んだこの絵本の映像化だったのだ。
「あけるな」という言葉の通り、厳重に封印してある扉。映画の方も、冒頭は観る者を拒絶するかのように、ひたすら真っ暗な画面に重厚な交響曲が流れる。これはまさしく「あけるな」の警告に等しく、こちらに「みるな。やめておけ。おまえなんかに分かるわけがない」と警告しているかのようだ(笑)。
こうまで執拗に警告されると、かえって何が何でも見たくなるという観客の心理を計算されていると知りながら、私たちはまんまとそれに引っかかるわけだ。
破滅の予感はひしひしと感じるのに、開けずにはいられない。そして、目の前の扉を開ける毎に、耳をつんざくような静寂や極彩色の音色と共に広がる眼福。これこそ、まさしくこの2作品に共通する魅力なのだ。

なぜあけてはいけないのか。知ってはいけないのか。
それは、知らない方が幸せだからという大いなるものの慈悲のあらわれではなかったか。
広い宇宙の、ほんの一部である太陽系の、そのまた一部の地球上の、ごく矮小な存在である人間。
そんな生き物が幸せに暮らすなら、分相応の世界に収まっていた方が幸せなのかもしれない。

「あけるな」の表紙の扉は、重厚な煉瓦の建物についている。
私たちはその扉を一枚また一枚と開いて中へ入っていくように思えるが、ひょっとして、この扉は中に入る扉ではなく、外へ向かって出て行く扉なのではないだろうか。
だとしたら、この扉をあけてはいけない理由がうすうす分かる。
外に出るのは危険なのだ。今までいた居心地の良い空間が、閉じられた空間だったことを知ってしまうから。
閉じこめられていると感じたら、そこから逃げ出したくなるのが人情だ。
でも、外へ出たところで、結局は中でしか生きられないことを思い知るだけかも知れない。
そうして戻ってきた部屋の中は、果たして今まで通りの幸せな安住の地と思えるだろうか。
知らなければ幸せでいられたかも知れないのに…。


それにしても、「2001年宇宙の旅」ほど意味不明、理解不能と言われつつも絶賛されている映画も珍しい。
「あけるな」の書評もまた然り。お話の解釈に正解なんてないし、そんなものを求めずともこの作品の魅力は読めば分かるのだ。その証拠に、もともと1976年に発行されたこの絵本は、一度は廃刊になりながらも、その強烈な印象を忘れられなかったファンの声によって30年後に復刊したという経緯がある。私もその復刊リクエスト投票をした一人だが、投票者のコメント物語の解釈に触れているものが一つもないのがすごい。
小説のように文章の場合はとりあえず話の流れを理解できないと読む作業自体が楽しめないが、絵本や映画のようなヴィジュアル作品の場合は「分からなさを楽しむ自由」が許されているぶん、凡人にも寛容な芸術なのだと思う。



ところで、先日より実施している「人気者になる実験」にご協力頂いた皆さん、ありがとうございました。
オトナノトモを長らくご愛読いただいている方はとっくにお気づきでしょうが、実験の成果はご覧の通り、バッチリ現れております(笑)
一応6月いっぱい経過を見てみて、私なりの結果報告(?)をするつもりですので、よろしければ引き続きご協力くださいませm(_ _)m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by えほんうるふ at 15:19 | Comment(8) | TrackBack(1) | 怖い絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじゃましま〜す。オトナ読みの深みにはまりそうです。

「分からなさを楽しむ自由」がある絵本は、しばらくしてまた読み返したくなります。
分からなさでいうと…私は疲れると長新太さんが読みたくなります(笑)。
世の中意味を見出そうとすることばかりが多いから、こういう「自由」に助けられるんです。

〜これからも、よろしくおつきあいください〜
Posted by なずな at 2009年06月24日 10:00
>なずなさん

どうもどうも。いらっしゃいませ♪
ちょっと毛色の変わった絵本ブログですがゆっくりしてって下さいね(*^_^*)

ああ、長新太さんの世界もいいですよねー!
まさに「わたしのすきなおじさん」なんですよ。
疲れたらとりあえず「つみつみニャー」と唱えてみるとか、効きそう(笑)

こちらこそ、どうぞよろしくです♪
Posted by えほんうるふ at 2009年06月24日 23:26
クラークにディック!いいですね〜〜!
ついでに、アシモフなんてのは?(^_^)

私はこちらの映画館が一つ閉館になる際に
いくつか昔の映画が上映されたのですが、その中の一つが
「2001年宇宙の旅」でした。
友達はものの五分で熟睡。私は映画館で見るのが楽しみで見た覚えがあります。それは度迫力でしたよ〜〜。

この「あけるな」の絵本は確かに気になるし、
拒絶や否定をされると関心が高まる絶妙な心理をついてますね。私も気になった一人ですが‥(笑)

Posted by mine at 2009年06月28日 03:02
>mineさん

アシモフは、何故かあんまりご縁がなかったですねー。多分、図書館でちょっと棚が離れていたからでしょう(笑)

2001年を映画館で見たのは楽しかったでしょうねー。
映画好きなのにあまり映画館へは行かない私ですが、この作品は大画面向きですね。
トリップできそう♪
Posted by えほんうるふ at 2009年06月29日 02:11
はじめまして。コメントします。
こっそり訪問派でした・・・

ところで この『あけるな』気になっていたのです。
読んでみようかしら〜。
「分からなさを楽しむ自由」を ゆったり楽しみたいと思います。


お気に入りにブログに入れていただき ありがとうございました。嬉しいです。

Posted by emme at 2009年07月01日 22:03
>emmeさん

これはようこそいらっしゃいました。
こっそりでも光栄です(*^_^*)

あけるな、いいですよ。
当ブログをお読みになって自分が読もうと思って買ってみたら、お子さんが夢中になってしまったという方もいました。
解釈の自由は万人に等しく与えられた幸せです♪
Posted by えほんうるふ at 2009年07月02日 14:34
はじめまして。いつもお世話になります。解釈の自由のある絵本ってとても素敵ですね。ごんたろうは、この絵本を自分の過去への回帰、郷愁、そこから抜け出せなくなった主人公という解釈をしてみました。2001年宇宙の旅はむかし見たことがありますが、全く意味が分かりませんでした。そういう分からなさというのは、読み手の感覚を刺激しますね。
Posted by ごんたろう at 2013年07月07日 22:57
>ごんたろうさん

オトナノトモへようこそ。
コメントありがとうございます。

うっかり頂いたコメントを見逃していたようで、今頃気がついたので
もうごんたろうさんがこの返事をご覧になることもないかもしれませんが・・

ごんたろうさんの解釈も、なるほどすんなりはまりますね。
この作品に限らず、人によって解釈が全然違ってくる自由さのある絵本が私は大好きです。
面白い作品を見つけたら是非教えてくださいね。
Posted by えほんうるふ at 2013年09月24日 10:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2009年6月の本「あけるな」
Excerpt: 谷川俊太郎・安野光雅「あけるな」 最近、私が日参してるブログがひとつあります。 「オトナノトモ」という絵本を紹介しているブログなのですが、めちゃめちゃ読み応えがあります。 私が漠然と違和感を..
Weblog: ひま・めも
Tracked: 2009-07-01 00:37