2006年01月22日

労働者のプライド

4834005097はたらきもののじょせつしゃけいてぃー
ばーじにあ・りー・ばーとん いしい ももこ
福音館書店 1978-03

by G-Tools

8年ぶりの大雪で都心でも10cm近い積雪があった昨日、我が家のコドモ達は東京ではめったに出番のないスキーウェアを着込み、降りしきる雪の中で楽しそうに跳ね回っていた。私自身も東京育ちなので大雪はめったにない冬のお楽しみで、学校の休み時間ともなれば服が濡れるのも構わず校庭に飛び出して雪遊びに興じたことを思い出す。ところがある時、豪雪地帯として有名な雪国育ちの友人に何気なく雪の思い出を聞いてみたところ、急に真顔になって「雪は…寒くて、辛くて、重くて…思い出すだけで暗い気持ちになる…」という思いがけない返事が返ってきて、都会育ちの脳天気さを思い知ったのであった。

 
さて、大雪と言えば思い出すのがこの絵本。
ケイティーは、ジェオポリスの役場の道路管理部で働く55馬力の大型トラクター。町中の道路整備を一手に引き受ける道路管理部では色んな種類の働く車が活躍しているが、特に力のいる大仕事となると、パワフルなケイティーにお任せだ。
冬になると道路管理部は除雪作業に忙しくなる。けれどあまりにもハイパワーなケイティーは、ちょっとやそっとの積雪では出番がない。ある日、朝から雪が降り続いてとんでもない大雪になり、町の機能がすっかり停止してしまう。ここで、待ってましたとばかりに大活躍するのがケイティーなのだ。
一面の銀世界。雪に埋もれて真っ白になってしまった町を、ただ一人悠々と突き進んでいくケイティー。なんと頼もしく美しい姿であろうか。文字通りケイティーの前に道はなく、ケイティーの進む道がそのまま町の人々の活路となる。ケイティーの通った後には、息を吹き返した町の活気溢れる様子が鮮やかに描かれていて、その対比がとても面白い。

私がこの絵本から一番強く感じるテーマは、労働の歓びである。

けいてぃーは、はたらくのが すきでした。
むずかしい ちからのいる しごとが、
あれば あるほど、けいてぃーは
よろこびました。


自分の持っている能力を世のため人のために発揮できるのは幸せなことである。まして、自分にしかできないことの価値を人々に認められ、自らもそれによって確かな自己肯定感を得られるとしたら、それこそ天職に巡り会えた僥倖というものだろう。

けいてぃーは もう、すこし くたびれていました。
けれども しごとを とちゅうで やめたりなんか、
けっしてしません……
やめるものですか。


町の人々の要請を受け、雪の中をひたすら突き進むケイティーの勇姿には、まさに天職を得た者の自信と誇りが満ちている。


自然の脅威にも果敢に立ち向かい営まれる人々の生活、そのドラマティックな展開を、絶妙なレイアウトの絵と文で見事に表現したバートンは、やはり巨匠と呼ぶにふさわしい絵本作家だ。作品の序盤でケイティーや道路管理部のプロフィールをページの隅々まで使って詳細に描いたかと思えば、町が雪に埋もれた様子、それがケイティーによって次第に掘り起こされ窮地を救われ活気を取り戻していく様子を、真っ白な余白を効果的に使いダイナミックに表現している。それはサービス精神に溢れた良質なエンターテイメント映画のように、観る者の好奇心をぞんぶんに満たしてくれる。むしろ映画と違って紙媒体だからこそ、自分のペースで何度でも前後のページを行きつ戻りつして、バートンの描く豊かな作品世界を2倍も3倍も堪能できるのだ。
改めて、絵本の鑑賞がいかに贅沢な娯楽であるかを教えてくれる名作である。
posted by えほんうるふ at 14:34 | Comment(28) | TrackBack(3) | カッコイイ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー
きっと若い頃なら、資本家が労働者を鼓舞するための本だーなんて、頭だけで空回りした議論を展開してたかも知れませんが(笑)、労働の本当の意味が分かりかけてきた今、そんな表面的な思いは浮かんできませんでした。どんな立場であれ、働かされてるのではなく、働いているんだと思った瞬間からなにかが変わってゆきます。積極的に意思を持つことが大切なんですよね。理屈ではなく、ケイティーのような誇りを持ちたい、自分の仕事をmasterの域まで高めてみたいっていう気になります(単純なので 笑)

優れた絵本の鑑賞は、ほんとに贅沢な娯楽であり、想いをビジョンとして記憶させてくれる素敵な事だとも思います。
Posted by J.T. at 2006年01月23日 01:01
こんにちは
労働の歓び、そうですよね。ただこの絵本の楽しさを感じていましたが、その根底には深いものがあるんだと思いいたりました。バートンもえほんうるふさんも、深いですね。とても勉強になりました。
ところで、私は北海道育ちですが、北海道の雪は軽いせいもあり、やっぱり雪がふるとうきうきします。大人になってからは、たくさん降るとうんざりすることもありますが。
本州の豪雪地帯と北海道とは同じ雪国でも雪に対する感覚が違うのかもしれません。ユキムシと呼ばれる虫も種類が違うそうです。
Posted by ぱいぽ at 2006年01月23日 06:28
>J.T.さん

資本家と労働者…ふむふむ、それもまた面白い視点ですね。たしかにバートンの作品の多くにはそういう社会的な視点が盛り込まれていて、公民や歴史の教科書を読む以上に知るべきことがすんなり伝わってきます。この絵本には古き良き時代のアメリカが描かれていますが、他の作品で無謀な経済発展の危うさにも警鐘を鳴らしていたバートンは、現在の病んだ大国の有様をあの世で憂慮していることでしょう。

自分の意志で誇りを持って働く…私もそうありたいです。一人でも多くの人がそういう職業意識を持てたら、日本も変わるんでしょうね…。
Posted by えほんうるふ at 2006年01月23日 13:31
>ぱいぽさん

その深さを、コドモ達はちゃんと感じ取るようですよ。「みんなを助けられてよかったね」「けいてぃーも嬉しいんだね」なんて言葉に、オトナの私がハッとさせられました。

なるほど、地域によって雪質が違うのですね。ちなみに前述の友人は、新潟出身でした。ユキムシというのも初耳です。なんだかすごく興味をそそられる名前ですね。昆虫(でしょうか?)って人間の常識を覆すような生態だったりして面白いなぁ〜と思います。
Posted by えほんうるふ at 2006年01月23日 13:32
こんにちは。コメントありがとうございました。
「労働の喜び」最近あまり聞かれなくなったことばですね。私たちは手や足を使って「働くこと」を忘れて?しまっているのかもしれません。
自然は人間に「働くこと」を容赦なく要求します。
ところでちゅうちゅうとけぃてぃの読み方を男と女でわけたくありません。バートンさんは2人の息子に一連の絵本を描いたそうですが、2人の息子は各々どんな子どもだったのでしょうか?
店に来る子どもたちを見ていて小学校へあがると
男の子が「男」にこだわるのがおもしろいです。
ただ、男の子はこだわりやしつこく本を読む子ど
もが多いように思います。
Posted by 会留府 at 2006年01月23日 20:13
えほんうるふさん、こんにちわ!
ぼくも雪国生まれなので、雪の酸いも甘いも身に染みてますね。
ぼくの田舎では、豪雪よりも地吹雪に泣かされました。
除雪車はとても身近な存在でしたから、
けいてぃーはもちろんヒーローでしたよ!
大人になって、彼の格好良さが、ますます解りようになりました。。
Posted by hirobon at 2006年01月23日 21:49
>会留府さん

こんにちは。オトナノトモへようこそ。

なるほど、人間は自然に働かされていること、自然という大きな存在から見れば人間の営みもまたその一部でしかないということを、私たちは忘れがちですね。

ちゅうちゅうとけいてぃーの読み方の違い?というか、読まれ方の違いについては、私も全く分けているつもりがないのに、読み聞かせてみるとどうも男の子と女の子で着眼点が違うのが面白いなぁと思っていました。
また、乗り物なので原書ではどちらも"She"なのに、読むほどにちゅうちゅうがより女っぽく、けいてぃーがより男っぽいキャラクターに思えるのは、ちゅうちゅうが使命よりも感情を優先させて突っ走るのに対し、けいてぃーはむしろ感情を抑えて使命感に燃えているように見え、それがまさに自分たち夫婦を思わせるからかも知れません。私はジェンダーというものには懐疑的ですがこういった生来の性差というものは、とても興味深いと思います。
Posted by えほんうるふ at 2006年01月23日 23:48
>hirobonさん

地吹雪!!それはもう、私にとっては映画の世界です(^^;)
うーん、やはりジェオポリスの町の状況を実感できるのはこの絵本の読者として幸運なことだと思います。ホントにカッコイイですよね♪
Posted by えほんうるふ at 2006年01月23日 23:57
こんにちは。
実はこの絵本は未読なんですが・・・。

えほんうるふさんは大雪からこの絵本を連想されて、記事を書かれたんだと思います。
ですが、私は、今電撃逮捕で話題のあの方を思わず連想してしまいました。

法と法の隙間を上手く渡り歩いていくことが、苦労はせずに楽して金を儲けることが善なのだ、みたいな風潮が、これで終わりになればいいなと思います。

>けいてぃーは、はたらくのが すきでした。
>むずかしい ちからのいる しごとが、
>あれば あるほど、けいてぃーは
>よろこびました。

こういう風に言える人間がこの世の中を支えているんだよな、としみじみ感動する一文です。
Posted by 偏屈王 at 2006年01月24日 20:27
>偏屈王さん

偏屈王さんらしいシャープな目の付け所ですね(笑)。
”彼”に対しての私の見解としては、偏屈王さんの記事「商売と芸術は違う」に全面的に共感しますが、それにプラスして私が彼を受け入れがたいと思う理由は、「人として美しくない」というのが大きいです。人の心は金で買えると言い切って、その醜さに気がつくどころか胸を張ってしまうような俗物が成功者として認められてしまう風潮を危惧していた私としては、今の状況にむしろホッとしています。
それにひきかえケイティーの美しさといったら!ほんと惚れ惚れしますね〜。
Posted by えほんうるふ at 2006年01月24日 23:45
雪虫に、地吹雪。コメントしまくりたいワードだらけ!今日も雪かきしてますよぉ〜♪
ちなみに、去年の雪虫は大量発生したんだよ。
あたしが思い出す雪をテーマにした絵本はチロヌップのきつね。久しぶりに読みたくなりました。
Posted by すまいる at 2006年01月27日 00:02
>すまいるさん

ますます気になる雪虫…想像も付かないのでコドモと一緒に「ゆきむしはきっとこんな虫だ!」とあれこれ想像図を書いていたらスゴイ不気味な虫が画用紙上にうじゃうじゃと大量発生(^^;)

ところでチロヌップってそっちの地元童話だよね。ひょっとして学校の教科書に載ったりしてた?
Posted by えほんうるふ at 2006年01月27日 22:50
あれから、ちょっとゆきむし(ユキムシ?)のことを調べてみました。なかなか面白い生態みたいです。ちょこっとだけブログに書いてみました。
Posted by ぱいぽ at 2006年01月28日 00:33
「はじめまして!」・・・ではありません。
山猫編集長デス。はは。すっかりごぶさたです。ごめんなさいね。
『ケイティーは働き者』なんですね。
「はたらきもの」かぁ。久しく聞かなくなった言葉のように思います。「仕事中毒」とは、オオチガイです。ワタシも「はたらきもの」と呼ばれたい!!
しかしてその実態は=働けど、実にならず。う〜〜〜む。
--(や)--
Posted by 山猫編集長 at 2006年01月28日 15:11
えほんうるふさん

働くのが好きなけいてぃー。
むずかしい力のいる仕事があればあるほど、
それを喜ぶことのできるけいてぃー。

>自分の持っている能力を世のため人のために発揮で きるのは幸せなことである。

まさにそののとおりですよね。今回のライブドア事件に絡んで、働くことの意味をしっかり考える意味でも、この絵本は多くの方に読んでほしいですね。汗水たらして働くことだけがすべてではないけれど、少なくとも「美しくない」生き方だけはしないでほしいし、自分の仕事に誇りを持てる生き方をしてほしい・・・自分に対しても、子どもたちに対してもそう言い聞かせたいものです。

古きよき時代をバートンが美しい言葉と素敵な絵でで語りかけている絵本ですが、今の時代にこそ、けいてぃーから学ぶこと、多いように感じます!
Posted by ka-3 at 2006年01月28日 15:41
>ぱいぽさん

おお、私もユキムシのことネットで検索してみました。思った通り面白い奴ですね!寒さに弱い私はなかなか見る機会が無さそうですが一度は見てみたいと思いました。
Posted by えほんうるふ at 2006年01月29日 01:25
>山猫編集長さん

お久しぶりですね。体調の方はもうすっかりよろしいのでしょうか?
なるほど、同じ性質を指すのに「はたらきもの」と「仕事中毒(ワーカホリック?)」ではえらく印象が違いますね。どうせだったら「はたらきもの」と言われた方が気持ちよく仕事に没頭できますね(笑)。
Posted by えほんうるふ at 2006年01月29日 01:26
>ka-3さん

仰るとおり、豊かな時代だからこそ選択できる多様な生き方の中から、あえて「自分の仕事に誇りを持てる生き方」を選ぶというのはとても清々しく尊いことだと思います。親の背中を見て育つ子ども達を思うと、私も背筋が伸びる気がします。
Posted by えほんうるふ at 2006年01月29日 01:27
今の時代まっすぐに愚直に働き仕事に誇りをもてる
仕事(鉄道員の高倉健のような)はなかなかないですよね。
頭ひねって悪知恵働かせて生き抜かないと。

昨日スマスマに出ていた琴欧州を見ていて
ケイティーとかぶってしまいました
純真でパワフルでみんなに愛されていて
ただ勝つことのみでお金が増えていく
わかりやすい世界。

自信と誇りをもって稼いでいける人というのは
本当に恵まれたごく少数しか存在し得ない気がします
自分もそうありたいともがいてますが
Posted by 絵本おじさん at 2006年01月31日 18:21
>絵本おじさん

うーん、残念ながら今回のコメントにはちょっと賛同しかねます(^^;)

確かに、これまでになく誠実さとお金儲けの才能が両立しがたい世の中になっていると思います。でも時代がどうあれ、お金やステイタスという結果に囚われなければ、誰でも自分の仕事に誇りや自信を持つことは可能ですよね。

実際、好きな仕事をやっているという喜びや、自分の仕事が誰かの笑顔を作っているという誇りを体現するかのように生き生きと真摯に働いている人が私の回りにはたくさんいます。そこに稼ぎという結果がついてくるかどうかは仰るとおり運と能力次第ですが、その結果の先を見ないことには、それが本人にとって成功か失敗かは分からないと思うのです。

逆に、目先の業績にしか自信と誇りを見いだせない人は、結局は儚い夢に翻弄されるばかりの不幸な人なのではないでしょうか…(例:某・元IT企業社長)
Posted by えほんうるふ at 2006年02月01日 01:50
とんでもない大雪というのはそうそうないものでしょうから、そのときまでじっと待てるというのが、実際の働きにだけでなく、ケイティーのよさなのかな、と思いました。手っ取り早い結果を求めるような風潮があるなら、これは、よい警鐘になるでしょうね。

それにしても、こういう辛抱強さはどうすれば養えるのでしょうね。自分の能力へのプライドがあれば待つことはできるでしょうが、それはどう養ったらいいのですか?と聞かれたら、それをいったん養うまでが頑張り時なのだよ、と答えましょうか。今日もまじめにコメントしたなり〜
Posted by enzian at 2006年02月01日 22:40
>enzianさん

いつもながら目の付け所が素敵ですね(^^)
なるほど、ジタバタせずに自分の出番が来るまで泰然自若としていられるのは確かな自信の現れなんでしょうね。大物の貫禄を感じます。

きっと、こういう辛抱強さって、そのものを養うというより自尊心を磨く過程で少しずつ備わってくるおまけみたいなものなのでしょう。頑張ったご褒美ですね♪
Posted by えほんうるふ at 2006年02月03日 00:53
えほんうるふさん、こんにちは。
小学校の2年生のクラスで『けいてぃー』を読みました。
中ほどで、雪がどんどん降り積もり、ページのまわりに描かれている電柱さえも埋ってきている場面がありますよね?中に絵はなく、文字だけで。あのページと、けいてぃーが出動し「よろしい、わたしについていらっしゃい」と自信に満ちて言うことば。その2つが読みたいがために、選んだ本という感じもありました。雪の量が具体的に数字で、60センチ、1メートル、1メートル半と読まれていくと、子どもたちは興奮するんです。その様子がおもしろかったです。
Posted by ruca at 2006年02月13日 11:49
>rucaさん

こんにちは。
はいはい、私もあのページ大好きです。何にもないのではなく、隅々まで満たされていることをあらわす白。それはやはり絵本だからできた表現であり、絵本というメディアの表現力の豊かさにため息が出ます。バートンの作品にはそういう「絵本の底力」を感じさせる傑作が多いですね。
Posted by えほんうるふ at 2006年02月14日 20:42
コメント投げっぱなしになってました。チロヌップのきつねが、教科書にはなかったと思うなぁ。たぶん。
あたしは寝る前に読んでもらっていた本の一冊。
終わりがつらすぎて、それを聞く前に寝てしまわないと!と、思っていた一冊でもあるんだ。
チロヌップという島があるのかは不明。でもアイヌ語でキツネっていう意味。
なので、「きつねのきつね」っていう本でもあるんだね。
Posted by smile at 2006年02月15日 22:45
>smileさん、ふたたび

ふぅ、やっとseesaa復活したよ。(しばらく落ちてたんで、もうダメかと思った(^^;))

確かにあの話のエンディングは切なすぎ。子どもを持って実感したけれど、本当に子の痛みが我が身にしみるんだよね…。痛み苦しむ我が子を見てるだけなんてどんなに辛かろうと思うと泣けます。

ところで「チロヌップのきつね」は「きつねのきつね」なのかぁ…なんだか長嶋茂雄の英語みたいだな(笑)
Posted by えほんうるふ at 2006年02月17日 00:36
うちの娘にも、額に汗して誰かに役立つことにヨロコビを感じるコドモに育って欲しいな〜。

ブログ復活、良かった〜。それにしても緊急時の対応の早さ。さすがうるふちゃんだわ!!
結構大変だったでしょ? お疲れ様でした。復活待ちわびるみんなのために、ありがと。

いつも面白そうな本の紹介、サンキュ♪
大人の立場での読み込みが面白いので、娘に読ませるためっていうより、自分が読んでみたくなるよ。
この本も読んだことないので、明日図書館行った時にチェックしてみます。
Posted by かめちゃん at 2006年02月20日 00:23
>かめちゃん

こかめちゃんは、きっと汚れちまった私なんかよりもずっと純粋に労働の喜びを感じ取れるオトナになると思います!

>大人の立場での読み込みが面白いので、娘に読ませるためっていうより、自分が読んでみたくなるよ。
そう言ってもらえれば、オトナ読み提唱者(?)冥利につきるってもんです。こかめちゃん用の絵本レビューサイトもいいところが見つかるとよいね。
Posted by えほんうるふ at 2006年02月20日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー バージニア・リー・バートン 石井桃子訳 福音館書店 1978 
Excerpt: (原題 Katy and the Big Snow) 雪の出てくる絵本と言って
Weblog: 天然ココアの洪水で溺れた
Tracked: 2006-01-22 18:01

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー
Excerpt:  今日2月10日は、読み聞かせの「お当番」の日で、担当したのは、2年生のクラスでした。読んだのはこの本。はたらきもののじょせつしゃ   けいてぃーバージニア・リー・バートン作いしいももこ訳 ..
Weblog: my favorite things
Tracked: 2006-02-13 11:41

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー
Excerpt: 雪のシーズンになったら必ず読む1冊です。うちでは年小さんぐらいから読みました。中学年ぐらいの子が、「これ、好きだよ」と言っていたのをきいたことがあります。もっと上の年齢でも楽しめ、思い出に残る本です。..
Weblog: スランの本棚
Tracked: 2007-02-24 15:09